スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ今、本屋さんでご覧いただけます 

ベランダではパンジー&ビオラがてんこ盛りになり、アネモネやアリウム・コワニーやムスカリなどの球根が次々に咲いています。
バラやクレマチス、モミジなどの芽も動き出して春ですね~♪

園芸の雑誌や書籍もこの時期にたくさん出版されるので、少し紹介させていただきます。

ガイド春号 まずはお馴染みの園芸雑誌、主婦の友社刊『園芸ガイド』春号。巻頭のバラ庭の実例がとにかく凄いです。

38種ものバラが咲く全長20mのパーゴラとか、バラには厳しい北西の斜面にたわわに咲く家とか、パステルカラーの花色がコーディネートされたスクリーンなど、ロザリアンの情熱とワザに圧倒されます。

私は杉井志織さんのペチュニアの寄せ植えページを担当しています。取材で驚いたのは、志織さんに教えていただいたペチュニアの生育適温。夏の花と思われている花が春号で紹介されるのも納得です!

書籍表紙 こちらは農文協刊の書籍『忙しくても続けられる キヨミさんの庭づくりの小さなアイデア』。

人気ブロガー長澤淨美さんの7年にわたるブログから、オリジナリティ溢れるアイデアを抜き出し、未発表ネタも追加して編集しました。

毎日のように更新されるキヨミさんのブログは、「マネしてみたい」と思う記事もあっという間に通り過ぎてしまうので、もったいないな~と思ってまとめさせていただきました。

タネまきから花の見せ方、組み合わせなどを「忙しくても続けられる」ローメンテナンス&ローコストにこだわって工夫しているところが、専門家の視点とは違っておもしろいと思います。

*宣伝だけではなんですから、本作りのバックステージをチラッとご紹介しようと思ったのですが、うまくスキャンできなくて・・・見にくいところはご容赦ください。

下の画像は、書籍の見開き2ページにどんな写真をどのくらいのサイズで入れて、見出しの文言や説明文のボリュームなどをデザイナーさんに伝えるための「ラフ」です。
読めないほど汚い!

書籍ラフ
周囲にあるモノクロ画像がサムネイルと呼ばれる画像のコピーで、その画像番号の下3桁を配置する場所に書いてあります。
どうしても詳しくご覧になりたい方は、クリックすると大きく見られます(汗

これがデザインされて原稿が入ると、下のような2ページに!

書籍P37 書籍P36
地味な作業でございます~(笑

スポンサーサイト

コメント

忙しい3月もあと数日で終わろうとしています
なんと、はや4月ですか!?
そして、園芸雑誌も春号が発売されてもう花いっぱいの
お庭が特集されているんですね!
これは、昨年のから準備されているのでしょうか

だんだんと、自分の庭を人に見せることをあまり意識しないようになって
そうすると、創意工夫がなくなっていくんですね・・・・
シンゲルさんが、編集されたきよみさんのご本拝見して
テンション上がりましたよ!
きよみさんの主婦らしい視点に真似したいなぁと思う技がたくさん<種蒔きの技は、パクります!
ページも1枚目はカラーで見せ場がビジュアルでよくわかります
そして、次のページでは、モノクロでわかりやすい提案や解説
きっと園芸をはじめられた方から、私のようなマンネリおばさんも
楽しめるとおもいました!

お庭の季節の移り変わりもとてもリアルでした
アフターガーデニングもアイデアいっぱいですね

シンゲルさんの地味な仕事の積み重ね、ほんとに
お疲れ様でした
たくさんの方に手にとっていただけますように

smoketreeさんへ

冬の間、園芸愛好家はずっと春を待ち焦がれているのに、
春が来るといつも慌ててしまうのはなぜですかね~(笑

園芸誌でも取材の仕方はいろいろですが、
園芸ガイドの場合はほとんど前年に取材をしておきます。
誌面を作るのに2カ月ほどかかるので、花が咲いてからでは間に合わないから。
でも、1年間寝かせておくのももったいないとも思いますよ。

キヨミさんの本をさっそくご覧いただいて、ありがとうございます。
私としては反省も多いのですが、キヨミさんのアイディアが充実しているので
smoketreeさんのような経験豊かな方にも「おっ!」と思える点があるかもしれません。
私自身もブログに書いたように、おっと思った記事を見失ってしまうのが
もったいなくて企画を考えた次第でした。

でも、庭は人の視線を意識した美を求めるばかりでなく、
自分の好きな植物を思い切り育てるという楽しみもあるはずで・・・
それぞれの楽しみ方を満喫したいものですよね。

こちらこそ感謝です

春号の雑誌は表紙からして目に止まりわくわくしますね。
わが家のバラのお世話は相変わらず最小限です(笑

多くの方から「何回も読んでいます」というコメントを頂き、目指していた本でよかった~・・・と思います。
シンゲルさんの企画と編集に改めて感謝です。

本を購入してくださったsmoketreeさんこの場をお借りしてありがとうございます。
お茶パック、紙コップタネまきは特におすすめです♪

キヨミさんへ

早速のコメントありがとうございます。
また朝も早くから~!(笑
ご本にはたくさんの反響があって嬉しいことですね。
それもキヨミさんが上手に紹介してくださるからだなと思い
私も微力ながらネットの片隅で宣伝してみました(汗
庭づくりも本作りも地味な作業の積み重ねですね。

大事な時に

長らくお休みしていたので慌てました。
だって「江戸の花火」朝顔がもうこぼれ種 芽を出していました(汗)

今日は雨でクラフト。
帰国して1週間。農作業メジロ押し。(笑)

凄いですね~ 編集・・・ 根気ですね。

とよこさんへ

お帰りなさい。お疲れさまでした。
遅れていた春が、お留守の間に一気に来ちゃったので戸惑われるはずです。
気持ちはまだ5000mあたりに残っているのかもしれませんね(笑
まあ、あまり急がずに! ゆっくり復帰なさってくださいね。
お疲れが出ませんように。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/379-a278fce1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。