スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪中に見た今年のらん展 

世界らん展日本大賞2014』が、2月15日(土)~23日(日)まで東京ドームで開催されています。今年の日本大賞に輝いたのは、粟野原潤さんが作出したエピデンドラム’マウント・イイズナ’。草丈1m40cmの花茎8本に咲く花7000個が、「ラベンダー色の雲」と評されています。

らん展2014#4 らん展に詳しいわけではありませんが、小花を咲かせるエピデンドラムで、しかも淡い花色の作品が大賞に選ばれるのは珍しいように思いました。やはり年ごとに傾向があるのでしょうか。

今年のディスプレイ部門では、煙を吐く龍や滝などの大掛かりな仕掛けもほとんどなく。かわりにグラウンドカバー・フェチを喜ばせたのは・・・
らん展2014#9
愛らしいマスデバリアなどの小型のランを、市松模様に仕立てたベビーティアーズ(ソレイロリア)やジャノヒゲ、パセリなどと組み合わせた植栽です。ランにパセリとは!斬新すぎる(笑

らん展2014#8 ディスプレイ部門の最優秀賞を受賞したのは、岐阜県立恵那農業高等学校。一昨年に続いての最優秀賞(昨年の記事は →コチラ)で、今回の展示は3年生2名を含む18名が1日+8時間で制作したそう。

使われているランはほとんど学校の温室で栽培しているので、夏休み中も交代で世話をしてきたと、答えてくれた女子学生の笑顔はとても誇らしげ! 輝くばかりでした。

らん展2014#5

らん展2014#3 さて、今年の呼び物は最新の交配種、青いコチョウランファレノプシス)。

毎年、この”呼び物”は大変な混雑で、写真が満足に撮れないのですが、今年の内覧会は大雪の日だったので、さすがに例年より人出は少なめでした。

それでも、大雪を厭わずランを見に集まる方々っていいですよね~ 帰りの電車は凄い混雑で、車内は殺気立っていたけど、なんだか私は1人ニタニタしてました。

本邦初公開というファレノプシスの原種も多彩に展示されていて、とても可愛らしいです。
らん展2014 らん展2014#2
毎年、このらん展に通ううち、お気に入りのランや自分なりの見かたが少しはできてきたように思います。最後に入り口のオーキッドロードを飾る、対照的な魅力のパフィオペディルムカトレアなどをご紹介。

らん展2014#7
らん展2014#6
スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん、先日の雪は大丈夫でしたか?
都会は、雪が降るとなにやかやと大変なことに・・・
こちらでも、外出はおっくうになります(--;
山梨や群馬の様子を見るにつけてこんな大雪が
降るのかと。。。今後が心配になりますね

らん展の季節が~1年が早いです
これだけは、自分で育てられないので憧れの花です
初心者でも育てられるのもあるのでしょうね
いつか、手を出してみたいですが。。。もう少し先ですね
大賞のは、近くで見たら感激ですね!!
そのうち、サンシャインのクリロー展ですか?
私も2月の末の昨年も行った咲くやこの花館の展示会に行くつもりです
見るだけでも楽しいですよね!

smoketreeさんへ

不定期な更新なのに、いつもありがとうございます。
2週続きの雪で、おんぼろアパートは入り口のひさしが雨漏りの影響で崩落寸前。
わが家のトイレも雨漏りしました~(汗
昨日はスーパーにお肉がまるでない状況。
今日は園芸誌の編集部から
花卉生産地のハウスが雪で壊滅的被害を受けているとのお知らせ!
大変なことになっているようです。

ここまでの被害になるとは思わず、のんきに出かけたらん展は
毎年、ガーデニングシーズン到来を告げるイベントなのに・・・。
咲くやこの花館の展示は今年も楽しみですね。
花や庭づくりが楽しめる穏やかな日々であって欲しいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

jさんへ

早速に「見っけて」くださってありがとうございます。
この20年ほどは植物と庭にデレデレです(笑
ヘタなブログですけど、たまには覗いてくださいな~
お知らせいただいたアドレスにメール出してみたけど、届いたかしら?
またよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/373-a9b9c5c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。