スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデニングワールドカップ2011 

いきなり始めちゃいますよ~♪ 今日は長いから・・・(笑

ガーデニングワールドカップ2011ガーデニングワールドカップ2011#2
トビ気味の画像が残念ですけど(どの画像もクリックすると見やすくなります)
左:ヒューケラ(ツボサンゴ)のバリエーションだけで編み上げたタペストリーみたいな植栽!
  スギゴケのみずみずしいグリーンによく映えていました。
右:パープルファウンテングラスなどの縦のラインからちらほら見える秋色の花々!
  同じ色に塗られた支柱がニクイ~

ガーデニングワールドカップ2011#3長崎のハウステンボスで開催された『ガーデニングワールドカップ2011』。約1カ月の期間ぎりぎりに行ってきました。

ハウステンボスは、アムステルダム中央駅を模したゲートをはじめ、ユトレヒトのドム塔(左画像)など、オランダを代表する建築と街並みが再現されています。

それだけでオランダ好きの私はハイテンションだけど、今回は最深部のパレス・ハウステンボスへ一直線! ここで世界一流のガーデナーが庭を競うという催しです。

ロンドンで開かれる世界最高峰のガーデンショー『チェルシーフラワーショー』で、日本人初のゴールドメダリストになった長崎の石原和幸さんが、呼びかけたもの。
「チェルシーに負けないガーデンショーを日本で育てたい」と、2回目を迎えたのに、メディアへの露出は意外に少なくて、残念に思っていたら、今年は園芸ガイド冬号などでも取り上げられるらしいから、お楽しみに!

ガーデニングワールドカップ2011#7
パレス・ハウステンボス前に設けられたショーガーデンは10庭。観客は庭の裏側から入場するのだけど、その裏側も見事に仕立てられたものが多くて、感心しちゃいました。

上の画像は銅賞を受賞したオランダのニコ・ウィッシング『Garden + Hachi =・・・』。
6本の錆びたアーチの裏側に植え込まれたヒューケラが、冒頭で紹介した画像です。

ガーデニングワールドカップ2011#6
錆びたアイアンの質感と植物との相性の良さを生かした庭がもうひとつ。
金賞を受賞したアメリカのジョン・カレンによる『心をひとつに Come Together』。
塀の上から枝垂れ、支柱に巻きつく植物の生命力が、廃墟のように見える庭の骨格と引き立てあいます。

海外からの参加者は、日本での植物集めに苦労したと聞きましたが、日本人ガーデナーはさすがに素晴らしい植物を多彩に使っていました。

ガーデニングワールドカップ2011#12ガーデニングワールドカップ2011#11
金賞の最優秀施工賞に輝いた藤原良治『Tearful eye 2011 ~ray of hope~』。
東日本大震災で被災された方たちの思いを、宮沢賢治のデザイン画「涙ぐむ目」に象徴させた庭は、そのコンセプトはもとより、信じられないほど細やかでアイディアに満ちた植物づかいで息を呑みました。

ガーデニングワールドカップ2011#19ガーデニングワールドカップ2011#18
ほんの一例が、シンジュノキを使った「同形」と「同系色」の組み合わせ。赤い実には小さなオレンジの実を添え、ピンクの実には同じピンクに染まるハツユキカズラの葉です。

ガーデニングワールドカップ2011#17
奥にダリア、手前に真っ赤なアスター、間を埋める紫のイポメアアスター、その反対色の黄色はサンビタリア?、モミジ葉ゼラニウムに多彩なグラス。秋の艶やかさが溢れます。
はぁ~ ため息だけが漏れる・・・

ガーデニングワールドカップ2011#20 近づいては植物を確かめ、ため息ついては離れ、全体を眺める・・・これを何度も繰り返しましたよ。

どのショーガーデンにも、左の画像のように使っている植物リストが掲げられているのも、園芸愛好家には嬉しい。

ああ、まだご紹介しきれないので、近日中に続きを・・・
スポンサーサイト

コメント

シンゲルさん、どのシーンも目が釘付けですよ。
写真を大きくして見せていただきました。
錆び錆びのアーチや水辺の風景は、よいですねぇ!
私は、ほとんどお出かけしないのでとても刺激を受けています。
いつもUPして下さるのを楽しみにしています。
一個人のガーデナーは、とても孤独なんですよ・・・・
忙しいこともありますが、花好きなかたと交流がないのはとても寂しいことです。
でも、こうして、ブログでシンゲルさんやたくさんの方とお話できて感謝してます。
ちょっと、寂しげなこと書いてすみません(笑

smoketreeさんへ

いつもありがとうございます。
今回の催しは、とてもレベルが高かったと思います。
管理状態も見事でしたよ~
もっとたくさんの方にみていただけるとよいのに・・・
やっぱり長崎は遠いですかね。

それにしても、庭作りを共にするご主人がいらして、
ブログにはたくさんのアクセスがあるのに・・・
smoketreeさんは寂しいですか~
そう聞くと切ない気持ちになりますよ。
秋だからかしら?(笑
花好きはいつの間にか同類を嗅ぎつけるものなのにね。
私みたいに厚かましい奴ばかりでなくても
smoketreeさんのそばにもきっと花好きさんがいますよ~
軒先に寄せ植えのトラップでも仕掛けてみてはど~かしら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/282-ef1ff97c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。