スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花炭をご存知ですか? 

花炭2016#2 ブロ友のスモさんから「花炭」をいただきました。

スモさんは自宅のほかに山辺に庭を作っていて、山庭ならではの自然の恵みをおすそ分けしてくださいます。

左の写真はヒマラヤスギの松ぼっくりであるシダーローズの花炭。

シダーローズについては、スモさんのブログに熱く詳しく書かれています。 記事は→コチラ

バラの花びらのように見える1片ずつがヒマラヤスギのタネ。

炭になったら、触れればハラリと砕けそうな繊細なものです。
花炭とは、木の実や花や果実などを炭化させたもの。
500年以上も前から茶の湯で親しまれ、「飾り炭」とも呼ばれるそう。
造形的な植物の姿形をそのままに固定化したさまは、園芸愛好家の心もくすぐります。

花炭2016#3
ドイツトウヒの大きな松ぼっくりと、スモさんのご主人が丹精されているハスの花托です。
炭化してとても軽いのに、黒光りして存在感がハンパなし! まさに美術品のよう。

花炭2016
スモさんの山庭には薪ストーブがあって、庭仕事の合間に焼き芋などを楽しんでいた延長線上で、ご主人が花炭を作っているそう。詳しくは →コチラ

見た目に加えて消臭効果もあるそうなので、玄関に飾ることにしました。
炭が砕けたりしたら、庭土に混ぜてもよいそうです。どこまでもおりこうさんですね~
スモさんご夫妻に大きな感謝!


ハスの花托のように、たくさんの穴が空いているものに対して恐怖を感じるのを「トライポフォビア(集合体恐怖症)」というそうです。私は虫の卵の集合が苦手なのですが、今回「ハスの実」をググって初めて知りました。人の感覚も興味深いですね。

スポンサーサイト

コメント

先日、スモさんからいただいたのよ〜と
聞いておりましたが、思っていたのとは違いました!素敵ですね!花に無知な私は
普通に松ぼっくりを思い浮かべていました。ごめんなさい。

まるたさんへ

いつも見てくださってありがとうございます。
このあいだコメ催促しちゃいましたかね(笑

松ぼっくりでいいんですよ~
それが炭になると、また別の魅力ですよね。
私もスモさんのブログで初めて知りました。
クラフト好きなまるたさんもくすぐられるのでは?

こんばんは
詳しくご紹介くださってありがとうございます♡
今回は、壊れやすいためにお送りできませんでしたが
ドライになったバラやアジサイなども本当に
繊細に仕上がります
でも、ハスの実など種が入っているものは
窯の中で爆発するので要注意です
薪ストーブを焚くあいだは、またいろんなものを炭にするつもりです(^^)

そうだったんですね~シンゲルさんが蓮の実が苦手だと
話されていたことすっかり忘れていました
<(_ _*)>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スモさんへ

このたびはステキな花炭をありがとうございました。
バラやアジサイの花まで炭にできるとは!
どれほどきれいなことでしょうか。

一方で、ハスの実は爆発する恐れもあるとは、びっくり。
いただいたハスの実は苦手なんてことありません。
もっと細かくびっしりあるものが苦手で、そういう症状?に名前があるのが面白くて、つい一緒に紹介してしまいました。
お気を悪くしないでくださいね。

以前、上野の不忍池にハスの花托がぎっしり集まって浮いているのを見たときは、足早に立ち去りましたけど(汗


Sさんへ

いつもありがとうございます。
お互いにいろいろあるお年頃ですね。
そんなときだからこそ、庭で咲く花や友人の心遣いが染み渡ります。
ありがたいものです。

寒くて鼻水を垂らしながら、球根を植えましたら
猫があちこち掘り返して、気が気ではありません。
そんな毎日もありがたく、明日からは師走と慌てています(笑
これからもお付き合いのほど、よろしくです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/480-33d2faeb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。