スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから高円寺はやめられない#3 

この週末は『Holy Garden』という音の庭へ出かけました。
ソロで活動するshimさんが、お気に入りのアーティストをテーマごとに集めるシリーズライブの第1弾! 今回はロマンティシズムをテーマに、4組のアーティストが高円寺のペンギンハウスに集いました。

せつなすぎる歌声と対照的に激情をほとばしらせる楽曲で、聴く者の無意識レベルにリフレインを刻みつけるshimさんのステージで始まったライブ。転換はDJ YUKARHYTHMのサウンドでつなぎながら、HIROCINEMA、INSTALLINGの演奏で3時間があっという間に過ぎました。

音響彫刻家tamaruさん率いるINSTALLINGは、ギターとベースから生じる”音”を複雑に重ねていくドローンサウンドというもので、園芸愛好家にはチト難しすぎましたが(笑)、PC画面を凝視するパフォーマンス?を初めて見てビックリ! いろんな音楽があるものです。

のっけから「これは時代劇ウエスタン?」と思わせたHIROCINEMAは、shimさんの解説によればシネマライラズド・ロックを提唱しているのだとか。その高揚感・飛翔感が素晴らしく、「もっと高くまで連れてって!」と願ったほどです。

コマーシャルベースとは離れているかもしれないけれど、だからこそのインパクトとオリジナリティー溢れる音を浴びて、脳天ががジンジンしました。
早めの夕飯をすませ、ちょいと歩いて、こんな夜を迎えられる。だから、高円寺はやめられませーん(^^)v
スポンサーサイト

コメント

久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
ありがとうございました。シンゲルさんは、ライブレビューもいけますね!
それぞれアーティストを的確に表現されていて、驚きました。

徒歩で十数分の距離にあの界隈があるとは…羨ましいです。高円寺に初めて足を踏み入れたのはもう四半世紀近くも前ですが、基本的に変わっていないので、いつも安心します。
今度は、ぜひお食事でも!

makiさんへ

先日はshimさんへのメアドご紹介、ありがとうございました。
お陰さまで久しぶりにお目にかかれ、刺激的な夜を過ごせました。

ライブレビューは、正直に言って「勇気を振り絞って」書きました(^^ゞ
コメントいただいて嬉しいです。
makiさんのメールにあった「ブログに書いて考えをまとめる」手法を、私も実践したいと思って…

高円寺は確かにスゴ~ク変わったようで変わらない。本質がね!
サブカルを愛する貧しい若者を受け入れる街です。
そこに居ついて貧しいオバサンになってしまうと、ちょっと困りものですが(>_<)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/52-f331e77d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。