スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ満開の小石川植物園へ 

今日はどうしたって、この話題から~

小石川植物園2012
都心のサクラが満開になりました!
以前お世話になっていた女性誌元副編集長のFさんからお誘いいただいて、小説家の松井今朝子さんとお花見に。Fさんのご自宅近くの播磨坂~小石川植物園というコースは、東京に住んでいても知らなかった穴場です。

播磨坂
播磨坂は第2次世界大戦の戦災復興事業として作られた通りで、上下2車線ずつの中央分離帯が遊歩道になっています。150本のソメイヨシノを植えたのは、近隣の有志だったそうで、戦後の復興にかけた人たちの思いを、リアルに感じる今年の花見となりました。

と、いうのも昨春は震災直後の沈んだ気分を抱え、屋台の灯が消えた大宮公園に松井さんと行ったのです。「今年はともかく穏やかな春を迎えられてよかった~」と、言い合いました。

小石川植物園2012#2
小石川植物園は、正式名称が東京大学大学院理学系研究科附属植物園。はじまりは江戸幕府の薬草園です。小説や映画『赤ひげ』でも知られる小石川養生所も園内にあったもの。

世界1巨大な花ラフレシアの開花で知られる温室が老朽化して、建て替えなどを目的にしたライフィングリーン計画というプロジェクトが進んでいます。

植物園というより樹木園という趣きで、正門そばの本館奥に、上の画像のようなサクラ林が続きます。下草のハナニラオドリコソウスミレなども愛らしくて、ゴキゲン~♪

同行のお2人から「この花は何?」「あの木は?」と質問を受けても、植物園だからネームプレートもばっちりで、間違えようがないのに、ずいぶんと高評価をいただきました(笑

小石川植物園2012#3
園内一番奥にある日本庭園越しに見た総合研究博物館小石川分館です。最近、補修工事が終わったそうで、時代を感じさせるたたずまいが、まだ裸木の多い春の景観に映えます。

園内にはそりゃ~立派な大木がたくさんあって、私は何本もに抱きついてみたりして・・・
緑の少ない都心にあって、久々に晴々した気分を味わいました。
その後、Fさんのご自宅にお邪魔して、話題の塩麹と発酵食品をテーマにしたフルコース(以上)のお料理をごちそうになり、もうなんだか夢見心地の1日でした~

スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
青空にサクラ、きれいです!
いろんなことがあっても、やはり毎年
同じころに花が咲くのですね。
ここは、まだ人が少なくてゆっくり花見ができますね。
TVで見る人ごみは私は苦手です・・・・
昨年の沈んだ花見からもう1年~ほんとに月日が早く過ぎていきます。
小石川植物園も静かなよいところなんですね。
薬草園も見てみたいです。
のんびりリセットできてよかったですね。

わたしの花見は、もう少し咲きです(笑

smoketreeさんへ

早くからありがとうございます。
播磨坂では花見陣地の場所取りが始まってましたけど
植物園は夕方に閉まるせいか、のどかなものでした。
今はもう薬草園の面影はほとんどありません。
とにかく、大きな木に囲まれて、心が清々しました。
同行のおふたりは、今日から別々に仕事で京都へいらしています。
今年は関西の桜のほうが遅いそうですね?
大阪中心部も、山庭のあたりも美しくなるでしょうね。
そちらの桜も楽しみにしています。

ここでお花見を~

 桜 満開ですね~
こちらは やっと「つぼみ膨らむ・・」程度。山桜が先になりそうです。ソメイヨシノ、遅い・・・
いい所へ行かれましたね。
私も smoketreeさんと同じく、人ごみは苦手。車で芽の保養、で充分です。
グランマは ママもパパも地面に根っこが生えて「おばあちゃんに頼み~」
まぁ 動いている方が好きだし、孫を相手に威張ってると 面白い~~

とよこさんへ

TVのお天気予報では、桜前線が盛岡に近づきつつあると~
なのに、とよこさんのところもsmoketreeさんのところもまだなのが不思議???
関西のソメイヨシノはどうしたのでしょう。
私も人ごみは苦手なので、この花見は嬉しかったです。
でも、数年前に行った千鳥が淵の夜桜だけは別物でした!
数珠つながりの列でも、この世とは思えない絶景なんです~
ところで、お孫さんを相手に「威張ってる」っておっしゃるグランマは最高!
お孫さんは自然のいろんなことを覚えられますね。

美しい桜に乾杯

シンゲルさん こんばんは。

見事に伸びた枝先。見上げた空を覆い尽くすほどに。桜はこうでなくちゃ。しかも、抱きついてきちゃったんですかー。こりゃぁ今年はご利益満々ですね。
 やたらと春の花やら桜はまだかと待ちわびたり、そこに美食を求めるアタイらは 歳くったねー。いや成熟しましたねー。 この満ち足りた幸福感を次世代へ引きけ継いでいきたいですよね。
 
  • [2012/04/15 00:23]
  • URL |
  • プロヴァンスブルー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

プロヴァンスブルーさんへ

こんばんは~
この花見は満喫しましたね。
東京に住み始めてから、年々と緑(木)が恋しくなる私です。
そうそう、桜の木の下で川越・亀屋のどら焼きもいただきました(笑
花も団子も~のおばさんです。
胸もお腹もいっぱい~♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/303-47961756

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。