スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ボビー』 

珍しく立て続けの更新です(^^)v 新しいカテゴリーも作って、いたいけな(?)前向き姿勢!

ボビー』とはアメリカ合衆国大統領JFKの弟、ロバート・F・ケネディのことです。
1968年6月5日、ロサンゼルスのアンバサダーホテルで暗殺された「アメリカの希望の星」。

何度も映画化されたJFKの暗殺に対して、ボビーを題材にした作品は『13デイズ』くらいで、しかも今なお「彼が生きていたら9・11は起こらなかったのでは・・・」と言われる人物について、あるいはその最期について知りたいと思っていました。

さすがエミリオ・エステベス監督は、9・11の直前にシナリオを書いていたといいます。
しかも、ボビーの人物像に直球で迫るのではなく、暗殺現場となったホテルの1日を描くという、まさにグランドホテル・スタイルの凝った物語。

その晩の野球観戦をフイにするメキシコ系のウェイター、ベトナム従軍を回避するため結婚式を挙げるカップル、チェコからやってきた新聞記者・・・
複雑な設定の登場人物の多さに、ついていくのが大変だけど・・・、映画好きにはたまらない凄い俳優のオンパレード!! 

それだけでも観る価値大なのだけれど、彼らが演じる日常の小さな1コマ1コマが、大統領候補暗殺という大事件の背景にあったアメリカの気分、社会状況をリアルに浮かび上がらせます。
こういうことができるのが映画の凄さだなあ~と、思ったことでした。


スポンサーサイト

コメント

映画や音楽の記事…いいですね。
『ボビー』とても観てみたいと思いました!
シンゲルさんは、社会派の映画が好きなのですか?
これからも、いろいろご紹介くださいね。

makiさんへ

ありがとうございます。
好きなことを何でも書いていこうと開き直った次第です(^^ゞ
たまたま2週末、社会派が続きましたが、今週末は『プラダを着た悪魔』の予定! 

ただ、日ごろ不勉強なので、プラハの春ってこういうことだったのか(存在の耐えられない軽さ)とか、東ドイツの監視社会の実相(善き人のためのソナタ)とか、映画で教えてもらうことって大きいです。

『プラダを着た悪魔』は、私も最近観ました。感想、楽しみです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/62-823dc8ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。