スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『水と緑のオアシスとっとり2013』9月21日から開催 

6月に取材に行った第30回全国都市緑化とっとりフェア『水と緑のオアシスとっとり2013』が、いよいよ9月21日(土)~11月10日(日)に開かれます。

私が取材した記事はサカタのタネ会員誌の『園芸通信』9月号に、現地で一緒になった『園芸ガイド』も今月8日発売の秋号で、フェアの概要やフェアアドバイザーのポール・スミザーさんが手がけるナチュラルガーデンを紹介しています。

鳥取2013_06#2
まだ重機が右往左往して、春から雨がほとんど降ってなかった6月から3カ月。今夏の猛暑やお隣の島根県での大雨などが案じられましたけど、どんなふうに完成したでしょう。

現場で汗を流していた職人さんから植物名を丁寧に教えてくださった職員さん、取材班を案内してくださった広報担当者の顔が浮かびます。

鳥取2013_06鳥取2013_06#3
左)鳥取県が分布の最南端になるハマナス、右)ポールさんがナチュラルガーデンに植えたウツボグサ

ポールさんは今回、これら海岸性植物をたくさんガーデンに植えています。というのも、メイン会場になっている湖山池をはじめ同じ鳥取市内の砂丘や、浦富海岸などはユネスコが認定した『山陰海岸ジオパーク』。そこに自生する多彩な植物こそが、鳥取ならではのユニークな植生をさらに魅力的にしています。
鳥取2013_06#4
ジオパークとは、科学的に貴重な地球活動の遺産と認められる地形などが見られる「大地の公園」。フェアを訪れる折には砂丘や浦富海岸にもぜひ足を伸ばして、ダイナミックな地球の昔話を体感していただきたいと思います。

ポールさんによれば、「海岸性の植物は、日差しが強く当たり乾きやすい屋上や駐車場などの緑化にもぴったり」とか。どんどん厳しくなっている夏の庭でも、使ってみたいものがみつかるかもしれません。

鳥取2013_06#5
スポンサーサイト

コメント

いよいよ、今日から開幕なんですね
台風の影響はなかったのでしょうか
今年は、何度も大雨の被害がありましたから
心配です。。。。。

さすがポールさんの植栽は、ダイナミックですね
ウツボグサの後に大型のアザミのようなものが~
手が入れられてないような雰囲気がかっこいいです
きっと、他にもなるほどと思わせる演出があるのでしょうね
以前に鳥取砂丘まで日帰りで行ったことあるので
がんばれば、いけるでしょうか・・・・

smoketreeさんへ

いよいよ開幕ですけど、今日はTVなどで紹介しているものを見ませんでした。
人が集まるか心配です。
中国道の途中から無料の高速が鳥取へつながり、
大阪からは3時間くらいみたい。意外に近いようです。

ウツボグサの後はノアザミですよ~
さすがsmoketreeさんは見逃しませんね。
まあもう少し時間が経ってからのほうが庭はよいかもですが
フェアならではの展示もあるので
機会があったらお出かけくださいね。
その際にはぜひ浦富海岸にも!

私は

行こうかと思っています。
帰っていた息子も バイクでツーリング 行こうかな? 9号線使って。と

ベニシアさん 好きだけど。。。 本だけ。

仕事 頑張って下さい!

とよこさんへ

いつもありがとうございます。
いらっしゃれるようでしたら、ぜひ浦富海岸や花回廊なども回ってみてください。
私的にはトータルで◎の印象でしたから!
余裕があれば足立美術館や出雲大社・・・
日本海側はなかなか出かけられないので、訪ねたい場所がいろいろあります~
ベニシア展はクラフトやお料理メインかと思いましたら、
意外にガーデン関連が充実してて楽しめました。

お仕事がんばります! 勝手なことですが、ご容赦ください<(_ _)>

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/364-4f0c9d3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。