スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園芸愛好家が見た熱帯の島、バリの庭と植物 

バリ島#4
南の国で、園芸愛好家の目をまず奪うのはリゾートの庭を彩る植栽です。
バリではヤシの木より高い建物は建てられません。上の画像に見える低木のブーゲンビレアや、プルメリアは一年中花を咲かせ続けて、神様へのお供物になります。

バリ島#2 日本では白花が知られますが、ピンクのプルメリアも目立ちました。
下の画像に見られるように、枝ぶりには風情がありません。

バリ島#3 バリ人の手はとても器用で、農民は農作業の合間に絵を描き、漁師は彫刻をたしなむそうで、芸術性に富んだオブジェが庭を飾っています。赤い葉はコルジリネ・テルミナリス。

「芸術の村」と呼ばれ、バリの人気に火をつけたウブドゥにある王宮の庭です(↓)
バリ島#6

ここでもオブジェとリーフプランツの取り合わせ、カラーリーフのバリエが魅力的でした。

バリ島#8 バリ島#7
左)プルメリアの枝に着生したオオシマワタリとビカクシダ。右)花がなくても、クロトンの黄色系の斑模様とコルジリネの赤系の斑が鮮やかです。

バリ島#5そして、こんなところへも行ってみましたよ!

これが植物園のシンボルというのが、日本人には理解不能な『クブンラヤ植物園』です。高さ15mはあるかな~

植物園というので、かなり島の北部プラタン湖付近まで行ったのですが、花の咲いてないオーキッドガーデンや葉の落ちたローズガーデン・・・

カラオケ大会やミニサッカーを楽しむ、市民のレクレーション施設という感じでがっかり。

あとはパワースポットとして知られるガジュマルを見て帰ろう、というときに見つけました!!
バリ島#10 ジュラシックパークを思わせる木立シダのコレクションです。

バリ島#11 大好きなシダにくわえて、この遊び心がたまりません。

バリ島#12 もうこれだけでバリに来たかいがあるというもの!

バリ島#13 恐竜のお腹の中は、意外に普通でした(笑

最後にバリ島で一番大きいといわれるガジュマルにご挨拶。

バリ島#9 バリではガジュマルには必ず精霊がついているので、子供は木の近くで遊んではいけないというそうです。写ってませんかね、精霊は?

神々や精霊の存在をとても身近に感じさせるバリ島での数日。最後に見た夕陽は島の最南端にある『ウルワトゥ寺院』のかなたに沈んでいきました。

バリ島
長いものを最後までおつき合いくださって、ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

南国の植栽は、四季のある国に住んでいるものに
とっては、エキサイティングですよね!
シンゲルさんの興奮が伝わってきます
リゾートならではの美しい庭も。。。

でも、少し中心街を離れたところの植物も
気になりますよね
前にハワイに行ったときに街からはなれたところで
ヒマがいっぱい乱立していて、すごく驚いたことあります
なんだか、懐かしくて(笑
でも、南国は、バラはダメですね

なるほど、シダ類は素晴らしく感動的です!!
ガジュマルにも神々しさかんじますよ

スモさんへ

スモさんのハワイレポートに比べたら、バリはグッと地味ですが
年々きびしくなる夏の庭の参考になりました!

ただ、一年中同じ花が咲いてるのはどうでしょうね?
どんなにきれいでも飽きるかも、と思ってしまいました(汗

南国ではやはりバラはだめですか?
ハワイもそうでしたか?
かと言って、タイほどランも咲いてなかったのが不思議です。

やっぱり花よりシダ、ガジュマルで決まりでしょうか~♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/397-9fdf2429

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。