スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剪定! 剪定! 剪定! 

昨日、高円寺の環七こと、国道環状7号線では街路樹の冬剪定が行われていました。

環七の剪定 樹高5mはあるトウカエデに職人さんが5人ほども上り、重機のリフトから作業する方もいます。

道路上では警備員さんが通行する車と人を誘導し、歩行者の頭上に木の枝が落ちないように注意を払いながら、凄いスピードで作業が進みます。

剪定する樹木1本ずつ、重機を移動して作業しているようです。

日脚はだいぶ伸びたとはいえ、北風が強く夕暮が迫るなか「足元にご用心を!」と思ったものです。
昨年は、街路樹の腐った枝が落下し、通りかかった少女を直撃するという悲しい出来事がありました。取り返しのつかない事故を防ぐためにも、街路樹の剪定・点検は大事なことと思います。

環七の剪定後 剪定の終わった木は、昨年伸びた枝を払われてさっぱりと冬空に骨格を浮かび上がらせています。

通りの向こうに見えるまだ剪定されていないイチョウに比べると、なんだかみすぼらしいけど、裸木の黒々としたシルエットは潔い感じがして好きです。

昨年は雑誌で「花木の冬の剪定」という企画を担当したので、この冬は街で見かける街路樹や庭木がとく気になります。

剪定は大きく分けると、枝のつけ根で切る「すかし(間引き)剪定」と、枝の途中で切る「切り戻し剪定」があります。

すかし剪定は枝の本数を減らすため仕上がりが自然で、その後の木の成長も穏やかです。枝先を切り落とすことになる切り戻しは不自然な樹形になりやすく、切ったところから何本も枝が出て暴れて育ちます。この違いを知っているだけで、剪定はずいぶん上達するのでは・・・

木の剪定は、樹種によって適期やふさわしい切り方が異なるので、素人愛好家にはわかりにくい作業ナンバーワンではないかと思います

上条さん剪定本 剪定の本はいろいろ出ていますが、なかでも上条祐一郎さんの『切るナビ! 庭木の剪定がわかる本』(NHK出版刊)は、整理されてわかりやすい解説はもちろん、写真とイラストがとても丁寧に入っていて、おすすめです。

『趣味の園芸』連載中に、先に紹介したすかし剪定と間引き剪定について書かれた記事を見て、「ナルホド!」と膝を打ったものですが(古 連載をまとめた書籍が出ていました。

やっと少しコツをつかんだつもりになって、先日はベランダにたった1鉢あるシダレモミジを剪定して悦に入ってましたら、カエデの類は芽だしが早いので、12月中に剪定を終えるべきだったようです。もう少し頑張りましょう!

スポンサーサイト

コメント

この時期、丸坊主の街路樹よく見かけますね
昔は、大きくなるケヤキなどを植えましたが
最近は、きれいな花の咲くものや紅葉のあるものなどがよく見られます
山でも電線にかかると危ないので電力会社のクレーンがよく来てます

自分の庭には、大きくなる木を植えてはいけないと
最近思います
せめて自分の背丈ぐらいより大き目
梯子を使わないで剪定できるようにこれからは
しないといけません(危ないもの。。。
枝の途中から切る剪定は、樹形がおかしくなることがありそうです
枝の付け根から切るのがわかりやすいですね
でも、地面からすれすれで切って春に新芽を楽しむ花木など花壇向きかも

誰か私にコニファーの剪定を教えてください~
これ、かっこよく仕立てるのが難しくて困っています・・・

植木屋さんを頼むつもりがなければ、
大きくなる木は植えてはいけませんね。
やはり剪定は毎年やったほうがよいので
スモさんのおっしゃるとおり梯子を使わずに済む高さがよいです。

冬に地面からすれすれで切れるのは、新枝咲きのハギやアナベルなど。
数は限られるけど、花壇向きですよね。
ポールさんの本に出てくるコピシングという手法が、それでしょうか?

常緑樹のコニファーは冬は切れないそうです。
春先か初夏、9月が適期!
なかでも3~4月は、切り口もすぐ隠れるからおすすめのようです。
樹形を整えるのは難しいでしょうね。

樹木の剪定は

こんばんわ~

樹木の剪定 果樹の剪定は 1つ1つ違うので 度々冷や汗をかきます。
間違うと 花芽を捨てたり・・・(泣)

持ってる木のすべてのくせを 把握できていません。
特に 花木 果樹は深刻です。
誰か助けて~~ って言いたいとき あります。

2月は松の月ですね。 どうしてても活着するらしい。

とよこさんへ

いつもコメントありがとうございます。

剪定は奥が深いですね。深すぎる~
とよこさんみたいに詳しい方でも難しいと感じられるのでは
私などはお手上げです。
詳しい先生方に取材しても、樹種ごとに細かくいろいろ違いすぎて、
本にはどこまで載せるか、これも難しいです。

花木や果樹では花芽を落としてしまうことは致命傷ですものね。
冬はほとんどの花芽ができているので、本来はあまり切るべきではないのかも~

「2月が松の月」とはどういう意味ですか?
不勉強で初めて聞きました。
今度また教えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Cさんへ

こんなネットの辺境にいつもありがとうございます。

素晴らしい街路樹をいくつも拝見できて、幸せな気分になりました。

環七のトウカエデはこぶだらけで、確かに気の毒ですね。

杉並でも木に関する感性は、私を含めてどんどん薄れてしまっているのだな~と・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/411-653ef951

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。