スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の晩夏、小さな花壇と44階からの眺め 

毎日、暑くて蚊も多くて、園芸愛好家も「水やりだけで精いっぱい」ではないですか?
植物たちはひたすら生い茂り、虫に食われた葉や黄変した下葉が見苦しいばかり。
この時期はまったくヤル気が失せますよね。気分がドヨ~ン(笑

花壇201608 それでも今日は曇りがちの天気を見計らって、小さな花壇の整理をしました。

昨日は久々に猫の糞害がありましたので、厳しくチェックも!

まだ咲きのぼっているホリホックや、繁茂しすぎたトレニアを切り戻しました。

クリーピングタイプのローズマリーも、ご覧のようなありさまです。ちょっとまとめて収穫(切り戻し)して、ドライハーブにしましょうか。
ブログ仲間のスモさんから、3㎝ポットくらいの苗をいただいたニコチアナは巨大生物!になりつつあります(笑 これだけ大きな葉を展開するとはびっくりです。
花壇201608#2 その後ろに1輪咲いたゼフィランサスタマスダレ)を発見!
花壇201608#3 以前は垣根の下草などによく見かけた花は、夏の終わりを告げて咲きだします。
この花が咲くと、厳しい暑さを乗り越えたようでほっとするもの(去年の記事は →コチラ
とても丈夫でよく殖えるので、おすすめの球根植物です。

先週後半から、東京は1日の中で晴れたり曇ったり豪雨になったりと、目まぐるしい天気が続いています。台風がつぎつぎに発生するのも、季節の変わり目だから?

再開発が進む新宿の富久町で新宿御苑(画像の左端)を見下ろす44階のラウンジにお邪魔したとき、一転にわかにかき曇った空に摩天楼のシルエットが浮かび上がりました。

富久から#2 こんな景色を見て喜んだあとは、猛烈な雨の中を歩いて帰りました~ 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/466-95967ac1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。