スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界らん展』レポvol.3 お気に入り 

世界らん展』もいよいよ今週末まで。明日からは池袋のサンシャインシティで『第11回 クリスマスローズの世界展』が始まります(~24日)。

お仕事でも種苗通販カタログの夏秋号や、園芸雑誌の夏号が早くも動き出して、今年もガーデニングシーズンが開幕した実感!

毎度のことながら慌てふためいておりますが、『世界らん展』で私が気になったものをご紹介しておきます。

世界らん展2013#11 「オーキッド・ロード」と呼ばれる入り口を飾ったエピデンドラム。
カラフルで明るい彩りは、華やかなランの世界への序章にぴったりです。

世界らん展2013#12
世界らん展2013#13 今年はランならではのカラフルな花色に心が浮き立ちました。

本棚のようにディスプレーされたカトレアたちもかわいい~♪

多色づかいは散漫な印象になりがちなのに、色のトーンがそろっているからか、ちっともうるさくなくて魅力的。

それぞれが透明感あるきれいな花色だからかな~

カトレアの花の顔が、バルコニーから来訪者を見下ろしているみたいで面白いでしょう。
率直に申し上げて、今回はディスプレー審査部門の作品がマンネリを感じさせて、ちょっとガッカリでした。そのぶん、品種の魅力が目をひいたので、やっぱり何かは「見るべきもの」があるんですね(エラそうに)。

世界らん展2013#10 品種で一番気になったのは、このオンシジウム’モーニングメドレー サクラ’。ランにはあまり見られない柔らかな色合い、和を感じさせる雰囲気もステキです。
1鉢4500円だったかを2鉢お買い上げのマダムを、ジッと見つめてしまいました(笑

世界らん展2013#16 世界らん展2013#15
審査部門の大型ランと超小型のラン。ラテンの名前は難しすぎてパ~ス~。左の品種名’ホワイトスター’はまるで七夕飾りみたいな造形美だし、右は薄紙細工みたいです。どちらも生き物離れした美しさ!

もっとも進化した植物と言われるランの魅力は、ナチュラルとは一番遠いところにあるな~と思ったものです。

スポンサーサイト

コメント

凄い 凄い!!

そうなんだ・・・
趣味園でやっていたのですね・・・
惜しい事 しました。
テレビの前に居たのに・・・(笑)

フラワーセンターで 楽しむ事にします。
ちょっと桁違いですが。我慢・・・

毎年続けていくって 本当に大変ですよね。
凄いお金と時間がかかる・・・
洋ランなんか 新しい品種出すの、時間がかかりますよ。 ため息です。フゥ~~ッ

オンシの9000円、ねぇ・・・無理!サクラ、ねぇ・・・

とよこさんへ

私もTVは見逃してしまったわ。残念~
そうか、とよこさんの地元ではこれからラン展なのでしたね。
私は今日、クリスマスローズ展へ行ってきました。
去年より凄い人出で、売り場に詰め掛けたマダムたちの鼻息も荒かった(笑
みなさん買う気満々なのは、アベノミクスのせいではないですよね~
池袋駅からサンシャインシティまでの道も平日なのにお祭り騒ぎで
結構くたびれました。
なので、アップはまた後日に~
(オンシは諦めたけど、3年間指をくわえて見つめてきた雪割草はついに買ってしまいました。テヘ)

雪割草~~

雪割草をゲット、ですか。
お値段 高いのですか? ひらりんさんに種を頂いて、播いて、芽が出て・・・
3年、かかりました(爆) 何か1つくらい花をつけてくれるでしょうか・・・
例の 枯らす名人の妹が 指をくわえて待っています。はたして・・・
結構な数 7.5cmポットに 並べております。 お楽しみに~

こんにちは!
クリスマスローズ展、新聞で見て
シンゲルお姉さん行かれるだろ〜な〜と
思っていました。(笑)
近所の書店では、園芸本コーナー
かなり広がっていますよ。

とよこさんへ

雪割草は6cmポットで500円でしたよ。
3つも買っちゃった(笑
どれも単色の一重ですけど・・・
ステキな八重咲きの10cmくらいの鉢植えは9800円でした。
実生で発芽まで3年かかるなら、やはりお高くなりますよね。
とよこさんの咲かせる雪割草が楽しみです。


まるたさんへ

お久しぶりのレスじゃないですか。
ありがとうございます。
エヘヘ、行ってまいりましたよ~
春なので園芸書も少しは「売れそう~」と思ってもらえるのかしら?
アベノミクスで日本破綻へ一直線でなければよいですけど・・・(汗

がくめい。

ラテン語の学名は覚えたくないですよね~~~ でも、一番下左の1枚は、「アングレカム・セスキペダレ」。かのダーウィンがこの花の長く伸びた距の奥にある蜜腺を見て、そこまで届く長い口を持つ蛾の存在を自説の進化論(共進化モデル)から予言し、数十年後にその蛾、キサントパンスズメガが発見されたという、生物学史に欠かせないランです。記憶に留めておきたいですね。

スタジオAさんへ

まあ、久しぶりのお出まし、ありがとうございます。
って、いつの間にかブログ再開されてたんですね!(嬉
アングレカム・セスキペダレとは、そのように生物学史上に光り輝くランだったとは・・・
素晴らしいポイントを教えていただいて嬉しいです! ありがとうございます。
キサントバンスズメガだけに蜜を吸わせるメリットもあるのでしょうかねぇ~
共進化・・・深いなあ~

カラフルなカトレアの花は、やはり高貴なイメージですね
オンシジウム’モーニングメドレー サクラ’私も気になります
シンゲルさんのおっしゃるようにまさしく和風ですね!

そして、もっと驚いたのはダーウィンゆかりのラン・・・・
姿も特異ですが、そんな長い吸い口をもつスズメガがいるのもびっくりですね
アングレカム・セスキペダレ~見てみたい!

行かなかったので・・・

ラン展も、クリスマスローズ展もいらっしゃったのですね。
今年も行けなかったのでご紹介していただき嬉しいです。
クリスマスローズ展のご紹介も楽しみに待ってます。

smoketreeさんへ

オンシジウムの’サクラ’はステキですよね~
アングレカム・セスキペダレも、スタジオAさんに教えていただいてビックリ!
アカデミックな背景を知ると、より印象深いです。
それでも学名が覚えられない私なので、
師匠であるAさんにはいつも呆れられておりまする~(汗


長澤家キヨミさんへ

年末以来ご無沙汰してしまって、すみません。
世界らん展とクリロー世界展、そして国バラの3つは、
その年の園芸界(愛好家)の様子を見るのに、
やはり外せないイベントかと思っています。
クリロー展のアップはもうちょっとお待ちくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/339-69c19847

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。