スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心震える歴史の島、壱岐と対馬へ 

長崎県観光協会が東京と大阪のメディアを募ったプレスツアーで、長崎県の壱岐と対馬へ行ってきました。

壱岐 左京鼻 ふたつの島は九州の左肩に、朝鮮半島への飛び石みたいに並んでいます。

古くから大陸・半島と日本を結ぶ重要なポジションだったふたつの島は、今春「国境の島、壱岐対馬~古代からの架け橋」として、日本遺産に登録されました。

今では福岡から壱岐、壱岐から対馬、対馬の北端から韓国の釜山まで、それぞれ高速船で1時間ほどのアクセス。

そのため韓国から対馬へは、年間20万人ものツーリストが訪れるようになったそう!

島の人たちの郷土意識も大きく変わりつつあるそうです。
壱岐はなだらかな小さな島で、美しいビーチがいくつもあります(上の写真は左京鼻)。梅雨空でなかったら、エメラルドグリーンの海をお見せできたのに、残念・・・

険しい山が連なる対馬は南北70㎞ほどの大きな島で、それゆえに残る豊かな自然が韓国人ツーリストのお目当て。幅広い年齢層がトレッキングやシーカヤックなどで、大自然を満喫しているそうです。

万松院万松院♯3
万松院♯2 我らのツアーは歴史が中心で、対馬を長く治めた宗家の菩提寺「万松院」などを巡りました。

代々の藩主のお墓へ参る132段の石段(右上)は灯篭の並ぶ見事なもので、対馬藩がどれほど特別な存在だったのか偲ばれます。

あたりはスギやクスノキの巨木が茂り(右)、ショウノウ由来の香りとフィトンチッドが立ち込めて、緑に染まるような森林浴になりました。

そして、夜には石段下にかかる橋(上)でゲンジボタルの乱舞が見られ、息を呑んだものです。壱岐対馬のホタルは「凄い」と聞いていたにもかかわらず、地元の方は「あんなもの~」という反応だったのを、お願いして連れて行っていただきました。

姫神砲台#2姫神砲台
はかなげに飛ぶホタルを見ていると、国境の島の過酷な歴史が改めて思われたものです。
対馬には明治20年~昭和20年に30カ所以上の砲台が建設されています(右上写真は日露戦争当時に建設された姫神山砲台、左上はその近くに咲いていたトラノオ)。

バラを愛する人たちの想いに触れる『薔薇の便利帳』 

ちょうど1年前、制作会社レジアの石倉ヒロユキさんから、「バラの本を一緒に作りませんか」というお誘いをいただきました。バラについては、私などよりずっと詳しいライターさんがいるのでご紹介しようかと思ったら、「いやいや、栽培の本を作るのではないから」とのこと! では、どんな本を作ろうというのでしょう??? 好奇心がむっくり起き上がります(笑

バラの便利帳薔薇の便利帳』は今週18日に主婦の友社から発売されます(本体1600円)。

つるバラの第一人者として知られた故・村田晴夫さんの八ヶ岳農場を引き継いだ『姫野ばら園』姫野由紀さんにご紹介いただいたオールドローズや原種の数々、埼玉のナーセリー『実野里』が早くから注目したデビッド・オースチン作出のイングリッシュローズ。

近年、人気急上昇中のメイアンデルバールギヨードリュなどのフレンチローズに、育てやすいと評判のコルデスタンタウなどのドイツのバラ。

そして、日本の老舗育種会社・京成バラ園芸の名花から、若手育種家として注目される河合伸志さんの作出品種まで。
800を超える品種の紹介を中心にしながらも、バラを得意とされるカメラマン今井秀治さんや、このブログでもたびたび紹介させていただいている埼玉県毛呂山町の『グリーンローズガーデン』の斉藤よし江さん、ガーデナーの宇田川佳子さんなどの、バラに寄せる思いや向き合い方を記した読み物が、これまでのバラ図鑑とはひとあじ違うところでしょうか。

河合伸志さんにはバラの育種について1から教えていただき、日本ばら会の富𠮷紀夫さんにはウィーピングスタンダード仕立てについて懇切丁寧にお話しいただいたものです。
こうしたバラを愛する方たちの熱い思いがいくらかでも、読者のみなさんに伝わるといいな~と思います。(←素朴すぎ恥

声をかけてくださったレジアの石倉さんは、これまでも野菜や魚や調味料などの「便利帳」をいくつも作ってらした方です。今回もバラを栽培するだけにとどまらず、バラを愛するすべての方に向けて、その魅力を共感できる本作りを目指しています。

私にとっても、この本作りはとても新鮮な経験でした。
本屋さんで見かけたら、手に取ってご覧いただけると嬉しいです。

キヨミさんのすき間で野菜育て@園芸ガイド 

私が企画・編集させていただいた書籍『忙しくても続けられる キヨミさんの庭づくりの小さなアイデア』(農文協)は、人気ブロガーのキヨミさんによるガーデニングアイデア50超をまとめたもの。園芸書籍が売れないなか、1年でなんとか4回の増刷ができてホッとしています。

その後も進化し続けるキヨミさんの庭を、今度は先週発行の『園芸ガイド』春号でご紹介!

