スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アークガーデンのリーフに見惚れる 

先日ご紹介した赤坂の『アークガーデン』(記事はコチラ)で、秋のオープンガーデンが開かれました。
アーク:メインガーデン
居心地のよいベンチがあって、お気に入りのメインガーデン。
ツツジの植え込みが減って明るくなったけど、小雨に濡れた風情や夕方のたたずまいもすてきです。
都会の隠れ庭といった趣きで、住居棟の車寄せスペース屋上にあります。

アーク:ルーフガーデン上段 こちらは普段非公開のサントリーホール屋上のルーフガーデン。
8つの花壇がホット・クール・ホワイトの色調でコーディネートされています。

画像はホットカラーのパートです。草丈のあるタカノハススキをバックに、ハゲイトウやキク、ユーフォルビアコリウスなど、赤やクリーム色の温かな色使い。
チラチラ見えるダリア?やカラミンサ、ゴシキトウガラシやフユサンゴも可愛らしい!

訪れる季節によって、まるで異なる表情を見せるアークガーデンですが、今回見惚れてしまったのは「リーフ(葉もの)」の美しさ!

ハゲイトウの艶やかな色合いと、まったりしたコリウスをつなぐ、ユーフォールビアの絶妙な色と形。
クリーム色の共通点をもちながら、葉の形で変化をつけたハーモニーの前には、ダリアなどの花も脇役にまわります。

花よりも葉のほうが面積は大きいので、カラーコーディネートの強力な助っ人なのだと改めて感じました。
じつは携帯の画像なので、細長くてすみませんが・・・
アーク:メインガーデン黄色アーク:メインガーデン赤

ダリアを使った黄色~ライム系と、インパチエンスを使った赤色~ピンク系のコーディネート。どちらもカラジウムコリウスの葉色が生かされています。

アーク:メインガーデン渋色

リーフだけでも、なんてみずみずしくて、すてきなんでしょ。
熱帯の観葉植物を使うことで、今夏のような厳しい暑さにもローメンテナンスの美しい庭が維持できる。専任ガーデナーである園芸家・杉井明美さんのメッセージが聞こえてくるようです。

今回はブログのリンクを張らしていただいているmakiさんが、お母様と一緒にオープンガーデンを訪れてくださって、いつもながらの感度と行動力に拍手★
私はといえば、これらの庭がどんな人たちによってどんなふうに作られているか、ご紹介しようと思いつつ、またまた「すてき」連発で・・・トホホ。
アークガーデン物語は次回に続きます(^^ゞ
スポンサーサイト

コメント

いや~、本当に素晴しかったです。リーフだけで、あんなに表情が出せるんですね。帰ってから、うちのベランダを観て愕然としましたよ~(←比べるなっ !)
いまの季節、リーフがメインという意味では同じはずなのに、なぜこうも違うのか…
今度お会いする時に、ぜひアークガーデンのお話をお聞かせくださいね。

makiさんへ

お母様とオープンガーデンを楽しんでいただけたようで、よかったです。
makiさんのベランダもリーフがメインなんですね。緑がちの庭は大好き!
杉井さんがよくおっしゃるのは「緑の中の微妙な色の違いや形の違い、質感の違いをよーく観察して組み合わせることが大事」とか。
緑ひとつでも奥が深いですよね。う~ん、むずかしい^^;

おお~っ! 携帯の画像でこんなに美しいのだから、
ホンモノはさぞ素晴らしいものだと解ります☆
この前サントリーホール(屋上)のリンゴの話を読んだとき、
あそこにそんな素敵な庭があるんだぁ!興味津々☆と、驚きましたが、
今回の話で益々見てみたい想いが強くなったので、
今度天気が良い休みの日でも行ってみますダ♪
ウチの生徒さんにも、プチガーデニングしている人がいるから、
今日のレッスン時に話しておきますね☆

因みに我が家のベランダは陽当たり良いのに洗濯物だけ…汗 
取り敢えず出窓にシケタ観葉植物と多肉植物の寄植えがありますけど、
今朝アオムシ(モドキ?)がムシャムシャ多肉を喰ってました…爆
花相手に仕事しているのに管理が悪い情けないアタクシでガッカリ…トホホ

inaさんへ

は~い、メインガーデンとかは、いつでも見られますから…
オープンガーデン当日は小雨がぱらついたのに、たくさんの方がいらしてました。
inaさんのアレンジメントの生徒さんは若い方が多いのですか?

おうちでは出窓でチョウチョを育成中なんですね(^^)v
割り箸ですくって、多肉の葉っぱと一緒にペットボトルに入れ、makiさんの息子さんにあげたいくらい(笑)
でも、やっぱりinaさんは土より花が似合うよーな気がします。
例えばオーニソガラム!


シンゲルさん、スルドイッ!! オーニソガラム好きですよ♪
そろそろ出回る季節ですよね☆

ウチの生徒さんは年配の方が多いですけど、30代の方もいますデス
(年配の人の方がアレンジ完成させるのが早いです…何故だ??)。

アオムシがいたのは(それも多肉に)室内なのにど~していたのか不思議でしたが、
割り箸でそぉ~っと取って、べランダ下の公園(モドキ)へ帰しておきやした。
今度はmakiちゃんの息子のために、ペットボトルに入れ取っておきます♪ 笑

inaさんはやっぱり白のオーニソですよ☆

歳を重ねるごとに仕事も決断も遅くなる私なのに、inaさんの生徒さんはどーして???

アオムシ君もホント不思議ですね。
買ったばかりの寄せ植えなら、卵がついていた可能性もあるけど???

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/56-82534f37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。