スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡で「都会の山」を見てきた 

今月初め、長崎に行った帰りに福岡へ寄りました。
そこで、一度は見てみたかったアクロス福岡へ。

アクロス福岡#2
福岡市役所に隣接する天神中央公園から見たアクロス福岡。
「都会に出現した山」と言われています。

アクロス福岡
アクロス福岡は福岡県庁跡地に1995年オープンした公民複合施設で、地上14階建ての南面がすべてステップガーデンになっているおおがかりな屋上緑化で知られます。

アクロス福岡#5
60mにおよぶ高さの屋上庭園は前代未聞で、台風で木は飛ばないかとか、落ち葉が散らからないか、水漏れしないか、などなど。さまざまな危惧や不安や反対にさらされながら完成した際には、植栽が寂しすぎると酷評されたそう。

アクロス福岡#6
それが今や雑木林、まさに都会に現れた里山の風情さえあります。
当初、76種3万7000本植えられた苗木に、鳥の落とし物から育った木々が加わり、10年後には120種が確認されているというから素晴らしい!

アクロス福岡#4
屋上庭園は公開日が限られていましたが、階段を上がっていくと人工の滝があったり、福岡空港を飛び立った飛行機が頭上をかすめるように飛んでいく様子も楽しめます。

アクロス福岡#3 日当たりにはビャクシンなど、日陰にはツバキなどが植えられているのは、アクアソイルという人工地盤。

ビルを建て替えるときには、植物ごと10㎡ずつ掘りあげて移植できるというので、びっくりです。

地元の友人は「バブルのときのプロジェクトだからできたんだ」と自虐的に言うけれど、これほど壮大な屋上緑化が今後どのように変化していくのか。

森は育つものだから、その変化が見られること自体がとても貴重なことだと思われました。

『世界フラワーガーデンショー2016』 @ハウステンボス 

ハウステンボス2016♯3 ハウステンボスで開催された『世界フラワーガーデンショー2016』に行ってきました。
1カ月間の開催期間ぎりぎりに滑り込みセ~フ。お出かけ情報にならなくて、すみません。

ハウステンボス2016#5 どうしても行きたかったのは、オランダの造園家ピート・ウードルフさんがデザインした庭が再現されるというので・・・(*以前のウードルフ関連 →コチラ
ただ、ご本人は来日しないで日本の企業が施工するというあたりに???な感じですが、
以前、取材でお世話になった北海道のナーセリー『大森カントリーガーデン』の植物が使われるというのも見たくて出かけました。

ハウステンボス2016 35年ほど前にレストラン業から転身してナーセリーを営み、サルビアの育種などで成功を重ねたウードルフさんは近年、グラス類を大胆に用いた植栽で注目されています。

ここでもピンクの花穂が美しいムーレンベルギア・カピラリスペニセツムなどのグラスを植栽の核に、背景に、スクリーンのように用いてます。

そこに少しだけユーパトリウムやオミナエシ、ダンギクやワレモコウなどの花が添えられ、自然の野原のような幻想的なシーンを見てとれます。

でも、NYの有名な高架庭園『ハイライン』の造園家と知らなければ、「何これ?」「草ぼうぼうやん」ですよね。

彼の庭は宿根草を用いて手間のかからない“自然風”を目指しながら、実際は「週2回のメンテナンスが必要」と語っているように、手入れが欠かせません。
ここでももちろん手入れはしているけれど、枯れた花に替えてわい性ダリアを植えていたりするのを見ると、こういう庭をどう扱っていいのか困ってしまったのではないかな~

ハウステンボス2016#4 これがウードルフさんの植栽プランです。どんだけ細かいんだ~!と驚かされます。
それにプランでは、ムーレンベルギア・カピラリスではなくて Muhlenbergia lindheimeri になっています。遠隔植栽はいろんな点で本人の思うようにはなっていないかもしれません。

ハウステンボス2016#6 残念だけど、私には結果も含めて興味深いものでした。

さて、審査を競った7つのショーガーデンは、
ハウステンボス2016#8 ハウステンボス2016#7
左)最優秀賞を射止めたタイの女性デザイナー、ワナポン プイ フォーンプラファさんの作品。ブルーサルビアなど3種の青花の水面に、メランポジウムなど3種の黄花を乗せた船が浮いている。たった6種の植物でシンプルなわかりやすい作品。
右)オーストラリアのポール・グラントさんの作品「マンダラ」は、沈床ガーデンに排水処置がされていなくて審査は厳しかったけど、来場者には一番人気があったそう。

私が一番心惹かれたのは、マレーシアのリム・イン・チョングさんの「子宮」という作品。
ハウステンボス2016#9 大きな石を組み上げて竹林を再現した中に、秘密の花園があります。
ハウステンボス2016#10 ハウステンボス2016#11
瓦を縦に埋め込んだ小道を辿っていくと、そこに子宮を模した小さな池があるという凝ったつくり。そのコンセプトは真上からみない限りわからないんですけどね。
ともかく植栽の素晴らしさをご覧ください。
ハウステンボス2016#14 ムーレンベルギア・カピラリスを霞のような背景に見る、ガウラやバーベナ・ボナリエンシス、サルビア似の黄色やオレンジ色の花。←アガスターシェとわかりました!