キヨミさん野菜
ミニトマトバジルナスタチウムの花壇。画像はすべて2013年6月、キヨミさん撮影)

イングリッシュガーデンに憧れて、働きながら庭づくりを始めたキヨミさん。手間をかけないガーデニングを実践する中で、野菜育ての楽しさに魅了されます。

だけど、野菜の多くは毎年同じ場所で栽培されるのを嫌います(連作障害)。大好きな草花を抜いて菜園を作るつもりもなく、考えついたのが「すき間」栽培です。

敷石をちょっとずらし、芝生を少し剥いで、コンテナもこんな使い方があったのだ! という
庭のすき間で夏野菜をおしゃれに育てるアイデアがいろいろ~
野菜以外にも応用できて、いつもながらキヨミさんの発想の豊かさと実行力に脱帽です。

キヨミさん野菜とモカちゃん
ミニトマトが大好物の愛犬モカちゃんも、ページナビゲーターを務めてくれました。

犬はトマトなど、ナス科の野菜を食べさせてはいけないという説もあるので、毎日少しだけという決まりを守って、けっして勝手には食べないそうです。偉いぞ! モカちゃん。

校閲さんの力をご存知ですか? 

アッパー50の女性誌『ゆうゆう』3月号で、英国園芸研究家・吉谷桂子さんによる室内で楽しむ植物の記事を担当しています。ただいま校正の作業中なのですが、校正のプロである校閲者さんから、思いがけない質問がありました。

多肉植物の室内栽培について、「過湿に気をつけたい」という記事の内容に、「これは空中湿度のことですか?」との疑問です。「多肉で過湿といえば、鉢土のこと」という”園芸の常識”が通じなくて驚きました。
いえいえ、”園芸の常識”に囚われている自分自身に驚いたわけです。

ビオラ2015 プクンとしたユニークな姿形の多肉植物は、茎葉に水分を蓄えています。

それは生まれ育った砂漠などの乾燥を生き抜くためで、逆にジメジメした過湿地には弱い性質です。

園芸愛好家にとって、多肉植物がそういうものというのは当たり前。でも、日ごろ植物を育ててない方にとっては通用しない”常識”です。

『園芸ガイド』の読者にとってはわかりきったことでも、『ゆうゆう』読者にはもっとていねいに説明すべき!

たとえば、観葉植物なら空中の乾燥が問題になるように、多肉植物には「『土の』過湿に気をつけたい」と書く必要を、校閲者さんは気づかせてくれたのです。

校閲というプロフェッショナルな仕事によって、私は何度も助けられ学んできましたし、雑誌や書籍は間違いなく、誰にもわかりやすいものに仕上がります。

そういう縁の下の力持ちの存在を、みなさんにも知っていただきたくて・・・

画像はわが家のベランダで咲いているビオラ。このシーズンは渋い色調のフリンジ系にして、ブロンズのコルジリネリシマキア’ミッドナイトサン’を寄せ植えしました。
パープルからブロンズへの一体感が気に入っております!

しっかし、これがビオラ’ビオーレ’だったか小輪系フリンジパンジー’パーティーガール’だったか、どうも定かでありません(汗

ビオラ2015♯2

師走の撮影 第3弾も@吉谷桂子さんのお宅 

師走に、これほどお天気が荒れ模様な日本列島も珍しいのではないでしょうか?
お正月前にこんなに雪が降ってしまっては、雪国の方たちはほんとに大変です。

こちらも先週『園芸ガイド』の撮影が雨で延期になりました。
園芸の撮影では、雨天のための「雨予備」(日)を設定しておくものですが、例年ならこの時期に雨の心配はまずないので、担当編集者は吉谷先生・カメラマン(&アシスタント)・ライター(=シンゲル)の都合を再度合わせるのに大慌てでした。

ラッキーにも予定日の翌日に撮影となったものの、この日は東京も最低気温が零下になるほどの冷え込み。
夏の撮影では帽子に日焼け止め、虫除けなどが必携アイテムですが、冬はタイツに厚いソックスなどの防寒がマストです。この日は、編集者の「ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットをコートの下に着る」技が絶賛されました(笑   なにしろ鼻の頭が真っ赤です。

冬の撮影では寒さにくわえて、日脚の短さも厳しい条件になります。
午後3時になると、太陽が傾いて光線はオレンジ色を帯びるので、それまでに撮影を終えようと急ぎます。この日は編集者がアンパンを用意してくれたので、途中で一度みんなで頬張り温かいお茶を飲んで、2時半まで一気に撮影しました。
これは来年冬号のための撮影です。なので、内容はヒミツ~

遅い昼食を食べてカメラマンさん方は帰り、その後は年明けに入稿する春号の追加取材をしました。でも、もう頭がぼんやりしてしまって、先生から励まされながらお話を聞く始末(汗
こちらは来春発売される新品種がいろいろ登場するペチュニアブックで、華やかです!

こうして年内最後の撮影取材が終わり、とっぷり暮れた外に出ると木枯らしがピューと吹いて震え上がりましたよ。夕飯は紀文のレトルトおでんに、ししゃもを焼いてゴボウのサラダで、「どうだ~!」って感じです(笑 

下は一昨年5月に吉谷さん宅の屋上で撮った画像です。
吉谷さん宅屋上2012
スモークツリーが煙ってオルレアが満開です。こんな季節が待ち遠しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。