スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな冬越しのスタイル 

今年も残すところ20日。押し詰まってきました。
庭やベランダの冬越し、春迎えの準備は万端でしょうか?

フロントガーデン201612#2
もともと春に咲く花だったビオラは品種改良が進み、今では晩秋から春まで、厳冬期もかわいい花を咲かせて、彩りの乏しい季節のアイドル的存在です。品種の数も多いから、AKB48みたいにお気に入りが必ずみつかりますね。

ビオラにも、夏の暑さを乗り越えて翌年も咲くタイプがありますけど、たいがいは半年間で消えていく一年草。その分いっぱい咲いてくれます。

フロントガーデン201612 こちらは同じ一年草でも、秋にタネを花壇に直まきして発芽したばかりのセリンセ

タネまきしても育苗するスペースがない場合に、直まきで育ってくれる植物は大助かり! 寒さのなかで育って春に咲きます。

直まきやこぼれダネで育つ植物はたいがい丈夫なので、ぶきょっちょガーデナー好みです。

わが家のベランダやアパートの花壇では、ギボウシ(ホスタ)の葉(地上部)がすべて枯れて休眠に入りました。
冬は地上部がなくなって根だけで冬越しする植物は、多年草の中でも宿根草と呼びます。
植物が死んでしまったかと心配していると、何もなくなった地面から春に新芽がツン!と現われてびっくり。嬉しさ100倍!!

フロントガーデン201612#5 フロントガーデン201612#4
ギボウシも春には左上の画像みたいに土中から出現するけど、これは秋に植えた球根のスノードロップ(ガランサス)の発芽。
春一番に咲いてくれるかわいい子です。猫にいたずらされないように、割り箸で防御中。

右上は、やはり春に咲くバーバスカムの苗。ギボウシと同じ毎年咲いてくれる多年草でも、冬に葉が枯れないで地面にペタ~っと張りついて、寒さをしのぎます。

こうして見ると、植物の冬越しにはいろんなスタイルがあるのだとわかります。
それぞれのスタイルには、冬の寒さを乗り越えるための知恵や工夫がありそう。
春に華々しい存在感を見せつけるための戦略があるのかもしれません。

フロントガーデン201612#3 そんな企みを知る由もなく、「ともかく無事に春を迎えて欲しい」と園芸愛好家は願うばかり。
↓こういう輩が花壇を荒らさないように、目を光らせている師走です。

ミー201612 ミー201612#2


スポンサーサイト

コメント

今日は、関東は雨模様でしょうか?
こちらも寒いですが、冬越しの準備してきました
初めてカンナの冬越しです
茎を切り戻して堆肥を置いてそのうえからビニールで覆います
さらにそのうえに藁などをどっさりおいて
保温しますが、上手くいくか?

油粕などを土に混ぜておくと小動物が掘り起こしています
(たぶん、タヌキやテンなどか)

都会も田舎もそれぞれに苦労はありますが
春の芽吹きは楽しみですね
しばし花壇もひっそりとお休みです(^^)

素敵なプレゼントありがとうございました!!

スモさんへ

雨は朝のうちに上がり、今は天頂にほぼ満月が輝いています。
空気がピリリと冷えてきました。
Yahooのニュースでは、明後日にかけて西日本は積雪かもしれないとか。
スモさんの庭の冬支度が間に合ってよかったです。

カンナの冬越しはずいぶん厳重ですね。
成功しますように!
いただいたコロカシアは、鉢のままをいいことに、
地上部が枯れたらベランダへ移動するつもりです。

山庭は動物性肥料にタヌキですか!
写真のネコもおならが臭いので、タヌキックス・ミニウ~と呼んでいます(笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/482-1f775d23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。