スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の終わりのガーデンとショップ 

もう暦の上では冬。あちこちから雪の便りが届く。
さあ、急いで最後の秋バラを見なくちゃ! 球根やビオラも買わないと!

アンジェ
気持ち急くように訪れたのは、東京都調布市にある『京王フローラルガーデン アンジェ』。
紅葉をバックに、四季咲き性のバラ’ノックアウト’が咲き誇っていた。
出かけるまで降っていた雨が嘘のような青空にも映えて、美しい。

そんなに広いわけではないけれど、ダイアナ妃や美智子妃、モナコ妃というお妃の名を冠したバラを集めてあり、ロマンティックなローズガーデン。絵を描いている方の姿もあった。

アンジェ#2
ボーダーガーデンで伸びやかに育っているのは、サルビア’イエローマジェスティ’。
メキシコ原産種の園芸種で、草丈2mになるそう。広々した庭園ならでは!

アンジェAngeとは、Amenity Natural Garden of Europe(心地よい自然にあふれた欧風庭園)の略なのだという。モクレンやハナミズキなどの花木を集めた一帯や、広い芝生広場に水路を挟んだ水辺の植栽などもあって、春や初夏の賑わいが目に浮かぶ。
誘ってくれた友人Aちゃんに感謝。

宝塚ガーデンフィールズ』が来年いっぱいで閉園すると聞いて、大ショックだったので、同じ電鉄系のガーデン『アンジェ』には、東京都下で親しめるガーデンとして頑張って欲しい~

アンジェ#3 アンジェ#4
左はカンナアガベススキなどの葉の茂み。右はデッキの落ち葉たち。
華やかに咲く花々だけでなく、心にしみる植物の姿がそこかしこに・・・

ただし、併設のショップでは探し物がみつからず、足を伸ばして八王子へGO!

グリーンギャラリー#3
先だって井の頭公園の「緑化フェア」の出展を見て、どうしても行きたかったショップ『グリーンギャラリーガーデンズ』。
ここは欧風の石のオーナメントやコンテナと、リーフプランツの充実度が高い。本格的なイングリッシュガーデンを作りたい人には、たまらないお店。

つる性斑入りのフィカス・ラディカンスとか、丸い葉形がかわいい銅葉のユーフォルビアなどを見たら、欲望と闘うのは難しい(笑

グリーンギャラリー グリーンギャラリー#2
見て見て! この同系色コーディネートの寄せ植え!!
赤い葉っぱだけで何種類入っているか。画像をクリックして大きくご覧くださいな~

 
スポンサーサイト

コメント

ポカポカ天気に恵まれて、贅沢なツアーでしたね(^^/

下の寄せ植え・・・ワタシは気付きませんでした。お魚見てたし(笑)
寄せ植え完成したら、見せて下さいね♪

素敵なお出かけでしたね。
ノックアウトは、四季咲きのかわいいバラでうれしくなります。
名前を冠したバラって、たくさんあって集めると楽しいですね。

話題のガーデンフィールズ、この日曜日に行ってきます。
枯れた寂しい庭もいいでしょうね。。。。。

寄せ植え、大きくしてみましたよ~
黒系のは、ブラックキャベツみたいですね(ハボタンかなぁ?
私のも1株あるので参考にさせていただきます。

achamiさんへ

お世話になりまして、ありがとうございました。
たっぷり楽しみましたな~
帰宅後に確かめたら、やっぱり京王パスポートを持っていた! 400円の割引は残念すぎる。
そうそう、achamiさんは植物も好きだけど、動くもののほうに反応しちゃうからね(笑
今回買った植物の寄せ植えはとてもうまくいきそうにない!
やっぱりフリルのパンジーというのが「がら」じゃないから?


smoketreeさんへ

さすがsmoketreeさんはご存知の’ノックアウト’! 病気に強く初心者向きらしいですね~
それにしても、この週末に『ガーデンフィールズ』とは羨ましすぎる。
できたら四季ごとに訪れて、目に焼きつけておきたいようですね。
モノクロ系の寄せ植えは、ブラックキャベツ(アカキャベツ)とチリメン系のハボタンかと思います。
どちらも管理の手間がかからなそうなのに、華やぎのある寄せ植えですよね~

ご心配をおかけしました~

グリーンウォッチ よかったですね。
寄せ植え 2つとも同系色がいいですね。
私はチンドン屋になる・・・
前に 点、面、線・・・と。
全てに共通ですね。


やっぱりキャベツ! 私も使いますね。寄せ植えでなく 単品で。ボリューム出ます。
日曜日 私も合流~~(*^_^*)~~

とよこさんへ

こちらこそいつもコメントいただいて、ありがとうございます。
グリーンウォッチはやっぱり誘ってくれる友人がいると嬉しいですよね。
とよこさんもガーデンフィールズとは!
いいな~いいな~♪ smoketreeさんと盛り上がるに違いない!!

同系色の寄せ植えは映えますよね。
「形の違うものを隣り合わせるのが同系色のコツ」と、
園芸家の吉谷桂子さんがおっしゃってました。
セオリーは頭に入っている私で~す(汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/326-5858137f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。