スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界らん展日本大賞2012』ももう終盤 

世界らん展2012#9 せっかく初日に行ったのに、すっかりご報告が遅れてしまった東京ドームの『世界らん展』。

この週末でもう終わりだと気づいて、慌ててアップいたします。

ゲートをくぐると、出迎えてくれるのは、ご覧のように降り注ぐ花々です。

純白のコチョウランファレノプシス)を紫やピンクのライトで染めるのは、ちょっとど~かと思うけれど、なにか藤娘を思わせます。

間を埋めるオンシジウムは、よく見るタイプより細かな花々。昨年も気になった品種でオブリザタムというらしい。

繊細だけど、ボリューム満点!
展示のあちこちで見かけ、そのたびにうっとりします~

世界らん展2012
これは大きな古木に見立てた展示で、傘のような枠組みにポットを仕込んで、多くのオブリザタムを咲かせています。
手前に飾ったブルーのバンダとの、補色対比が冴え冴えと印象的でした。

今年の「日本大賞」はこちら~

世界らん展2012#2
珍しく?女性の育種した品種で、育種家の名前がついたデンドロビウム・ノビル’ハツエ’。
なんと2000輪もの花が咲いているそうです!!

今年のらん展は、ボルネオの青いラン、ゴクシンギーというのが目玉だったのですが、あまりの行列にパスしてしまいました。ごめんなさい~ 
日本人はバラでもケシでも、青い花がほんとに好きだなと再認識しました。

世界らん展2012#3世界らん展2012#4
私がおもしろいと思ったのは、左)ミニチュアディスプレイ部門と、右)海外出展作品の部門。昨年は初めてのらん展で、華やか&巨大な展示に驚いて終わってしまったけど、今年は違います。

ミニチュアディスプレイは、土がなくても栽培できるランの特性を生かしているし、世界各地から集まった作品はどれも個性的。右上はドイツでパフィオペディルムを栽培しているナーセリーの、過剰な「パフィオ愛」が溢れます。

世界らん展2012#5世界らん展2012#6
それと、高校生たちの作品が凄い! 左)岡山県立興陽高等学校と、右)岐阜県立恵那農業高等学校。恵那農高は確か昨年もイワチドリを多数使い、可愛らしくも迫力ある展示を見せてくれた。

高校生はたぶんランを苗から育て、もしかしたら育種やバイオなども手がけて、展示しているのだろう。ディスプレーされたランの種類がハンパなく幅広く、細部まで視線をひきつける。

世界らん展2012#8
ただ、華やかなランだけに、「これでもか!」という展示を見続けていると、ちょいとtoo muchな気分になるのも事実。

世界らん展2012#7
こちらはいつも取材でお世話になっている神奈川県公園協会・相模原公園の「エビネのある小さな庭」。日本の自生ランであるキエビネを中心にした、実際の庭に近いスタイルの展示にホッとする(笑

それでも、やっぱり最後はこちらで!

世界らん展2012#10
東日本大震災からの復興をテーマにした、コチョウランのフェニックスです。
とびっきり巨大で派手!

スポンサーサイト

コメント

洋ラン、すごい!

 ↓のコメント、笑えました~~
惜しかったですね・・・置き場所、ですか・・・宝くじならかさばらない。

青いランは行列ですか。3つあると言ったような。借り物でしょう?

ランは着生ランは水の管理が楽だから 組立できますね。私はしないけれど(笑)
このところ 咲きが悪いし バンダが1株ありますが だめです。我が家では 無理。
今年はちゃんと世話しよう~~~ !
ため息の写真 ありがとうございました。すごい香り?香り過ぎ? (爆)
最後の和の庭 ホッとしますね。

毎年大人気のらん展ですが、私も先日テレビで拝見いたしました~。らん大好きな皆さんの(老若男女)らんに対する思い入れがそれぞれだったのも、とても興味深かったです。シンゲルお姉さんも必ず行かれたこととは思っていましたが、初日でしたか!らんを育てるのは大変と聞きましたが、なにかしら購入されましたか?

とよこさんへ

コメントありがとうございます。
狭いベランダはもう鉢でいっぱいなので、この頃はほとんど買えません。
クリローは翌日、もう売れていました(泣
青いランのことは知らずに行ったのですが、
列の最後尾の方に「何の行列ですか?」と尋ねましたよ~
とよこさんのようにランに詳しい方と一緒なら
もっと楽しめたと思うのに、残念でした。
香りはあまりなかったですが
花を模様のように飾る展示は、あまり興味がもてないですぅ~
やっぱり普通に咲いてる花が好き!


まるたさんへ

まるたさんもTVをご覧になったのですね。
私は残念ながら見てないのです。
ランはお高いし、とよこさんのように温度調節をちゃんとできないと買えません。
持っているのは日本のエビネだけです~
まるたさんはキルト展でまたいろんな布をご購入になったのかな?


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/298-ea43d10b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。