スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iphoneでマクロレンズを遊んでみる 

草花を育てていると、きれいに咲いた花を写真に撮りたくなりますね。
うまく撮れれば園芸の励みになったり、記録として翌年の栽培ガイドラインにもなります。

お台場2016 なかでも、アップの写真はインパクトがあって、小さな昆虫まではっきり見えると楽しい~♪ でも、私のカメラ(レンズ)は最短撮影距離が25㎝なので、これ以上近づいて撮ることはできません。

もっと近づいて撮れるマクロレンズが欲しいな~と思ってましたら、iphoneに装着できるマクロ+広角+魚眼レンズの3点セットがあると知って、買ってみました。

まずは魚眼レンズ!
iphoneレンズ 幅160㎝の出窓前に立って撮った画像です。
丸く歪むけれど、出窓の両端まで入ります。面白いですね。

続いて広角レンズ
iphoneレンズ#6 iphoneレンズ#5
左)ふつうにiphoneで撮影、右)同じ位置から広角レンズで撮影。
広角レンズを使うと、撮影できる画角がぐっと広がっているのがわかりますか?
集合写真を撮るときに、「両端の人はもう少し中に入って」と言わなくても大丈夫です。

そして、お楽しみのマクロレンズ!!
iphoneレンズ♯2
iphoneレンズ#3
フウセンカズラのタネにあるハートマークがちゃんと撮れるし、下に敷いている生地(魚眼レンズの画像で、コンテナ下にあるマット)の織り目もわかります。フィカス・プミラの葉に生えている毛まで見えますね! うひゃひゃ~ 初めて見た!

iphoneレンズ#4 マクロと広角レンズはねじ式で1つになっていて、小さな巾着袋で持ち歩けます。
スマホ用接写レンズなどと呼ばれて、価格帯もさまざま。
これは1000円くらいで、これからずいぶん楽しめそうです♪
(ピントはロゴに合わせましょう・・・(恥 )

スポンサーサイト

コメント

あら!もう立派なレンズは必要ない時代なのかも(^^;;
ピント合わせも楽なのかなぁ〜。
これからマクロ、広角、フィッシュアイと楽しみが広がりますねぇ〜。
レンズを通して見えてくるモノは、なんだろう☆

今度見せてね^^

achamiさんへ

まあ、ほんとうにおもちゃでして
とくにこれは型落ちでもありますが
ともかく試してみようかな~ということで。
マクロのピントを合わせるのは、やはり慣れが必要です。
でも、遊べますよ。

これ、これ!!
私も買いましたよ(笑)
私のは、もっと安物で300均のお店で500円でした(3個セット)
おもしろいのでいろいろと撮ってみました

私もブログやインスタなど、すべてiphoneの画像を
そのままUPです(^^;)
重いカメラを持ち歩かなくなりました
もちろん画像は、腕のいい花友さんがカメラで
撮ったのと比べると全くいけてませんが
。。。。
最近6から7に変えたら、ますます画像がきれいでびっくりです

スモさんへ

おお、スモさんはもうお使いでしたか!
しかも300均とは、凄い!
よくみつけられましたね。
ダイモンジソウのアップもそうかしら?
この花のかわいらしさが生きますね。

ブログの入力もiphoneからなんですか?
そしたら電車の中とかでもやれるのかしら?
そして、もう6から7とは早業すぎる。
さすが関西の方は感度がよいでのでしょうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/474-6922bffa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。