スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のベランダの悲惨 

私が高円寺に住み始めた1980年代初め、アパートにエアコンがないのは当たり前でした。家々は玄関ドアを全開にして暖簾を下げ、蚊取り線香を焚いていたものです。

それが今やエアコンのないアパートで、お年寄りが熱中症によって命を落としてしまうのです。たまらない…

地球温暖化の問題=人が増えすぎたからだし、誰だって「便利」や「快適」を手放したくないわけだから、解決の糸口が見えにくい。知ってはいるけど、自分のこととしては気づかないフリをしていたい問題です。

でも先日、遅まきながら映画『不都合な真実』を観て、やっぱヤバイなあ~、と思いました。

アメリカのアル・ゴア前副大統領が次々に解説する温暖化の研究データは、あまりに「次々」で1つずつを飲み込めないくらいだし、友人Cの言うとおり「データの信憑性はもとより、あれはゴアの『私が大統領になっていれば…』というプロパガンダ」でもあるでしょう。
それにしても、北極の氷は溶けているし、ツバル諸島は沈みかけ、日本がこんなにアチ~のは事実!

できることから始めよー、ってエアコンをできるだけ使わずにいるのは、室外機の熱風にあおられる植物があまりに気の毒なせいでもあります。
八ヶ岳から来たゲラニウムたちや道産子の斑入りミツバは、息も絶え絶え…。今年3回目の花を咲かせようと頑張っているクレマチス’エトワールバイオレット’も、新梢の様子がいじけています。

都会の狭いベランダで植物を育てるのも、なんだか罪深いよーな気のする8月です。
スポンサーサイト

コメント

さすがに

この暑さの中、人間だってキビシイのですから植物たちだって頑張っているのでありましょう。シンゲルさんもご存知のとーり、我が家はストップ!地球温暖化に協力しております。それでも耐えられないときは、やはり逃げ場をさがさずにはおられません。ベランダにいる植物たちは、放っておかれるとダウンしてしまうでしょうが、シンゲルさんのように愛情を持ってケアしてあげると、きっとこの夏を乗り切ってくれると思います。しかし早く涼しくならないものですかねぇ~。

まるたさんへ

お久しぶりです(^^)
まるたさんのストップ!地球温暖化態勢は徹底しているようですね。頼もしい! でも、熱中症には気をつけてくださいね。
ベランダの植物でもローズマリーとかアイビーとかは、ビクともしないで元気です。我らも見習いたいものですね。

うちのベランダの植物も、繊細な葉ものはかなりのダメージを受けてしまいました。
年々、こんなに暑さが増していったらどうなってしまうのかと思います。

早く涼しくな~れ!

makiさんへ

ほんと繊細な葉もの系はキビシイですね。通常よりたっぷりめに水を与えると、いくらかよいようですが…

今夜からは少し気温が下がるというので、今から楽しみ?です!(^^)!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/44-00b573ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。