スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントガーデン、初夏に思うこと 

昨年に続き、写真家のOさんが主宰する撮影会に参加。
撮影場所の多摩動物園に着いた途端、カメラが壊れまして(泣
日ごろの行いを反省しても遅く、iphoneで撮影しました~

多摩動物園2016
2012年に購入したカメラ(その記事は →コチラ)は、レンズが伸び出たまま固まっちゃいました。もともとレンズがカセット形式なので、レンズブロックを丸ごと取り替えて5万円以上!
ヨドバシカメラの5年間延長保証(確か3500円)に入っていたので、1万5000円に。
保証に入ってなかったら直せませんでした~ やっぱり保証は大事かも(汗

花壇201606#4 カメラが修理から戻ってきて、やっと初夏の花壇を写せました。

GW初日の暴風で2株お亡くなりになったカンパニュラ・メディウム’メイ’。

その後は水切れさせないように用心して、たった1株残ったペールパープルの2番花が満開です。

2番花は小さめだけど、花つきは1番花を上回って素晴らしいボリュームです。花茎が自立してくれるとよいのですが・・・


花壇201606 手前でチラチラしている紫小花はサルビア・ミクロフィラチェリーセージ)。チェリーセージは紅白の’ホット・リップス’しか知りませんでしたが、こんな花色もあるんですね。

左側の白っぽい小花は人気の高いペンステモン’ハスカーレッド’です。
全体になんだかごちゃごちゃして、取り散らかった印象です。もちろん写真のヘタさもありますが、同じくらいの草丈でチェリーセージペンステモンという小花が咲いているのがマズイな~と思います。

花壇201606#3 花壇201606#2
左上がペンステモン、右上はホリホック(タチアオイ)‘スプリングセレブリティ―’
ペンステモンチェリーセージよりはまとまって咲きますけど、ホリホックのように大きな花のほうが空間をまとめやすくなります。

小花=散らかる VS 大花=まとまる という法則を、吉谷桂子さんの取材で何度も教えていただいていたのに、学習しない奴です。

チェリーセージは夏を越えて秋まで咲いてくれる期待で選んでしまったけど、こういう効果まで考えが及びませんでした~

またまた、ホリホックはブロ友スモさんの山庭&『園芸ガイド』夏・特大号にあった阿部真由美さんのイラストを見て憧れたのだけど、‘スプリングセレブリティ―’はスプリングというからには早生品種だということに思い至らなかった~ 
あと2株のホリホックはまだ蕾もありません(トホ

小さな花壇の中でも、開花期などのさまざまな条件をすべてクリアしていくのは、ほんとに難しい。あ~、それだけに精進のかいがありますけどね♪

スポンサーサイト

コメント

お!!!カメラは修理できたんですね?
何が原因だったのか・・・。

花壇にあんなに種蒔きましたっけ?
耕した後に蒔いたのかな?
綺麗に咲いていて、ステキです。

achamiさま

カメラは急かして修理してもらいました(笑
原因はたぶんケースに入れずに持ち歩いていたからだと思います。
慌ててケース買いました!

タネをまいたのは、achamiさんからいただいたフウセンカズラだけ。
カンパニュラとペンステモンは昨秋、植えていただいたもの。
チェリーセージとホリホックは先月、ご一緒にお買い物した苗で~す!
お宅のお庭改造はいかがかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/457-b34e23c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。