スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポールさんが京王アンジェにやってくる! 

先月初め、全国都市緑化フェア『水と緑のオアシスとっとり2013』の取材でお目にかかったガーデンデザイナーのポール・スミザーさん。1970年にイギリスのバークシャーに生まれ、90年に来日というけれど、素晴らしい日本語で話されます。

そのときに「今度、東京へも行くよ~」とうかがったセミナーが、7月9日(火)に京王アンジェで開かれます。
テーマは、自然の理を活かした「季節感あふれるナチュラルな庭づくり」
■日程:7月9日(火) ■時間: 午前コース: 10:30 ~ 12:30 午後コース: 13:30 ~ 15:30 ■参加費:3,500円(入園料込み) ■定員:各回50名(事前申込) ■申込受付:京王フローラルガーデン 042-426-3553まで

先月の鳥取では、なぜいまナチュラルガーデンが注目されるのかとか、アベノミクスはど~よ!などなど、政治や経済まで含めて、園芸のいまを語ってくださったのが印象的でした。今回は2時間たっぷり! どんな話になるのか楽しみ~♪

7月5日からは八ヶ岳・清里高原の『萌木の村』のレストランやフィールドバレーなどの催しもアンジェにやってくるとか。八ヶ岳に住んでいるポールさんは、萌木の村のガーデン改修にも取り組んでいるそうで、そちらの庭も気になるところ。

9日はポールさんが八ヶ岳で採種した「宿根草のたね(12種類)」の販売もあるらしい。
京王アンジェで八ヶ岳の初夏の風を感じられるかも~デス・デス。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/354-b974524a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。