スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の庭を救うためにできること 

アンジェ2013_07#5 暑中お見舞い申し上げます。

融けてしまいそうな暑さが続くと、花をきれいに咲かせ続けるなんて至難のワザだと感じます。

そんななかで草丈1m以上に育ち、あでやかに咲いていたエキナセア

近年、ヨーロッパで改良された品種が続々と登場して、人気の出ている宿根草ですね。

7月上旬、東京・調布の『京王フローラルガーデン・アンジェ』でみつけた、猛暑の中でも魅力的なガーデンシーンを紹介します。
広々したアンジェには、何種類ものエキナセアが植えられていましたけど、元気に育っていた3カ所の画像です。ほかは、とけたり虫に食われた株が目立ちました。

アンジェ2013_07#8 やはり八重咲きよりシンプルな一重咲きの品種のほうが、丈夫なんでしょうか?

アンジェ2013_07#13 どれも品種が同定できないけど、この黒軸(茎が黒い)は’ファタルアトラクション’かな~

白い花々や斑入りツルニチニチソウの葉を背景に、赤いセンニチコウとの取り合わせがパキっと鮮やかに引き立ちます。

この画像は石を積み上げたロックガーデンで、前の2枚は通路に面した花壇の縁。通路に対していくらか高さがあって、水はけよい場所が好みではないかな~?と、思いました。
そんなふうに場所さえ適せば元気に咲く子がいる一方で、どこでも元気な子もいます。

アンジェ2013_07#7 メチャメチャ自由奔放に暴れますけど、夏いっぱい涼しげに咲き続けるガウラ

アンジェ2013_07#6 いやぁ~、夏の間はもう花がら摘みなどしたくない、という方におすすめするのはカラーリーフの組み合わせ。細いニューサイランや迫力あるカンナの葉をアクセントに、黄色系のコリウスや銅葉のイポメアなどで面積を埋めて、花より強烈な彩りを展開しています。

日陰もカラーリーフが実力を発揮するところで、
アンジェ2013_07#11 アンジェ2013_07#10
左は1株のニューギニアインパチエンスに、ピンクの斑点が入るヒポエステスやピンクのベゴニアの葉が、薄暗い日陰に妖艶な彩りを見せています(あ~、ニューギニアインパがピンクだったらよかったのに!)。

右はそれらの下草の上で、ダリアやカシワバアジサイの大きな葉っぱが、ギボウシのパラパラとした花の背景になっているようす。

アンジェ2013_07#14 もちろん、自分の庭に水辺があったら、こんなウォーターカンナも群れ咲かせてみたいと夢見るけど~
ベランダだって小さなバケツ1つあれば、ウォーターガーデンはできるもの!

アンジェ2013_07#12 暑さや乾燥に強い植物をどれだけたくさん知っているか。夏に多い黄色やオレンジ色の花にはどんなカラーリーフが似合うのか。見せたくない花壇の奥は何で隠すか・・・

ステキな庭を丹念に見ていくと、自分の夏の庭を救うためにできることがまだいろいろあるって気づけるかもしれないね~♪

スポンサーサイト

コメント

これから

あつ~~い夏が・・・・
これまでも結構、暑かったけれど。
温暖化、顕著ですねぇ。。。 みんな辛い。

元気な花もいっぱいある~~。
頑張らないと!(笑)

下から2番目の紫は なんて花ですか? きれいですねぇ。 ついつい紫に目が(笑)

とよこさんへ

ついに今夏はロンドンで蚊が発生してるらしいです(笑
東京は夜も温度が下がらないのが厳しい~
わが家は夕飯を作る時からエアコンを入れるので、一晩中ベランダは熱風にさらされます。
それでも元気でいてくれることが、マイプランツの条件(笑
お蔭さまでピクシーはきれいな茎葉を伸ばしています。
夏は休眠するのではなかったでしょうか?
水辺の紫の花はウォーターカンナです。ステキですよね~

ピクシー

常緑です。きれいなグリーンでしょ。
懸崖イコール這性? 友人はビジョウを這わせていました。 これもありか!でした。

挿し木が簡単にできるので やってみてください。

とよこさんへ

ありがとうございます。
ピクシーは常緑なんですね。
ジングルベルは夏に枯れるのが申し訳ない!
挿し木はしませんよ~
スペースがないんですから(笑

暑いです・・・・
こんな時間になると、こちらはいつもは涼しくなるのですが
暑くてたまりません
でも、クーラーは入れてません、もう、都会の夏の夜に
寝るのは無理だとおもいます

エキナセアは、東京の夏も元気なんですね
私は、一度お高い八重を枯らしたのに懲りて一重にこだわることにしました
ですので、よくわかりませんが一重は、かなり強いはずです
黒軸のは’ファタルアトラクション’ではないでしょうか~他には、ないはず
おっしゃるように、過湿に弱いです
乾燥気味がいいようですね

私も自分の庭を救うために日々、がんばっています
1ヵ所片付けたら、もう次のところがぼろぼろ。。。。
顔から汗が流れて虫には刺され、ひたすら忍耐
これは、修行としかおもえません!

smoketreeさんへ

いつもありがとうございます。
smoketreeさんのお住まいのあたりでも夜温が下がらなくなっていますか。
昼間暑くても、夜や明け方に涼しければ、人も植物もずいぶんラクなのにね。
東京は少し「戻り梅雨」めいています。
今日は箱根で吉谷さんの寄せ植え撮影でしたが、結構降られました(涙

エキナセアはやはり一重が強いんですね。
そしてやはり乾き気味が好み!
おお、私の観察もまんざら外れてないかしら?
smoketreeさんやとよこさんみたいに汗する庭がないので、
せめて汗した方を思いながら、その庭を見ようと思います。
夏の庭を救うのは並大抵のことではありませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/356-a0ca0771

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。