スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願だった上高地 くどいけど3回目(汗 

前回のアップは気持ちの余裕なく、尻切れトンボな感じだったので、くどいけど3回目! 
「そんなに行きたかったんだね~」「写真もいっぱい撮っちゃったんだよ」って、笑ってやってください。

上高地2016#23 上高地2016#21 コケとシダ・・・・・・・・・ 大好きな世界に、うっとりしまくっていました。

上高地2016#25 梓川はエメラルドグリーンの本流もきれいだけど、細い支流でゆらめく川藻が美しい。
上高地2016#28
2日目は焼岳の噴火でできた大正池へ。立ち枯れた木々が印象的です。
上高地2016#30
2日目は20㎞を歩きましたけど、意外に疲れなかったのが驚きでした。
やはり山の空気と緑がエネルギーを、花たちがエールをおくってくれたかも。

上高地2016#29 オオバミゾホオヅキ

上高地2016#27 ゴゼンタチバナ

上高地2016#22 クルマバツクバネソウ

上高地2016#24 マイヅルソウ

上高地2016#33 キスゲでしょうか?

上高地2016#31 ノビネチドリ

今回は、私と同じように野草の写真撮影好きな友人と一緒だったので、思う存分に撮影できました。植物名も教えてもらって、ありがたや~ 初めてのトレッキングを楽しみました。
最後に戻ってきた河童橋からの絶景。2日間で一番雲が取れた瞬間です!

上高地2016#32
長々、ご覧いただいてありがとうございました。

念願の上高地、山野草を撮りまくった2日目 

上高地の行程は
 1日目:バスターミナル~河童橋~明神池~徳沢
 2日目:徳沢~河童橋~大正池~河童橋~バスターミナル

こんな感じの林間をおもに歩きました。肺の中まで緑に染まりそうです。右手に梓川の支流、カラマツ林の先を行くのは友人のAちゃんです。
上高地2016#12
フキやクサソテツの下草に混じって咲く、小さな山野草をみつけるのを楽しみに歩きます。
上高地2016#13上高地2016#14
左)キツネノボタン 右)ミヤマカラマツかカラマツソウ。薄暗い林間に群生して浮かび上がります。(クリックすると大きな画像で見られます)

上高地2016#16上高地2016#15
左)クマザササの中に咲くショウキラン 右)ヤマオダマキ

上高地2016#17上高地2016#18
左)ラショウモンカズラかな? 右)ベニバナイチヤクソウ

山野草に詳しいAちゃんに花名を教えてもらい、帰宅後は植物写真家のいがりまさしさんの「野草のおぼえ方」や上高地ビジターセンターの植物図鑑サイトと首っ引き(汗

今週は仕事の締め切りが迫っているので、とりあえずここまでで失礼します!

念願の上高地、緑に染まる1日目 

上高地2016 上高地に行きたい!と、トレッキングシューズを買ったのが確か4年前。昨年は申し込んだバスツアーを二度もキャンセルするありさまに、「ご縁がないのか~」と諦めかけておりました。

ところが、今春に雑誌「ゆうゆう」の取材でお目にかかった登山家の田部井淳子さんから、上高地のすてきな宿を教えていただいて、これは行くっきゃないと思ったものです(笑

4年前、トレッキングシューズを買うときにアドバイスしてくれた友人のAちゃんが気長~に待ってくれたのに大感謝しながら、初めてのトレッキングでした!

土砂降りのバスタ新宿を出発して5時間、マイカーでは入れない上高地のバスターミナルに到着。
上の画像は2日目にやっと青空が見えた河童橋。大人気スポットです。
1日目はレインウェアを着て橋を渡り、梓川右岸を上流に向かって歩きました。

上高地2016#2 雲は低かったものの歩きだすとすぐに、レンゲツツジ?の朱赤が水辺に映え、幻想的な風景が目の前に。もう大コーフンでございます。

上高地2016#3上高地2016#4
雨に濡れた木道は滑りやすいので、そろそろ歩いて、花があるたびに撮影しているので、なかなか進みません。河童橋から1時間半ほどで、明神池に到着。

