スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢想の庭スケッチvol.2:みずみずしいグラウンドカバー 

寒中にぴったりな脳内ガーデニングとして思いついた『夢想の庭スケッチ』。
1年ぶりの登場です!(汗

カバープランツ2014_01 庭のない園芸愛好家が夢想する、憧れの庭のスタイルとは・・・。今回のお題はグラウンドカバーです。

グラウンドカバーとは、左の画像のように植物で地表を覆うこと。ここでは線形のジャノヒゲ(オフィオポゴン)と銅葉のアジュガがカバープランツとして使われています。

雑誌の撮影で場所をお借りした住宅展示場で、石を配置した和風モダンな植栽です。似た草丈だけど、色も形もまるで違う葉もの2種がいい感じに混じっています。

石の上からバサ~ッと垂れるシダアメリカイワナンテン?の動きに対して、細かなカバープランツが対照的で引き立てあいます。

ここには砂利も敷いてあるのだけど、2種のカバープランツを用いることで、よりナチュラルで味のあるシーンになっていると思いませんか? 
しかも、グラウンドカバーは地表温度を和らげたり、泥ハネを防ぎ、雑草を生えにくくする働きもあります。

グラスに添えられたコースターや茶たくやランチョンマットのように、実用を果たしながら「場を整える」。目立たないけれども、とても大事な存在だと思うわけです。

カバープランツ2014_01#3 上の画像は2007年の『国際バラとガーデニングショウ』に展示された、吉谷桂子さんのショーガーデン。マンネングサなど、横に広がるセダムを何種類も集めた中に、ピンクの小花を散らしたり、ピンクを帯びた多肉植物を加えたり・・・。なんともオサレです。

こうした足元を飾る植栽に手が込んでいると、庭はググッと深みを感じさせます。
私などは目立つ大きな花よりも、小さなカバープランツに目を奪われてしまうグラウンドカバー・フェチなので、庭の仕上げにカバープランツは欠かせないと断言します。

先に紹介したジャノヒゲアジュガなら日陰の庭でもOKですし、セダムのような多肉植物なら土がほとんどないような痩せて乾いた場所でも育ちます。日陰や乾燥地などのように「条件が悪い」と思われる場所でも、グラウンドカバーを施すとみずみずしく感じられるものです。

カバープランツ2014_01#2 カバープランツ2014_01#4
これらは人気のブロガー、長澤淨美さんの庭で2009年夏に撮影したもの。左は2種類のコリウスにイタリアンパセリと斑入りグレコマ、右は3種のコリウスです。コリウスの草丈になると、グラウンドカバーとは呼びにくいかもしれませんが、夏の暑さの中で鮮やかなリーフプランツが花にかわって花壇を埋めるようすがステキでした。

そんな彼女の庭づくりのアイデアをまとめた書籍『忙しくても続けられる キヨミさんの庭づくりの小さなアイデア』(農文協)が2月末に発行になります。2006年からほぼ毎日更新されたブログから選りすぐりのアイデアをピックアップ、未公開の手順やつくり方などもあわせて紹介。はい、私が編集させていただきました(汗

編集の腕はともかく、アイデアがよいので参考になると思います~

スポンサーサイト

コメント

こんばんわ

今日は暖かかったですね。 東京はどうでしたか? グランドカバー、大好き!!
写真のシダは ワラビみたいですね。
この本なのですね。 農文協、2月末・・・
メモメモ。。

とよこさんへ

東京もこの数日は暖かで、まだ(?)植えつけられないビオラの
花数が増えてきました。
だけど、明日は小雪が舞うようで、三寒四温ですね。
そうだ、とよこさんもグラウンドカバーお好きでしたよね。
ファームのグラウンドカバーもずいぶん増えたようで。
雑草との兼ね合いはどうですか?
農文協の本はやっと発売予定が立ちました~
この中でもカバープランツの紹介をしています。
庭の仕上げに大事ですよね。

シンゲルさん、今日は久々にお声をお聞きして
大変うれしかったです!!
先日は,上京してたのにお会いできなくて
残念でした(--;
きっと、ご連絡したら忙しくても来てくださるだろうと思いましたが
心に余裕がなくて、それにやはり電車だと帰りの時間が早くて無理でした
(名古屋からが遠くて。。。。)
次回は、ぜひお目にかかれますように!

編集されていたのは,キヨミさんのお庭だったんですね
きっと、アイデア満載~ぜひ手に取りますね
グランドカバーは、花壇の手前には土止めにもなりますもんね
よかった!よかった~~♪

smoketreeさんへ

今日はお忙しいところへ失礼しました。
やはりバラのことはsmoketreeさんに聞かないと!
コブはかなり大きくて、根っこは少ないので
バラは苦しそうだったのだとわかりました。
よみがえるとよいけれど~
東京デートはまた次の機会を楽しみにしてますね。
そっかー、グラウンドカバーは土留めにもよいですね。
書籍は今週末の色校正を残すだけになって、
今日はやっとビオラを植えつけ、バラを植え替えました。嬉しかった~♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/372-b39c6ee3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。