スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡で「都会の山」を見てきた 

今月初め、長崎に行った帰りに福岡へ寄りました。
そこで、一度は見てみたかったアクロス福岡へ。

アクロス福岡#2
福岡市役所に隣接する天神中央公園から見たアクロス福岡。
「都会に出現した山」と言われています。

アクロス福岡
アクロス福岡は福岡県庁跡地に1995年オープンした公民複合施設で、地上14階建ての南面がすべてステップガーデンになっているおおがかりな屋上緑化で知られます。

アクロス福岡#5
60mにおよぶ高さの屋上庭園は前代未聞で、台風で木は飛ばないかとか、落ち葉が散らからないか、水漏れしないか、などなど。さまざまな危惧や不安や反対にさらされながら完成した際には、植栽が寂しすぎると酷評されたそう。

アクロス福岡#6
それが今や雑木林、まさに都会に現れた里山の風情さえあります。
当初、76種3万7000本植えられた苗木に、鳥の落とし物から育った木々が加わり、10年後には120種が確認されているというから素晴らしい!

アクロス福岡#4
屋上庭園は公開日が限られていましたが、階段を上がっていくと人工の滝があったり、福岡空港を飛び立った飛行機が頭上をかすめるように飛んでいく様子も楽しめます。

アクロス福岡#3 日当たりにはビャクシンなど、日陰にはツバキなどが植えられているのは、アクアソイルという人工地盤。

ビルを建て替えるときには、植物ごと10㎡ずつ掘りあげて移植できるというので、びっくりです。

地元の友人は「バブルのときのプロジェクトだからできたんだ」と自虐的に言うけれど、これほど壮大な屋上緑化が今後どのように変化していくのか。

森は育つものだから、その変化が見られること自体がとても貴重なことだと思われました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/478-b03e7498

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。