上高地2016#5 まるでアニメ「もののけ姫」のシシ神様登場シーンそのものでは~
ここは穂高神社の奥宮にあたる神域で(拝観料が必要)、上高地は神様が舞い降りた地(神降地)とされる神秘的な雰囲気です。
池からの風が体を吹き抜け、神々しいお出迎えを受けたように感じました。
上高地2016#7 明神池は明神岳の噴火によってせきとめられた池。下流の大正池なども同様に、たった一晩で水没した林の立ち枯れたようすが、上高地を印象づける景観になっています。
池に浮かぶ小島をシシ神様のように渡りたい♪と思ったものです。

上高地2016#8 明神池からは左岸を歩き、ときどき息をゼイゼイさせながら1時間半で徳沢に到着。
ここで迎えてくれたのは、ツマトリソウの可憐な花(写真上)とサルたち!
そばまで近づいてきますが、エサを与えていないので、いたずらはしないそう。

上高地2016#10上高地2016#11
そして、田部井さんに教えていただいた宿「徳澤園」。

上高地2016#9 井上靖の小説「氷壁」に登場する宿として有名ですが、お食事が素晴らしく、お部屋もお風呂も快適! 心地よいホスピタリティにくつろいだことでした。
画像がどっさりあるので、もう1日分続きます。悪しからず~

2月の小石川後楽園 ~ 多肉、野菜、果物の切手 

気温がググッと上がって、春本番はもうすぐですね。
その前にちょっと季節を遡って、2月に目にした不思議な光景を紹介させてください。

歌舞伎町のゴジラ 後楽園のカモメ
左)歌舞伎町に現れたゴジラ。 右)東京ドーム近くの神田川にいた鳥
あまりに有名なゴジラ君より気になったのが、右側の鳥です! カモメではないでしょうか?
水道橋駅から東京ドームに向かって渡る外堀(神田川)上空で、群れ飛んでいました。沿岸部からだいぶ入った所にもやって来るのかな~

後楽園2016_02 その東京ドームがかつて後楽園球場と呼ばれていたのは、隣接して小石川後楽園があるからです。水戸藩初代藩主が作庭させ、黄門様こと2代目の光圀が改修・命名した大名庭園。

ちょっと見にくいですが、正面奥に東京ドーム、右に東京ドームホテル、左に文京区役所(文京シビックセンター)がそびえていて、なんともシュールな光景です(笑

東京に住んでいても訪れたことがなかったので、ウメを見に行ってみましたが、2月初旬は少し早すぎました。この枝垂れザクラを見にまた行きたいです。

それにしても、枝垂れザクラの枝ぶりは日本画の端正さを思わせる美しさ。冬枯れの庭にも必ず見るべき印象的な景色がありますね。

2016-01-29 171456s この切手シートは、冬ごもりの園芸愛好家を喜ばせたものです。
多肉植物の切手とはなんて珍しいでしょう! 果物と野菜のシリーズ第4弾は配色がとくにきれいです。

近頃は手紙もめったに書きませんが、たとえ請求書を出すのでも楽しい図柄の切手を添えたいと、郵便局では切手シートをチェックします。花の図案はビミョ~なものも多いけれど、多肉とか野菜や果物のほうがいっそデザインとして遊べるのかもしれません。

使用頻度の高い82円切手でも、ぜひこのようなテイストを! お願いします!!

東日本大震災から5年・・・忘れない・・・ 

東日本大震災から5年が過ぎました。
TVや新聞などで伝えられる被災地の現状。進まない復興が被災された方たちをさらに苦しめているのを知ると、いたたまれない気持ちです。

何もできないけど目をそらさずに、5年前のあの日何が起こったのか、その後どんなことが起きているのか、しっかり見て記憶にとどめようと思います。

同じことはいつ目の前に起こるかしれません。
今日11時に杉並区は、自主参加型一斉防災訓練「シェイクアウト訓練」を行いました。
区民がそれぞれの居場所で自分の身を守る訓練です。

被災された方たちを励ますことも慰める言葉も見つからないので、せめてあの災害を他人事でなく自分に引き寄せて暮らしていきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。