スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ#1:アムステルダム シンゲル花市場の盆栽 

お陰さまで、このブログも1年続けることができました。
訪問してくださった皆さんに感謝を込めて、シンゲルというヘンな名前の由来もやっとご紹介できます(^^)v

11年前に初めてオランダへ行きました。
オランダは「花の王国」と呼ばれるほど、花卉生産が盛んです。春には色別のラインに植えられたチューリップ畑が、北海沿岸に広がります。

シンゲル花市場
で、これがアムステルダム旧市街にある『シンゲルの花市場(Flower Market Singel)』。

左上に水面が写っているように、シンゲル運河に浮かぶいくつもの船(フロートというらしい)が全部、花屋さんだったり園芸店! 園芸愛好家には夢のような場所です。

シンゲル花市場#2フロートごとにタネや球根屋さんとか、鉢花や観葉植物などの専門店、園芸雑貨店などにわかれています。

日本の庭でも大流行した小人君が写っているのが、時代を感じさせますなぁ~(画像はクリックすると大きくなります)。
デジカメ以前のポジフィルムをスキャンしたので、曲がっているし・・・
ともかく、私が大興奮したのは言うまでもありません(笑)
200mほどの区画を行ったり来たり・・・。
当時、珍しかった黒いチューリップ’クイーン・オブ・ナイト’の球根が、3月なのに山のように積まれていたのが不思議でした。

そして、一番驚いたのが・・・

シンゲル花市場#3
盆栽専門店まであったことです!
この後、オーストラリアの園芸センターでも盆栽コーナーを見かけたので、西洋では盆栽が園芸の1ジャンルとして、(もしかしたら日本より身近に)親しまれているのかも・・・
今年はそのあたりを探ってみたいな~とも思っています。

オランダには縁あって、この後も何度かお仕事やプライベートで行きました。
「イギリスと違って、生産国オランダの園芸に見るべきものは少ない」とおっしゃる方もいらっしゃいますけれど、私は大好き(^^)
惚れ込んだわけは園芸だけではありませんが、また折々にご紹介いたします。
スポンサーサイト

コメント

お!お目見え^^
シンゲルの花市場!?
お名前はここから来たんだろうか・・・。

ウチのチューリップ、未だに音沙汰なし(--;;

achamiさんへ

ポジフィルムのスキャンではお世話になりました。
ちょいと雑なスキャンもあって反省してますが、
なにせ100枚以上もあったので(^^ゞ

そうそう、このブログの名前は「シンゲル花市場
(運河の名ですが)」からお借りしました。
またいつか行きたいという願いを込めて…

チューリップはコンテナだと、ホント難しいですね。

そうだったんですね。いつか名前の由来を聞こうと思っていました。
オランダはアムステルダムしか行ったことないのですが、私も大好きです。
ずーっとドイツに滞在していて、オランダに入ったらものすごくリラックスした覚えがあります。

うちのチューリップもまだ芽を出しません。
次の新月あたりでしょうか…

makiさんへ

ドイツの方には申し訳ないんですけれど、「ドイツからオランダへ入るとホッとする」という日本人の体験談を、新聞と雑誌で2度読んだことがあります。確か作家と研究者…
そして、私もまたmakiさんと同じように感じました。
なぜだろう?と考えて、私は視線が理由だと思ったものです。

オランダ人は話の輪に外国人が加わると、いきなり英語に切り替えて話してくれるとも、聞いたことがあります。
貿易だけで食べてきた小さな国なので、排他的なところがないのでは?
 
チューリップは水切れに凄く弱いので、鉢植えでは原種系しか咲かせられない私です(涙)

なるほど!

お名前は花市場からだったんですね!
実はずっと気になっていたんです(^^)
花屋が運河に浮かんでいるなんて情緒があります。
そして盆栽まであるなんて!
洋風のガーデンも素敵ですが、最近、和のもの、盆栽にも魅かれてしまいます。
年齢でしょうか(^^;)


charuさんへ

和のもの、気になりますねぇ。
やっぱ年齢ですかぁ~ トホ。
でも、実際に日本原産の植物は育てやすいし、
なんか目と心にやさしい気がします。

英国庭園などに憧れて夢中になったガーデニングの
ステップを1つ上がって、自分の足元(日本の植物や園芸文化)が
気になってきたとも感じます。

な~んて思うのは、自分にやさしすぎるかしら??

名前の由来~

シンゲルさん~

私も少しさかのぼったところにコメント残すのお許しくださいね。
でも、ここでは、ブログのお名前の由来もわかったしよくお仕事で海外も行かれる国際的な方だともわかりました。
海外では、日本的なものも興味をもたれることが多いですが、盆栽が売られているのにも驚きです。
私も英国のガーデンには、とてもあこがれますがそれを、自分のお庭でするにはあまりにもかけ離れすぎているので諦めましたよ。。。
いつかは、ヨーロッパのガーデンめぐりしたいです。

こちらのほうこそよろしくお願いいたします。

smoketreeさんへ

smoketreeさんのブログへのコメントが途中で切れてしまって、訂正の仕方もわからず(汗)、失礼しました<(_ _)>

山のお庭でもステキなガーデニングをなさってるsmoketreeさんとは、比べようもないベランダガーデナーですが、ネット上のオープンガーデンでおつき合いいただけたら、嬉しいです。
よろしくお願い申し上げます。

ドドネアでヒットしたのも、同じオーストラリア原産の植物、smoketreeさんのお名前の由来を考えたら、必然だったのかもしれませんね(^^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/82-d7975a0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。