スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラを愛する人たちの想いに触れる『薔薇の便利帳』 

ちょうど1年前、制作会社レジアの石倉ヒロユキさんから、「バラの本を一緒に作りませんか」というお誘いをいただきました。バラについては、私などよりずっと詳しいライターさんがいるのでご紹介しようかと思ったら、「いやいや、栽培の本を作るのではないから」とのこと! では、どんな本を作ろうというのでしょう??? 好奇心がむっくり起き上がります(笑

バラの便利帳薔薇の便利帳』は今週18日に主婦の友社から発売されます(本体1600円)。

つるバラの第一人者として知られた故・村田晴夫さんの八ヶ岳農場を引き継いだ『姫野ばら園』姫野由紀さんにご紹介いただいたオールドローズや原種の数々、埼玉のナーセリー『実野里』が早くから注目したデビッド・オースチン作出のイングリッシュローズ。

近年、人気急上昇中のメイアンデルバールギヨードリュなどのフレンチローズに、育てやすいと評判のコルデスタンタウなどのドイツのバラ。

そして、日本の老舗育種会社・京成バラ園芸の名花から、若手育種家として注目される河合伸志さんの作出品種まで。
800を超える品種の紹介を中心にしながらも、バラを得意とされるカメラマン今井秀治さんや、このブログでもたびたび紹介させていただいている埼玉県毛呂山町の『グリーンローズガーデン』の斉藤よし江さん、ガーデナーの宇田川佳子さんなどの、バラに寄せる思いや向き合い方を記した読み物が、これまでのバラ図鑑とはひとあじ違うところでしょうか。

河合伸志さんにはバラの育種について1から教えていただき、日本ばら会の富𠮷紀夫さんにはウィーピングスタンダード仕立てについて懇切丁寧にお話しいただいたものです。
こうしたバラを愛する方たちの熱い思いがいくらかでも、読者のみなさんに伝わるといいな~と思います。(←素朴すぎ恥

声をかけてくださったレジアの石倉さんは、これまでも野菜や魚や調味料などの「便利帳」をいくつも作ってらした方です。今回もバラを栽培するだけにとどまらず、バラを愛するすべての方に向けて、その魅力を共感できる本作りを目指しています。

私にとっても、この本作りはとても新鮮な経験でした。
本屋さんで見かけたら、手に取ってご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん、おめでとうございます
わぁーーー!絶対に本屋に行きます
もちろん買わせていただきます(^^
ご紹介くださった内容にワクワクしますね

どんな読み物になって、みなさんの熱い思いが知りたいなぁ・・・・

石倉ヒロユキさんの庭づくりの本、昔読みました
すごく共感しながら読みましたとも(笑)

素敵なお仕事されていたんですね
お疲れ様でした♡

スモさんへ

いつもありがとうございます。
スモさんのように詳しいロザリアンにとってはどうかな~?
店頭でご確認くださいね。
買わなくてもよいから、気づいたことをお知らせいただけたら嬉しいです。

私にとっては勉強にもなり、反省点も多いお仕事で、まだとても消化しきれていない感じです。

石倉さんのエッセイは楽しいですよね。あんな原稿が書けるようになりたいものですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/418-2a16553b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。