スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こけおどされてステキな直島 

この週末、台風の直撃を受けた香川県の直島に、1週間前に行きました。

直島 草間弥生さんの巨大オブジェが迎えてくれる、アートの島として知られます。
モネの『睡蓮』が見られる地中美術館へのアプローチは、ジベルニーの庭を模したスイレン池がありまして、園芸愛好家は池のほとりのヤナギを見て「こうじゃなくちゃね」と独り言ちます。

地中美術館
島の人口が1970年代の半分ほどになり、空き家になった家を丸ごと使った現代美術のインスタレーション『家プロジェクト』は、とくに面白かった! 

家プロジェクト 上の画像は、『はいしゃ』だった建物を使った大竹伸郎さんの「舌上夢/ボッコン覗」。
1日見て回って、美術って自由だな~、驚かせちゃった者勝ちだな~、と思いました(笑

そして、園芸愛好家が「アートの島ならでは!」と感じ入った1鉢がこちら~

直島の園芸
この金属の鋲みたいなものはなんだろう??? ユキノシタやジャノヒゲ、オオバイノモトソウなどが、何年も育てられて小型化しているような・・・ ふしぎ~の魅力。

直島の園芸#2 続いて登場したこのコレクションも、なんだか楽しい!
道端にあったので、勝手に撮影させていただいちゃいました。悪しからずです。

1970年に石井 和紘さんの設計による直島小学校を建てた当時から、この島の方向性は決まっていたんだろうかと思うほど、進取の気風があちこちで感じられました。
台風の被害が少ないことを祈ります。

スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん、いいなぁ!
こんなとこへ、こっそり旅行に行ってらっしゃったんだぁ!
東京からは、飛行機ですか?

あの美術館は、有名な建築家の設計のですね
島全体がアートなんて、行ってみたいなぁ

アートな鉢植えの鋲のようなものトタンや波板に使う
ステンレス製の鋲のようだわぁ~
夫が使うの見たことあるような(^^


おもしろいとこご紹介ありがとうございます!

スモさんへ

不定期更新にいつもおつき合いくださって、ありがとうございます。

東京からは高松に飛んで行きましたが、関西からは岡山が近いようです。

何年も前から友人に誘われていて、なかなか行けなかったのですが、
今年はお仕事で別々にインタビューした香港や台湾の照明デザイナーさんが3人も「印象的な明かり」とおっしゃったので、日本人として見ないでおられようかと思ったわけです(笑

あの鋲の正体を教えてくださって、ありがとうございます。
確かに! そうそう。

ほんとに面白かったのですけど、帰宅して翌日には夏バテで寝込むという不始末。
遊ぶ体力ももっと養わなければいけません!

鋲・・・

波板のクギですね。
おもしろい~~
おもしろい所へ行かれたのですね。
台風、逸れたのでは? どうでしょう・・・

とよこさんへ

は~い。おもしろい所へ行ってまいりました。
最初の美術館ができてから、しばらくはお客さんもまばらだったそうですが、
いまや外国からのお客さんも大勢!
地中美術館は開館前に行きましたが、すでに待っている方たちが・・・
とよこさんも楽しそうな所へいらっしゃったようですね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/393-f12e3dd4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。