スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉谷桂子さんのチューリップ@中之条 

中之条201604#3 大型連休前半は園芸ガイドの取材で、群馬県吾妻郡にある中之条町の「花の駅 美野原(みのはら)」を訪ねました。

もとは薬草園だった12万㎡を、足利フラワーパークの大フジで知られる塚越こなみさんとガーデンデザイナーの吉谷桂子さんが一昨年からタッグを組んで、花木や草花の美しいガーデンへと変身させています。

5月8日(日)までは「美野原 花フェスタ」が開催中。このガーデンで吉谷さんが力を入れているチューリップの撮影が目的です。

昨年10月下旬に植えつけたチューリップは例年より10日も早く咲きだし、「GWまでもつか?」と関係者をハラハラさせたものの、なんとかセーフ!

とくに落葉樹の下はまだまだ花の状態もよくて、斑入りミツバ(エゴポディウム)との組み合わせは新鮮です。上の画像奥で花がらを摘んでいらっしゃるのが吉谷さん。

中之条201604#2
チューリップはただ咲いているだけでかわいいけれど、それを庭の中で寄せ植えでどう生かすか、花色やほかの植物との組み合わせは・・・という、チューリップあしらい上級者向けのお話しをいろいろうかがってきました(詳しくは園芸ガイド秋号に掲載予定で、すみません)。

中之条201604
この日は珍しく午後からの撮影で、しばらくすると急に雲が出てしまったけれど、あたりの新緑がとてもきれい。鮮やかな花色を引き立てていました。

上の画像中央の黄色いシャツ姿の吉谷さんは常々「庭を訪れるときは、花の色に近い色を着るとよい」とおっしゃいます(吉谷さんのブログは →コチラ)。花園に黒っぽい服があると、そこだけ暗い影のように沈んでしまうからという理由が、最近はよくわかります。

こちらは1週間前に横浜で開催された2016 日本フラワー&ガーデンショウ」。ご近所の「横浜イングリッシュガーデン」の展示です。
フラワー&ガーデンショウ2016
ピンクのフジや大輪のボタンで意外性を感じさせながら、華やかな春のイメージが横浜イングリッシュガーデンならでは! バラやローズマリーとの組み合わせも違和感がありません。

さて、こういう会場の画像で明るい装いの女性はあまり気にならないけど、ダークスーツの男性はそこだけ引っ込んだ穴があいているように写ります。男性のスーツは致し方ないにしても、自分の身につけている色彩がその空間でどんな効果を果たしているか・・・
最近は少し気にするようになったシンゲルです。
フラワー&ガーデンショウ2016#2
これは、来年「全国都市緑化フェア」を開催する横浜市の展示。パステルカラーが主流になる春に、赤のチューリップにオレンジのプロテア?など、ホットカラーのコーディネートはパンチがきいています。

こんなふうに色にこだわった展示を見て何かを感じようというなら、やはり服の色も自分に似合うかどうかだけではない視点をもつことが大事になってくるかもしれませんね~

スポンサーサイト

コメント

GW中もお仕事されていたんですね
うらやましいお仕事です(^^)

おっ!!チューリップに下草なんて、考えても見ませんでした(驚)
エゴポディウムが、似合うことも驚きです
自分の庭では、花後のことを思うとなかなか冒険ができませんが、
試してみたくなりました

庭にいる自分の服装にも気がまわりませんでしたが、なるほどと納得です
花盛りの時は、よく考えないと~
私は、カラスのように黒い服が多いから気を付けます(汗)

しかし、関東方面は、よく庭があってうらやましいです
関西は、なんか悲しいかも・・・・
イベントも関西は、ほとんどありませんし(T_T)

園芸ガイドの秋号、ぜひ読んでみたくなりました!!

スモさんへ

いつもコメントありがとうございます。
吉谷さんのチューリップあしらい、ご注目いただいたようで嬉しいです。
吉谷さんもここでは球根を掘りあげないとおっしゃっていたので、スモさんの参考になる点もあるかもしれません。

洋服の色のことは、私もハッとしたものです。
黒や茶のほうが花色を邪魔しないと思い込んでいたけど、庭の見学者さんを見ていても、暗色は沈みすぎる印象です。
とくに近年は肌色もくすみがちなので、普段から少しずつ明るい色を心がけるように~(笑

それに、関西のお庭といえば
園芸ガイド夏号の「ガーデンに行こう!」特集の巻頭は、なんとメナード青山です!!
とよこさんのご近所の多可町オープンガーデンも紹介されていますよ。

確かに業界のイベントは東京偏重ですけどね。
「日本フラワー&ガーデンショウ」は昨年まで千葉の幕張だったのが、今年から横浜に変更。雰囲気が少し変わったそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/453-90710546

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。