スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際バラとガーデニングショウ2013へGO! 

今年もワクワクドキドキしながら行ってまいりました『国際バラとガーデニングショウ2013』。

国バラ2013#2 まずエントランスを飾るガーデンが素晴らしいな~と思ったら、昨年のガーデン部門で大賞を受賞した欧州建材によるものでした。      昨年の記事は  →コチラ

国バラ2013 アーチの手前はホワイトガーデンで、向こう側はワインレッドのバラダイアンサスの間を、紫を帯びるキミキフガで埋めるという濃厚なカラーガーデン。

「わぉ~」とばかりに撮影していましたら、カメラのバッテリーが切れました(泣
申し訳ございません<(_ _)> 途中から携帯画像になります。
しょぼくれた私を我に返したのは、奇妙な音! 驚いてあたりを見回すと、今や園芸家というよりナチュラルオーガナイザーとして知られる神田隆さん制作のエリアから聞こえるらしい。

国バラ2013#3 神田さんが作ったのは、米国の絵本作家ターシャ・チューダーを偲ぶ庭。奥に見える小屋の向こうに、ヤギや鳥たちがいて鳴いているのです! 
事務局によると、展示に動物を入れたのは初めてとか。ぜひ実物を見に会場へ!

国バラ2013#4 果樹園に咲く低い草丈の花も人気を集めていましたが、

国バラ2013#5 真骨頂はジギタリス、アイリス、宿根リナリア、キンギョソウなどなど、草丈の高めな草花を配した華やかなボーダーガーデン。ご本人にうかがうと、樹木などはすべて群馬県で営むオーガニックガーデンファームから搬入。「もう農繁期だから、ほんとは畑にいなくちゃいけないんですよ」と、すっかり農業者だけど、実際よく日に焼けたお顔でも、草花をいじれば華やぎを与えるセンスは変わらない。力の入ったテーマガーデンだ。

一方、英国園芸研究家の吉谷桂子さんが手がけたのは、女優オードリー・ヘップバーンの愛した英国庭園『ティンティンハルハウス Tintinhull House』のウォータガーデン。

国バラ2013#9 吉谷さんが敬愛する園芸家ペネロビ・ホブハウスさんの作った庭を再現しながらも、池の左右に暖色と寒色を使い分けたカラーコーディネートは吉谷さんならでは! 調和しながらも、それぞれの花の個性が生かされている。

こうしたショーガーデンでは、詰め気味に植えることで見映えをよくするものだけど、やりすぎると「お金かけてます」風な印象になるし、第一花が窒息しそうで可哀想になりませんか? 吉谷さんはそこをギリギリ我慢して、色と形の違いでメリハリをつけているのではないかしら。

国バラ2013#8 今年、ガーデン部門の大賞になった『空間想像工房 アトリエ朴』の庭も、植物の種類を抑えて株のボリュームを生かした庭。一輪車やスコップを使ったガーデンチェアのアイディアも光っている。

15回目となる今年はほかにも見どころたっぷり。最後にガーデン部門でもうひとつ気になった生田直也さんデザインの庭を。

国バラ2013#7 国バラ2013#6
こちらもあまり種類を欲張らずに、池のほとりのカラーやアイリス、ドア前のプリムラ・ピアリーが際立っていました(画像をクリックすると大きく見られます)。やっぱりそれぞれの花の美しさを感じられるとシアワセ。

スポンサーサイト

コメント

本物のヤギや鳥がいるの??!!!
バラよりも、ガーデンの方が多いのでしょうか。
お花に包まれてるって、ホント幸せですよね^^
来年は行こう!

achamiさんへ

いるのよ~。本物が!
バラの品種紹介やコンテストはありますが
バラを使ったショー&コンテストガーデンが50以上も見られます。
園芸店やナーセリーの出店もいっぱい。
毎年、ここで初めて見る植物に出合えるのも楽しみです。
16日までだから、来年といわず、今年ぜひ!

今日、テレビのニュース内でもやっていました〜。シンゲルお姉さんはあっちゃこっちゃと飛び回っておられますね〜!
我が家の雑草たちは、抜いてからわずか10日あまりでまた顔を出していますぅ。(泣)

凄いショウ・・・

 こんばんわ~
目が天、ですね。
池の向こうとこちらで 暖色、寒色。お見事ですね・・・ 花達の量も難しいのですね。

オルラヤ、ですが 家の庭ではカサブランカと。。。ベンケイソウは負けています。
クリスマスローズは埋まっています(汗)
ファームでは ブルーベリーと競争して、ブルーベリーが不調になり、慌てて剪定しました。(ほとんどカット)・・・・
すんごい勢いです。 ぴーちゃんさんも「でかすぎ~~」だって。
バラはやっと カウントダウン・・・

そうです。園芸G紙 Aさん宅と Yさん宅
どちらも豪快ですよ。なんたって環境に恵まれておられます。 Aさん宅はバージョンアップされてて、気合が入っています。Yさん宅はまだ、です。 
私は、恥ずかしいですよ。初めて、だから許してもらいますね。(笑) 

まるたさんへ

今朝のニュースで吉谷さんの庭を紹介していましたね。
今はバラシーズン。1年でもっとも華やかな時期なので
この時季にヒマしてるようでは食べていけません(笑
土中には膨大な草のタネが埋もれていて、
生えている草が抜かれて日が当たると次の草が発芽します。
防草シートやチップでカバーするか、カバープランツ導入でしょうか。


とよこさんへ

オルレア情報をありがとうございます。
ブルーベリーを負かすとは、恐るべしオルレア!
1mに育ったのはカサブランカとブルーベリーの側ですか?
やっぱり大きなものの側だと大きくなるのかしら?
でも、クリローの草丈にはそろわないんですね。
う~ん、強いのはわかったけど、草丈の件はまだはっきりしませんね。
オープンガーデンはいろんなタイプの庭があるから面白いんです。
とよこさんのファームは、とよこ流ファームスタイルを確立する方向で(笑
バラの開花が近づいて、ファームも華やぎますね。

シンゲルさん、また国バラの季節がやってきましたね
プレに行かれてるとおもってました
私もいつか行きたいけど、たくさんの人を見たら
買い物もゆっくり庭を拝見するのも億劫になってしまいます
皆さん、買気すごいですね

私の庭もリアルショーガーデンに近づけるように
がんばりましょう!
もう、自己満足のせかいですが・・・・・

smoketreeさんへ

は~い、今年も行ってまいりました。
今年はプレにも一般の方が多かったようで、
ショップもほぼ開いていて、賑わっていました。
確かに人出が凄いところへは近づきたくないけれど、
やっぱり見ておきたいものなのでね。
午後遅めとかならそんなに混まないのではないかな?
そうそう、smoさんはリアルな庭で充実されているのですよ~
自分の居心地の良さを求めて、庭を作るのですから、自己満足追求!(笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/348-64efce96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。