スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京もオリンピックに備えて『花と緑のおもてなしプロジェクト』 

お台場201608 熊本の被災地をはじめ、関西以西では凄まじい暑さが続いています。

お盆を過ぎれば、いくらか過ごしやすくなるはずと期待して、みなさんお大事になさってください。

東京も35℃になった先週末、お台場のシンボルプロムナード公園に行ってきました。
お台場201608#2 暑さの中、画像右下の集団が何をしているかというと、“暑さに強い”花を観察中。

お台場201608#4 奥からブルーサルビアペンタスニチニチソウ。どれもきれいに咲いている。

お台場201608#5 左はアメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種’タイタンビカス’。

赤塚植物園が育成した品種で、草丈3mにもなるそう。

花径15~25cmの巨大な花は、午後には閉じてしまうのが惜しいけれど、これが15時過ぎの状態。

宿根草で、ここに植えられて3年目という丈夫さ。

ここは2020年に開かれる東京オリンピックの会場周辺を飾る植物を実証実験しているガーデン『花と緑のおもてなしプロジェクト』

約2,500㎡の広さに、品種ごとの育成試験をおこなうトライアルガーデンと、それらの品種を使った修景ガーデンがある。
6月に植えつけ、週1回の水やりと2週に1回の草取りで管理されている。圧倒されるほど元気いっぱいの植物たちをご覧ください。

お台場201608#6 このプロジェクトは昨年9月末に知ったのだけど(その記事は →コチラ)、今年は見学ツアーに参加できた。ツアーでは育種(品種改良)や植栽を手がけた方たちのお話も聞けた。

お台場201608#11 去年も一番気に入ったこのエリアでは、ハゲイトウ(アマランサス)やジニアやクレオメたちを「たねダンゴ」で植えつけた日本家庭園芸普及協会の方の説明があった。

緩効性肥料などを混ぜた泥だんごの表面にタネをつけ、珪酸塩白土をまぶしてから、平たくつぶしただんごを土に少しだけ埋める。珪酸塩白土の白さが見えるくらいの浅植えで、発芽率100%というから凄い!
この「たねダンゴ」は東日本大震災の被災地でも、とても喜ばれたそう。

お台場201608#8 お台場201608#7
ユニークな外観のマンション、ザ・タワーズ台場をバックに左)ハゲイトウとクレオメ、右)八重咲きヒマワリ。(垂直のとれてない画像が気持ち悪くて、すみません)

お台場201608#10 凱旋門みたいなホテル、トラスティ東京ベイサイドを借景にしたトライアルガーデン。
ここで気になった植物をいくつかご紹介!  *画像をクリックすると大きく

お台場201608#9 お台場201608#12
どちらも派手な赤色に微妙な色が混じる、左)アマランサス’トリカラーパーフェクタ’、右)ガイラルディア’スプーニャバイカラー’?

お台場201608#14 お台場201608#13
左)たぶん先週ご紹介したコロカシアとミレット‘パープルマジェスティー’、右)ニコチアナではなかったかな~ 萼片も花のようで二段咲きに見える新品種。スモさんにご指摘いただきまして修正します。オシロイバナの花弁化萼による新品種です。二段咲きに見える下段は苞葉。

お台場201608#15
修景ガーデンは昨年からそのままのものがほとんどだったけど、トライアルされている植物はどれも生き生きとして、暑さに強い植物がこんなにあるのだと再認識した。

かつての園芸では植物の耐寒性がポイントだったけど、今や一番の問題は耐暑性だと思う。人が疲弊しないですむ夏の庭を考えるうえでも、このプロジェクトは役立つのではないかな。

スポンサーサイト

コメント

やはり、関東も暑そうですが面白いツアーに
参加されたんですね!
興味あります(^^)
乾燥に強いものも考えないといけなくなるのでしょうか?

ハゲイトウ、私も植えてみましたよ
まだ、小さいですがカラーリーフとして面白い素材ですね
コロカシアとミレットは、ここでも使われていますね
カンナも推薦したいです!!
葉のきれいなものが多いですし、暑さに強いと思います
右側のは、ニコチアナとは違うような?
オシロイバナの新品種とか?

スモさんへ

早速のレスをありがとうございます。
このほかに、同じ植物をいろんなコンテナに植えて生育具合を比べる展示や、里山の間伐材と植物の組み合わせなど、興味深いものでした。
スモさんなら興味津々でしょう!
見学は常時できますから、東京にいらっしゃる機会がありましたら、お声かけください。

ハゲイトウは草丈があるのもよいですね。
スモさんおすすめのコリウスもいい仕事してました(笑

ニコチアナとの間違いご指摘、お礼申し上げます。
オシロイバナでした<m(__)m>
修正させていただきます!

ところで、先日いただいたニコチアナがものすごく大きな株になりつつあります。
すっごい楽しみ! 感謝です。

ニコチアナ、葉が大きくなってきて他の植物の
テリトリーに侵入しますので
下のほうの大きな葉を適当に間引いてください
支柱もいるかも・・・
たぶん、シルベストリスです
来年も種がこぼれるか、宿根して邪魔になるやもしれません<(_ _*)>

オシロイバナ、すごいのがでてきましたね
ホウセンカも!
なにか、昭和な花が進化したんですね

スモさんへ

ニコチアナ情報を追記くださって、ありがとうございます。
幸いにも、狭いながら周囲は空き気味なので、よかった♪

ホウセンカも改良種の凄いのがありますか?
ヒャクニチソウもジニアとかいってますし、
確かに昭和の花が進化していますね!

 夏の花

 こんばんわ~

毎日暑いですね~
耐暑性の強いの わかります。
土の温度 半端じゃないです。 お水を掛けるとと茹る。。。 (';')。。。
ラベンダー 苦しそうでした。やっと恵みの雨が振りました (^^)
鉢植えで無かったら動けませんからねぇ。。
取材された花達 オリンピックには目立つことでしょう。 たねダンゴ おもしろい発想ですね。 100%と言うのが すごい。。

とよこさんへ

こんばんは~
関西方面は猛暑で大変ですね。
耐暑性の強い植物しか生き残れませんよね。
そちらは雨もなかったそうで
ラベンダーも苦しかったことでしょう。
とよこさんもドキドキだったのでは?

たねダンゴは土手ののり面などの傾斜地にもよいと思います。
タネが雨で流れてしまいませんよね。
作ったらできるだけ当日、植えるのがよいそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/465-70229517

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。