スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸の内&日比谷ガーデニングショー 

丸の内仲通りガーデニングショー2011 東京駅から丸の内仲通りを歩いて日比谷へ。金曜は2つのガーデンショーを見てきました。

丸の内仲通りガーデニングショー2011』は、ティファニーなどの高級店が並ぶ通りに、球根ベゴニアのハンギングバスケットが飾られて、まさにハイソな趣き。

「プロから学生まで」15のコンテストガーデンと、ガーデンデザイナー保立美智子さんによるテーマガーデンが趣向を凝らしていました。

ただ、ダリアバラなどのうなだれている花が目立って、ちょいと残念。ビルの谷間で日当たりが悪いなどの条件を、どこまで把握してたかな~ 10日間きれいに見せるメンテナンスのワザも求められることですね。
そんななかで、日本の植物をつかった作品は傷みもなくて、季節の美しさを感じられました。

丸の内仲通りガーデニングショー2011#2
『表裏一体/流麗の庭』は、真っ赤なコンテナがウェーブを描き、その高低差を生かした植栽がおもしろい! コケのグラウンドカバーにシンプルに植えられたダイモンジソウギボウシムラサキシキブフジバカマなどが、どれも「私が主役」顔で個性を発揮しています。
丸い池に浮いているのは、「自生のバラの実」と、ご一緒したフラワーデザイナーのIさんに教わりました。

丸の内仲通りガーデニングショー2011#3 Iさんはエンターテイメント情報誌で働いていた頃の上司です。当時、Iさんは音楽情報を集め、私は映画情報を求めて、日比谷界隈を歩き回っていたもの。
ウン十年が経って、今度は一緒に植物を眺めているのが、お互いに不思議です。

右はガーデニングを学ぶ学生たちによる『はなうた』という作品(クリックすると大画像に)。
日比谷公園ガーデニングショー2011 そして、『日比谷公園ガーデニングショー2011』は、秋バラが咲く第二花壇の周辺で催されていました。

左の画像はバラ’カミーユピサロ’。デルバール社の絞り咲き品種で、ローズやピンクに黄色や白の混じる花色がなんとも華やか!

こんなバラは1株で視線を独り占めします。
日比谷のショーは、公園に植えられた花々をはじめ、寄せ植えやハンギングにショーガーデンのコンテスト、出店やイベントと盛りだくさんの内容。庶民的な雰囲気で楽しめます。

日比谷公園ガーデニングショー2011#5日比谷公園ガーデニングショー2011#3
シルバーのコンテナやオブジェにブロンズ(銅葉)が映える寄せ植えや、鮮やかな水色のドラム缶に溢れんばかりの多肉植物といった作品は、攻めてるな~って思いました(笑

日比谷公園ガーデニングショー2011#2 なかでも、Iさんと写真を撮りまくったのが、この寄せ植え!
『スクリーム(悲鳴)! スケアリー(恐怖)!』
映画『スクリーム』のマスクや十字架が、これまでの”園芸”にない遊び心を感じさせます。

これで血の滴るような真紅のバラや、怪しげなつる性植物などが絡みついていたら、もう大満足なんだけどな~

スポンサーサイト

コメント

金曜は誘っていただき、ありがとうございました。
久しぶりの丸の内~日比谷界隈をお花見ながら歩き回り、
日頃のインドアな仕事疲れを忘れ楽しめました。
ただ翌日はふくらはぎパンパンで、運動不足であることを実感…。
またアウトドアへのお誘い、よろしくお願いします。

でも、「自生のバラの実(=野バラの実)」と
ちゃんと良く確認してないのに軽く言っちゃったんですが、
こちらに書かれているのを見て、急にホントかどうかチョット心配…汗
アバウトな奴でスミマセン!!

あちこち見て回られて、いい運動にもなりましたね。
わぉ!シンゲルさんは、以前はそんなお仕事にもかかわられていたんですね。
映画いっぱいご覧になっていい思いされていますね!!
今も昔も好きなことをお仕事にされてうらやましいです。

’カミーユピサロ’は、中之島にもあって、じつは私も注目していました。
ぼってりとならなくて軽やかで素敵なバラです。

知人で、苔と石仏の庭を造ってる人がおられますが、精神性を重視する最後に行き着く庭。。。。
私には、とうてい無理です。

ところであの寄せ植えは、びっくり!
でも、まねしたくなりますね(笑

INAさんへ

金曜日はこちらこそお世話になりました。
楽しかったですね! ありがとうございました。
だけど、だいぶ疲れさせてしまったようで、チト心配^^;
次回はもう少しゆったりまいりましょう。

INAさんのことを勝手に書いてしまって
すみませんでした。
バラの実については、私もそう思ったので・・・
こちらこそいつもアバウトで、失礼なことですm(__)m


smoketreeさんへ

1人で行くと、いつも日比谷の手前で帰ってきちゃうのに
お花のわかる方と一緒だと、つい欲張ってしまいますね~
映画のお仕事は、当時は苦行でした。
今ならもっと楽しめると思いますけど・・・

smoketreeさんもやはり’カミーユピサロ’に注目されていましたか!
コケと石仏の庭の対極にある花という感じです。
でも、どちらも好き!!
おまけにスクリームも気になってしまう私は、
洗練とか収れんにはほど遠い人間ですな~
はぁ~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/280-187725e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。