スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲かせ隊、最後の植えつけ 

近所の公園花壇を植えつける杉並区のボランティア『花咲かせ隊』に参加したのは、2009年夏でした(そのときの記事は  →コチラ)。
一時は公園の草取りや落ち葉を集めての腐葉土作りなど、『公園育て組み』の活動にもくわわって楽しんでいたのですが、近年はほとんど活動できていませんでした。

公園最後の植えつけ そんな折、我らのチームの中心だったAさんご夫妻が活動を辞められることに。

体力的に厳しくなったので、公園育て組みの活動に絞っていくとのことです。

ボランティアに参加できるのは、「継続して活動できる5人以上の区民からなる団体」と決まっていて、個人ではできません。
もとより、Aさん夫妻の献身的な活動が支えてきたチームだったので、活動は中止と決まりました。写真は、2週間前に最後の植えつけをしたマリーゴールド。今日のようす。

ベランダガーデナーの私にとって、腐葉土でふかふかの花壇に苗を植えつける作業は楽しいものでしたし、ご近所の花好きの方たちと交流できて、さまざまな発見がありました。

一番うれしかったのは、作業をしていると何人もの方が声をかけてくださること。都会の住宅地の小さな花壇に咲く花が、地域の方たちに楽しまれていると知ったのは、大きな喜びでした。

都会だからこそ、小さな花壇の花や街路樹の緑がわずかでもうるおいとなり、人の心を慰めたりするものですね。これからは、そんなシーンを集めてご紹介できたらと思います。

スポンサーサイト

コメント

あら〜あの日が最後になっちゃったんですねぇ〜(^^;;
なんとか続けられる方法はないんでしょうか?
ワタシが近所だったらなぁ・・・。

achamiさんへ

早々のレスをありがとうございます。
そうなんですよ~ 残念!
でも、やはり5人以上のメンバーを集めるのは大変だし、
その中の意思統一やコミュニケーションはもっと大変ですからね。
achamiさんが戻ってきてくれても、私どもにはとても無理よ…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/432-86dd9a77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。