ハウステンボス2016#13
コレオプシス‘レッドシフト’に白いユーフォルビア、ピンクのセンニチコウなど。

ハウステンボス2016#16 ハウステンボス2016#15
左)庭の内側の石組の下に小さな池があり、白い小花に囲まれている。
右)タケの株元に揺れるススキと、真っ赤なサルビアが秋の寂しさと艶やかさを象徴するようで、沁みました~

今回は長崎の義母のお墓参りにかこつけての電撃訪問でしたけど、この庭を見られたのは幸せだと感じました。

夏の花はまだ咲いているのに・・・ 

女性で初めてエベレストに登頂された登山家の田部井淳子さんが亡くなられました。
私などが僭越ではありますけれど、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

今年3月初めに取材でお目にかかったときは、まだ肌寒い気候でしたのに、春に発売の雑誌のために上着を脱いで撮影に臨んでくださいました。

そのとき、70代後半で大病をされていることなど、まったく感じさせないお元気なご様子、きびきびした動作や気さくなお話しぶりに感じ入ったものです。

徳澤園の夕食 上高地にある徳澤園という宿の食事がとてもよいこと、そこまで歩くと上高地の魅力が満喫できると教えてくださいました。

6月に初めて訪れた上高地が、いかにステキだったかは以前書いたとおりです(→コチラ)。

左が徳澤園の夕食。これに近郊で飼育された牛ステーキなど、おいしかった。
田部井さんの存在そのもの、発信される情報、東北の被災地に心を寄せる活動・・・
どれほど多くの人が励まされてきたかしれません。
どうか安らかにおやすみくださいと祈ります。

花壇2016_10#2 アパートの小さな花壇では、夏の助っ人として登場した銅葉のハイビスカスを台風後に少し切り戻し。同系色のコルジリネとチョコレート色のコンビネーションはまだ健在です。

花壇2016_10#3ニコチアナ・シルベストリスも1/3ほど切り戻した位置で、またこんなに咲きだしました!

花壇2016_10 アサガオ‘団十郎’も咲き続け、「もう10月も下旬なのに~」と不思議な感覚。

街の歩道沿いにある植え升には、もう小さな苗のビオラなどが植えられているのにね~

いやいや、今夜あたりは空気もぐっと冷えてきて、季節はやはり確実に進んでいるのでしょう。

ボンヤリしているのは私だけ・・・

iphoneでマクロレンズを遊んでみる 

草花を育てていると、きれいに咲いた花を写真に撮りたくなりますね。
うまく撮れれば園芸の励みになったり、記録として翌年の栽培ガイドラインにもなります。

お台場2016 なかでも、アップの写真はインパクトがあって、小さな昆虫まではっきり見えると楽しい~♪ でも、私のカメラ(レンズ)は最短撮影距離が25㎝なので、これ以上近づいて撮ることはできません。

もっと近づいて撮れるマクロレンズが欲しいな~と思ってましたら、iphoneに装着できるマクロ+広角+魚眼レンズの3点セットがあると知って、買ってみました。

まずは魚眼レンズ!
iphoneレンズ 幅160㎝の出窓前に立って撮った画像です。
丸く歪むけれど、出窓の両端まで入ります。面白いですね。

続いて広角レンズ
iphoneレンズ#6 iphoneレンズ#5
左)ふつうにiphoneで撮影、右)同じ位置から広角レンズで撮影。
広角レンズを使うと、撮影できる画角がぐっと広がっているのがわかりますか?
集合写真を撮るときに、「両端の人はもう少し中に入って」と言わなくても大丈夫です。

そして、お楽しみのマクロレンズ!!
iphoneレンズ♯2
iphoneレンズ#3
フウセンカズラのタネにあるハートマークがちゃんと撮れるし、下に敷いている生地(魚眼レンズの画像で、コンテナ下にあるマット)の織り目もわかります。フィカス・プミラの葉に生えている毛まで見えますね! うひゃひゃ~ 初めて見た!

iphoneレンズ#4 マクロと広角レンズはねじ式で1つになっていて、小さな巾着袋で持ち歩けます。
スマホ用接写レンズなどと呼ばれて、価格帯もさまざま。
これは1000円くらいで、これからずいぶん楽しめそうです♪
(ピントはロゴに合わせましょう・・・(恥 )

噂の都庁にのぼって見た景色 

これは昨今噂の東京都庁! 都議会議事堂は左側にあって、第一本庁舎と結ぶ中空の渡り廊下にオリンピックのエンブレムが掲げられています。 都庁2016
圧倒されるほど巨大ですね~ 高さ243mあるそうで、ふたつの塔にはそれぞれ45階に展望台があるので、パスポート更新のついでに昇ってみました。

都庁2016♯6 のぼってみたのは確か北の塔で、隣に南塔があって渋谷方面は見えません。

高層ビル群が都庁の北西にあるので、池袋方面もほとんど見えなかったけど、世田谷や杉並や練馬区方面はよく見えました。

これからの季節は富士山も見えるでしょう。

1階から直行のエレベーターに同乗したのは、全員インバウンドの方(最近は外国人観光客をそう呼ぶらしい)。人気です!

そういえば、これだけの眺望を“無料で”見られる場所はなかなかないのでは?
都庁2016#5 上の画像は(小さくて見えませんが)中央奥に東京タワーがあり、その右に六本木ヒルズという都心方面。右に1カ所、左奥に2カ所の大きな緑地がわかりますか?

右が明治神宮~代々木公園、左の手前が新宿御苑、奥が(新国立競技場ができる)神宮外苑~迎賓館です。都心にも意外に緑があるな~と感じます。

都庁2016#3 こちらは新宿駅方面。コクーンビルという繭のような形のビルの先が駅です。
日ごろ見慣れた街も違った表情を見せます。

都庁2016#2 西日を浴びる街には我が家をふくめて無数のビルや家があって、思わず「いっぱい家があるね~」と声に出したら、そばにいらした高齢のご婦人が「それぞれに人の営みがあるんだから、この高い所で働いている人たちにはもっとよく考えてもらわないとね」とおっしゃったのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。