スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実のベランダで学ぶ冬の作業 

妄想の庭のスケッチはなんの条件も制約もなく、お気楽なものだけど、現実のベランダでは狭さとの闘いが・・・

ベランダ2005 左の画像は2005年春。6号ポットで購入したモミジ”青枝垂れ”をイタリア製の10号鉢に植え、ティアレラシクラメンヒメヒオウギなどを下草にして、悦に入っていた。

それから8年が経とうという今冬、初めて枝垂れモミジの剪定について少し勉強した。

枝垂れモミジや枝垂れモモなどは、枝垂れる樹形を生かすため、ある程度の樹高が必要らしい。

でも、ベランダでは大きくできないから、今まで上に伸びる枝はすべてカット! 樹高は止めて枝垂れるラインだけを求めたつもりだったのに、根本的な間違いが判明してショックだった(泣
そもそも枝垂れる樹木はあまり切らないで、「枝を透かす」程度の剪定を心がけるという。この「枝を透かす」とういう剪定法はよく園芸書に出てくるけど、具体的にわかってなかった。

当然ながら、枝の途中でバチンと切ってはいけない。モミジなら1節から3本の枝が出るから、それを2~1本残すように切る。また、枝垂れ樹形では太く丈夫そうな枝を切り、上下にある細くしなやかなラインの出る枝を残すといいらしい。
透かすとは文字通り、日差しを枝の内側まで届けることだ。

今や枝の広がりがベランダの奥行きいっぱいほどになっている’青枝垂れ’には、窮屈な思いをさせて申し訳ないけど、今年はいくらか理にかなった剪定ができたかもしれない。

ベランダ2006 上の古い画像を引っ張り出して、「この当時はまだベランダも余裕があったな~」と感慨深かった。

今ではこの隅にアイアンの棚があり、中段にクレマチス2種が押し込められている。ツル性のクレマチスは株元が日陰でも、伸びた茎葉に日差しが当たれば花が咲く。

右は冬咲きクレマチス’ジングルベル’2006年の画像。なんとも愛らしいでしょう。

ところが、このツルがベランダ上部に届き、非常脱出口から階上まで伸び出そうになった(汗

ツル性のクレマチスは、前年に伸びたツルに花を咲かせる旧枝咲き
と今年伸びるツルに咲く新枝咲きタイプがある。’ジングルベル’は旧枝咲きタイプ。

伸びたツルを切ってしまうと、翌年の花が咲かないので、麻ヒモを張り巡らしてツルを誘引してきた。そのツルが夏は休眠するため、枯れた葉がついたまま汚い。鉢の植え替えをするたび、ツルをほどいては折るのも哀しい・・・とても残念な1鉢になった。

折れたツルはあちこちセロテープで補強してきたけど、ついに一昨年は花を諦めて大きく切り戻し。今冬も開花しなかった株から、今は盛んにツルが伸びてる(笑

枝垂れ樹形の木や旧枝咲きの冬咲きクレマチスは、ベランダには向かない。そうわかる(諦めがつく)までに6~7年もかかった。まあ、育ててみて初めてわかることだから仕方ない。ちっぽけなベランダでのガーデニングでも学びはあるということ!

スポンサーサイト

コメント

青葉のしだれ柳・・・

うちにも枝垂れ柳ありました・・・(過去形)
大きくなりすぎて ミノムシだらけになって・・残念ながら 切りました。透かしていたと思います。
植木屋さんの友達が居て 手ほどきを~
役にたっています (*^_^*)~~
ジングルベル、消えました・・・無念・・

思うようにはなかなか・・・(笑)

とよこさんへ

おお、枝垂れヤナギとは風流ですね。
しかし、ミノムシだらけになるとは驚き!
私は昨年1年間、種苗会社の会員誌で果樹の連載をお手伝いしまして
「剪定」に目覚めました(笑
一時は道を歩いても街路樹の剪定が気になってしょうがなかったくらいです。
でも、実際にどう剪定するか、本などを読んでもわからない部分が多いので
とよこさんはお友だちに教えてもらえて羨ましい。
ほんと思うようにはなかなか・・・です。
ジングルベル、再挑戦されるお気持ちありましたら、お送りしますよ~

日々精進ってところでしょうか(笑)
紅葉、立派になっていたのねぇ!今年は紅葉の時に、お茶菓子持って見物に行きます♪

ウチのベランダは・・・放置状態(^^;;

achamiさんへ

そうだった! このモミジはachamiさんと横浜に行って買ったのよね~♪
今年もまた園芸店巡りしましょうね。
その前に深大寺のクリロー展かな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/334-cae80d66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。