スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界フラワーガーデンショー2016』 @ハウステンボス 

ハウステンボス2016♯3 ハウステンボスで開催された『世界フラワーガーデンショー2016』に行ってきました。
1カ月間の開催期間ぎりぎりに滑り込みセ~フ。お出かけ情報にならなくて、すみません。

ハウステンボス2016#5 どうしても行きたかったのは、オランダの造園家ピート・ウードルフさんがデザインした庭が再現されるというので・・・(*以前のウードルフ関連 →コチラ
ただ、ご本人は来日しないで日本の企業が施工するというあたりに???な感じですが、
以前、取材でお世話になった北海道のナーセリー『大森カントリーガーデン』の植物が使われるというのも見たくて出かけました。

ハウステンボス2016 35年ほど前にレストラン業から転身してナーセリーを営み、サルビアの育種などで成功を重ねたウードルフさんは近年、グラス類を大胆に用いた植栽で注目されています。

ここでもピンクの花穂が美しいムーレンベルギア・カピラリスペニセツムなどのグラスを植栽の核に、背景に、スクリーンのように用いてます。

そこに少しだけユーパトリウムやオミナエシ、ダンギクやワレモコウなどの花が添えられ、自然の野原のような幻想的なシーンを見てとれます。

でも、NYの有名な高架庭園『ハイライン』の造園家と知らなければ、「何これ?」「草ぼうぼうやん」ですよね。

彼の庭は宿根草を用いて手間のかからない“自然風”を目指しながら、実際は「週2回のメンテナンスが必要」と語っているように、手入れが欠かせません。
ここでももちろん手入れはしているけれど、枯れた花に替えてわい性ダリアを植えていたりするのを見ると、こういう庭をどう扱っていいのか困ってしまったのではないかな~

ハウステンボス2016#4 これがウードルフさんの植栽プランです。どんだけ細かいんだ~!と驚かされます。
それにプランでは、ムーレンベルギア・カピラリスではなくて Muhlenbergia lindheimeri になっています。遠隔植栽はいろんな点で本人の思うようにはなっていないかもしれません。

ハウステンボス2016#6 残念だけど、私には結果も含めて興味深いものでした。

さて、審査を競った7つのショーガーデンは、
ハウステンボス2016#8 ハウステンボス2016#7
左)最優秀賞を射止めたタイの女性デザイナー、ワナポン プイ フォーンプラファさんの作品。ブルーサルビアなど3種の青花の水面に、メランポジウムなど3種の黄花を乗せた船が浮いている。たった6種の植物でシンプルなわかりやすい作品。
右)オーストラリアのポール・グラントさんの作品「マンダラ」は、沈床ガーデンに排水処置がされていなくて審査は厳しかったけど、来場者には一番人気があったそう。

私が一番心惹かれたのは、マレーシアのリム・イン・チョングさんの「子宮」という作品。
ハウステンボス2016#9 大きな石を組み上げて竹林を再現した中に、秘密の花園があります。
ハウステンボス2016#10 ハウステンボス2016#11
瓦を縦に埋め込んだ小道を辿っていくと、そこに子宮を模した小さな池があるという凝ったつくり。そのコンセプトは真上からみない限りわからないんですけどね。
ともかく植栽の素晴らしさをご覧ください。
ハウステンボス2016#14 ムーレンベルギア・カピラリスを霞のような背景に見る、ガウラやバーベナ・ボナリエンシス、サルビア似の黄色やオレンジ色の花。←アガスターシェとわかりました!

ハウステンボス2016#13
コレオプシス‘レッドシフト’に白いユーフォルビア、ピンクのセンニチコウなど。

ハウステンボス2016#16 ハウステンボス2016#15
左)庭の内側の石組の下に小さな池があり、白い小花に囲まれている。
右)タケの株元に揺れるススキと、真っ赤なサルビアが秋の寂しさと艶やかさを象徴するようで、沁みました~

今回は長崎の義母のお墓参りにかこつけての電撃訪問でしたけど、この庭を見られたのは幸せだと感じました。

スポンサーサイト

コメント

原っぱ・・・(^^)・・・

 こんばんわ~

まるで原っぱ? って思いました (^^)

長崎まで行かれたのですか~
いいなぁ~
九州 行きたい所です。

とよこさんへ

こんばんは

ほんと原っぱですよね~
この展示に興味を示した人はいませんでした。
でも、本来はステキな庭を作る方なので
みなさんにご覧いただきたかったです。残念。

長崎はよいところですよ。
ハウステンボスから長崎へ向かう途中
大村湾に沿って電車で行くのも風情があります。

九州は食べ物もおいしいので、
12月の遠出から戻られたら
また気軽な国内旅行をご企画ください!

前にもハウステンボスにいかれてましたね
長崎は、シンゲルさんの第二の故郷(^^)
いつか、行ってみたいです

グラスガーデンは、憧れです
自分の庭に作ることができないから、なおのことですが
よほどのことがない限り受け入れられないですね。。。

先日、オフ会で行った植花夢でも素敵なグラスガーデンが
あったのに今回行ったらほとんど掘り上げられていました・・・・
理由は、ブルーベリーを植えるんだそうです
やはり、グラスは、受け入れられないそうです
すごく残念でした(涙)


コンテストガーデンは、いろんなテーマがあって
おもしろいですね
特に”子宮”前衛ガーデンぽくって流行るかも

スモさんへ

よく覚えていてくださいましたね。
前に行ったのは義母の三回忌のときでした。
何かと姑さんをだしにしている嫁です(^^;)
でも、長崎にももうだんだん行かなくなりますね。

ウードルフさんの庭は確かに「グラスばかりのガーデン」として
認知されているようです。
でも、私にはグラスを含めた多年草の大株による庭!という印象。
まあ、どこが違うのかといわれると困りますけどね(笑

植花夢さんのオフ会の写真を拝見しましたけど、
グラスが掘りあげられてしまったとは残念です。
グラスガーデンの良さはそんなに伝わりにくいものなのか・・・
箱根のススキ原は人気なのにね。

今年のこの大会は天候不順に苦しんだそうです。
以前は会期終盤でもそれを感じさせないメンテでしたけど、
今回は傷みが目立ちました。
それでも、各ガーデンに植栽プランツリストがあって
植物好きには楽しめましたよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/477-6690e2e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。