スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然栽培の勉強中に出合った花 

みなさんは有機栽培・自然栽培・自然農法の違いをご存知ですか?
私も勉強中で、3つの栽培法も実践する人によって解釈や方法に幅があるようですが

有機栽培
化学農薬、化学肥料、化学合成土壌改良材を使わないで、堆肥などの有機質肥料による土づくりによる栽培
自然栽培
天然由来であっても農薬や肥料を一切使わない栽培
自然農法
畑を耕したり草とりもしない栽培

こんな感じに解釈しています。
これらに対して、化学農薬や肥料を用いる一般的な方法は、慣行栽培と呼ばれます。

9月からは自然栽培の農家さんに取材をする機会があり、10月末には近所の中野セントラルパークで開催された「自然栽培フェア2016」を覗いてきました。

自然栽培フェア2016
東京では急に北風が吹き始めた寒い週末でしたけど、家族連れが多く賑わっていました。

近年の慣行栽培では安全性の高い薬品を選び、収穫までの日数を逆算して薬品を使用するなど、化学的に安全性を追求して生産しているけど、もし市民農園や自宅の庭で野菜を育てるなら、有機栽培や自然栽培でやってみたいと思う人は多いでしょう。

でも、実際に薬品を使わなければ、害虫は人がみつけて補殺するしかなくて、有機栽培や自然栽培の農家さんはピンセットを手に畑に座り込んでいます。
「まったく気が滅入ります」という声も聞きました。

そうした手間のかかった野菜はやはりお値段も高くなりますよね。
ただ、安全性と価格だけを天秤にかけるのではなく、おいしさももちろん!と頑張っている自然栽培の農家さんが多い。

その中で、切り花を自然栽培している生産者さんが出店していました。
自然栽培フェア2016#3
川崎市で80年続く花生産農家「吉垣花園」。3代目が無農薬、無化学肥料栽培に挑戦中! 見た目がすべてとも言える生花に安全性を備える難しさはいかばかりかと思いました。

でも、そのラインナップを眺めていると、品種改良された色鮮やかな大輪花を飾り立てるのではなく、野に咲く可憐な花を窓辺に飾るような、生花に求める価値や好みの違いが見えてきて、新しい選択肢の誕生とも感じます。

自然栽培フェア2016#2
ブタクサカラスウリもまた秋の風情を感じさせて、私は好きです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/481-19b2dc73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。