スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春植え球根が・・・咲かない 

台風9号は静岡のミカンや青森のリンゴ、米どころなどに被害をもたらし、自然を相手にする農業の厳しさを感じさせます。食料自給率の低いこの国で頑張っている生産農家に、もっと手厚い国の保護はできないものでしょうか。周辺国との貿易の問題もあるでしょうけど・・・

久しぶりに関東直撃という台風接近を前に、私はベランダを見回してクレマチスのつるを誘引しなおしました。アチコチ伸び放題だったつるの1枝は、なんと緊急脱出口をすり抜けて上階へ侵入しているではありませんか!

びっくりして引っ張ったら、ブチッと切れたつるの先端には、どーやら蕾がついていたみたい。園芸愛好家が暑さにクラクラしてた間も、クレマチスは果敢に営みを続けていたのです。はぁ~、申し訳ない(-_-;) 

ベランダの天井にぶつかって日差しの当たらなかったつるや葉は青白くなっていました。
一方、エアコン室外機の排気にあおられていたゼフィランサス(タマスダレ)やネリネたちは、咲きません。ご近所の路地ではもう満開なのに・・・

この夏はホント反省ばかりの園芸愛好家です。トホ
スポンサーサイト

コメント

台風、本当にひどい被害でしたね。
自然を相手に、人は成す術がありません。ベランダ園芸は、確かに室外機の排気をどうするか悩みますよね~
シンゲルさん、ファイトです!

makiさん、ありがとうございます。

自然にはホント太刀打ちできませんよね。自然に親しむように見える園芸ってヤツも、じつは凄く人工的なことなので、ときどき自己矛盾にアップアップしちゃいます^_^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/48-20d18147

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。