スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋バラの愉しみ@グリーンローズガーデン 

この秋はラッキーなことにバラの取材が相次いで、秋バラを満喫しています。ありがたや~

だけど、アップが遅くて「お出かけ情報」としては役立たずで、申し訳ありません。
先週ご紹介した斎藤よし江さんの自宅カフェ『グリーンローズガーデン』は、明日17日までが秋のオープンです。←1週間ネボケてました。すみません(汗

グリーンローズガーデン2014秋#4
斎藤さんの著書『ようこそ、バラの咲くカフェへ』で表紙を飾っているカフェの窓辺は今、ロサ・ムリガニーのローズヒップがたわわに実っています(春のようすは  → コチラ)。

グリーンローズガーデン2014秋#3 ロサ・ムリガニーは10mも枝を伸ばす原種で、このように広い壁面を覆うにはぴったりの品種だそう。

「もっと枝を伸ばして、壁一面に花をたくさん咲かせたい」という斎藤さんは、毎冬にすべての枝の誘引をほどいて古い枝を剪定。

壁に花の絵を思い描きながら改めて誘引します。

「どの枝にも日がよく当たるように、枝同士が交差するのを嫌う品種もあるので、毎年の誘引は欠かせません」

広いガーデンの剪定と誘引は、手伝ってくれるスタッフを頼んでも、年末から3月まで続きます。
2006年にオープンガーデンを始めてから、毎年訪れてくれる方や涙を浮かべて喜んでくれる方もいて、このガーデンはもう斎藤さん個人の庭とばかりはいえないのかもしれません。

来年もまた美しく咲かせるには、”好き”というだけでは続けられない。「責任を感じる」という斎藤さんです。

グリーンローズガーデン2014秋#2
春のバラは圧倒的なボリュームで華やかに咲きますが、秋のバラはポツポツとでも色濃く印象深く咲くように感じます。秋に咲かないバラは赤やオレンジ色のヒップを結んで、庭を賑わせます。

空が青さを増し、空気が清涼になってくる日々の中で、味わえる秋バラの魅力。
真摯にバラに向き合う斎藤さんの姿勢とともに、胸にジンと染みました。

グリーンローズガーデン2014秋#5
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/401-42c07e87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。