スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私でも行けた!復興支援ボラツアー 

来春の種苗カタログ原稿がひと段落した今週、遅めの夏休みをいただきました。
向かったのは宮城県の七ヶ浜町
めもり~旅行の『東日本大震災 復興支援ボランティアバスツアー』で行ってきました。
めちゃめちゃ楽しくて、頭と胸がいっぱいになる旅でした。

義援金や支援物資を送っても、遅々として進まない被災地の復旧・復興に、ジリジリした思いを抱いている方は多いと思います。だけど、自分の体力・気力を考えたら、「私なんか行っても役に立つかな~」と躊躇しちゃうでしょ。 ところが、どっこい(古っ!)なんですよ。

七ヶ浜は松島を見渡せる半島で、7つの美しい浜には外国人居留地もあったという町です。
松島の島々が波を和らげたというものの、高さ19mの津波に襲われ、中央部の高台以外はほとんど浸水しました。

めもり~旅行のバス1台もここで被災し、運転手さんは住民と助け合って、震災から3日を過ごしたそう。縁あって始まったボラツアーはすでに30回を超え、1000人以上が参加しているので、細やかな配慮や工夫がいっぱいです。
被災状況を説明してくれる添乗員さんも、一緒にボランティア活動するのに驚かされます。

七ヶ浜2011_09千葉・東京発のバスに、福岡や福井などからも参加した19歳~60代の36人が乗り合わせました。1人で参加した人がほとんどです。

若い方がたくさん参加しているのを見て、とても嬉しく感じた反面、自分が足手まといになるのではとビビリました(笑

なにしろ夜行で着いた朝から活動するのでドキドキ。でも、ボランティアセンターの片づけや集会所でのお茶出しの仕事もあり、マッチングに手を挙げて私は集会所へ。

7カ所ある仮設住宅ごとに設けられた集会所では、林家一門らが寄付した最新マッサージチェアが人気で、立ち寄る住民の方と話ができました。
「うんうん・・・」と聞くしかできない私に、「どこから来たの?」「ありがとうね」という言葉が返ってきます。最後には「あんたもやってみな~」と言われ、マッサージチェアに乗っているお気楽ボランティア~ どうもすみません<(_ _)>

その晩は作並温泉に泊まり、たっぷり眠って、翌日は道路の側溝から泥出しをしました。側溝が泥やガレキで埋まっていると、ちょっとの雨で水びたしになってしまうから急ぎの仕事。ただ、50cm深さの堆積物を出すのはやっぱり大変!
30分ごとに休憩しながら、それでも1時間経たないうちに溜まっていた水がドッと流れ、鳥肌が立ちました。人手が集まったパワーは凄い!!

たった1日半の活動だったけど、その数が集まれば「なんとか進めるかもしれない」と、思えたのが一番嬉しかった。
被災地の方からは「ここで見聞きしたこと、経験したことを、誰かに伝えて」と頼まれました。

長いものを最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ツアーに誘ってくれた同級生サナエにも感謝。

七ヶ浜2011_09#2ゼフィランサス2011_09
左:突き出たマンホールによって、ここが道路だったとわかる菖蒲田浜の松林
右:帰宅した私を迎えてくれたゼフィランサス。こんなに咲いたのは初めて!

スポンサーサイト

コメント

今週は、どこに行かれるのかと不安になりながら報告待っていました(笑
そうか!!ボラツアーとわぁ!
やっぱり、自分で見聞きしたことは
重みが違いますね。
お疲れ様でした。
まだまだ人手が要るからこんなツアーがあることをもっと知ってもらわないと!
交通費や宿泊料は、自分もちなんでしょうか?
現地についてからの食事や泊まる所の
心配などが悩みますね。
でも、めちゃめちゃ楽しかった~なんて、私もうれしくなりますよ。
日々の生活に追われてつい被災地のことを忘れがち。。。
シンゲルさんありがとう!

smoketreeさんへ

ご心配おかけしまして、すみません(笑
でも、行くまでは自分自身ほんとに心配で・・・
先週○歳になったばかりだったので、○歳の挑戦!って思っていたのです。
ところが、行ってみたら○歳へのご褒美という感じでした~
交通費や宿泊料はもちろん自分持ちですが
このツアーのよいところは、温泉に泊まって全食ついているところ!
ホテルは5人部屋だし、昼食はおにぎり2個ですが
贅沢でないところも気に入ってます。
「半年も経って」と笑われるかと思いましたけど
こちらこそ、ありがとうございます。

お疲れ様でした!!!

サナエは、あのお方ですか??
今度は是非誘って頂きたいです。
あ~東北はこれから雪だね・・・。

小さな力でも集結すれば大きくなるモノ。
いつか、ワタシも!

achamiさんへ

は~い、行ってまいりました。
サナエはご存知のサナエですよ。
彼女は6月にもお嬢さんと行ったそうで
その話を聞いて、「私も!」と連れて行ってもらいました。

寒さ厳しくなる前にもう一度!と、思いますが
予算&日程・・・結構キビシイね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/276-0574321a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。