スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球根や宿根草が教えてくれる春の待ちかた 

長崎出身の夫は、上京して関東の地震の多さに驚いたそう。
そのように地震に慣れてない九州の方たちが、どれほど恐ろしい思いをされたことか・・・
強い余震が続いているようすに、5年前にこわばっていた自分のことも思い出します。
この島国では、どこにいても他人事とは思えない災害。お見舞い申し上げます。

高円寺のフロントガーデン2016 お散歩途中で見かけた高円寺のフロントガーデン。

道路と塀の間、わずか20㎝ほどの奥行きを生かした春の景色。

一年草の八重咲きストックチューリップの同系色コーデが、甘くてラブリ~な魅力を振りまきます。

よく見ると、多年草のマーガレットや斑入りのツルニチニチソウや銀葉のオレラリア?も、脇役としてアクセントを添えています。

多年草としては花期の長いものや葉の美しいものをベースに、季節ごとに華やかな一年草や球根を植えているのでしょうか。

塀があるから、ショーウィンドーのように花が引き立っていますね。

以前、取材させていただいたフロントガーデンの庭主さんは、毎年必ずチューリップを植えるとおっしゃってました。「近くの小学校に上がった新一年生が『チューリップが咲いている』という声を聞くのが嬉しくてね」って・・・。確かに小さな子がチューリップを見つけると、必ず「チューリップだ!」って言ってるみたい。ほほえましいです。

ベランダ2016_04#2 これは手入れの悪い私のベランダ(恥

球根のアリウム・コワニー(ネアポリタナム)と、青みを帯びたリューココリネが1株。どちらも花茎が柔らかく、しっかり立たないのがイマイチです。

が、植えつけて何年も咲かなかったアリウムは、咲きだしたら毎年1花ずつ増えて、私を驚かせ喜ばせてくれます。リューココリネも去年は咲かずに、もう消えてしまったと思っていたのに・・・

球根を植えた翌春は花が咲かなくても、葉を繰り出して光合成で養分を蓄えていると、何年かしてこんなふうに咲きだすこともあるわけです。
だから、そのまま植えっぱなしにして水やりだけ続けている「手入れの悪さ」も、あながち悪くないという例! ん~、ちょっと自己弁護にすぎるようでしたら、早春に肥料を少しばかり。

ベランダ2016_04 こんな話を書いたのは、宿根草にまつわるビックリポンの話を聞いたから。
一年草に対して何年か生きて繰り返し咲く多年草の中で、冬は地上部が枯れて翌春芽吹く宿根草というタイプがあるのをご存知なくて、毎年新しい株を植え直していたというのです。
それがクレマチスだったのでずいぶんお高くついたらしい。

花壇2016_04 これは今週撮影したホスタ(ギボウシ)’パトリオット’の芽吹き。紫色を帯びてきれいです。

小さな子も住んでいるアパート入口の花壇なので、晩秋に地上部が枯れたとき「冬眠中」のプレートを掲げておきました。「おや! とんがった芽が出てる」って気づいてくれないかな~

冬には何もなくなってしまったようでも、球根や宿根草がまた現れる春を待つ。園芸愛好家にはそんな気の長さも必要ですね。

スポンサーサイト

コメント

おはようございます
この雨で、被災地はどんなに大変かと思うと
悲しくてしかたありません・・・・
ご主人さまのご実家やお知り合いは、みな無事だったのでしょうか?
日本全国地震の巣。。。どこでおこっても不思議ないですね
これ以上の被害が広がらないことを祈りつつ


春を迎えるシンボル的な花は、やはりチューリップが1番ですね
私のような変態園芸家(笑)もやはり植えます
山庭は、植えっぱなしでも(植えっぱなしのほうが)花が毎年咲きます
でも、球根は、不思議でシンゲルさんのように予想しないことがおこります
ホスタ小・中型のタイプですか?
数年で株分けしないと大きくなります。
その株分けしたのをどうするかとまた悩みます

スモさんへ

いつもコメントありがとうございます。
長崎は傾斜地に多くの家が建っているので心配です。
阿蘇の外輪山近くで「ニリンソウを見にいらっしゃい」と誘ってくれた先輩もいらっしゃって・・・
もう少し落ち着いたら連絡してみようと思うのに、
今回の災害は今なお現在進行中なので、かける言葉も見つかりません。
ほんとうに祈るしかできませんね。

スモさんのチューリップは植えっぱなしがよいと、
ブログで拝見して驚きでした。
私も今秋は植えてみたいと思います。
それにしても、「変態園芸家」とは素晴らしい!
私も早くその境地に達したいものです(笑

さて、スモさんに指摘されて不安になって調べてみたら、
パトリオットの株張りは127㎝とか(絶句
でも、おぎはら植物園さんによれば「ギボウシを植えてみたいというお客様は、まずパトリオットをどうぞ」とあるので、致し方なし(笑
この小さな花壇は初めいろいろ植えてますが、数年後にはホスタとアカンサスとシャガあたりが大株になってそれで一杯になるはず(負け惜しみか?)・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/451-a9a30bb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。