スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツから「なでしこ」への祝意が届く 

8年ほど前、オーストラリアのウルル(エアーズロック)へ向かう大陸縦断鉄道に乗りました。
車内の取材で、撮影に応じてくれたドイツ人夫妻と名刺交換をして以来、毎年欠かさずクリスマスにメールが届きます。

ドイツ人ってほんとに几帳面というか、律儀だね~って感心していたら
今年は震災の直後にもお見舞いメールがあり、海外からも日本を心配してくれる思いを実感して、ちょっとうるうるしたものです。

そのトーマスさんから昨夜は、サッカーW杯で優勝した「なでしこジャパン」へのお祝いメールがありました!
「ドイツチームは新しいチャンピオンに負けて、ちょっと悲しかったけれど、今年たいへんな災難に見舞われた日本の人たちは、彼女たちの素晴らしい成功を、心から味わって欲しい」

これまで一度も勝ったことのないアメリカチームに、2度も先制されながら諦めず、PKに持ち込んだナデシコたち。体格ではまったくかなわない相手に対して、走り続け戦術を巡らせ、チームワークで勝ち取った優勝は、開催国ドイツの人の心にも強い印象を刻んだのだろう。

澤選手はいったい何人いるの~って思うほど、大事な場面には必ず駆けつけていたし、ナデシコと呼ばれるにふさわしいDF鮫島選手の前線への駆け上がりも素晴らしかった!!

きっと世界の多くの人が、彼女たちに震災からの復興へ向かう日本人の姿を重ねて思ったことだろう。
「そんなふうにはとてもムリ~」と思いながら、ナデシコが咲かせてくれた希望という花を、忘れないようにしよう。

スポンサーサイト

コメント

ドイツの人は日本人とちょっと似ている部分がありますよね。

アメリカもフェアプレーでいいチームでした。ドイツの大会運営も素晴らしい。
ホントいい大会でした。

ゆうさんへ

ご来庭ありがとうございます。
確かにドイツの人は日本人と似てる感覚がありますね~
アメリカチームはマナーもよくて(スローインのボールの渡し方とか)
失礼だけど、ちょっと意外でしたら
クリントン政権を支えたサッカーママの子どもの世代だそうです。
国ごとにいろんな背景が見えるのも、W杯のおもしろさですね。

おはようございます。
こちらは台風一過、晴れるかとおもったら今朝は雨ですよ。
ご心配していただきありがとうございます。

ナデシコ、久々の明るいニュースでほんとにうれしかったですね!!
はじめは、小さなニュースだったのが号外も飛び出して~日本中が盛り上がりました。
シンゲルさんとドイツのご夫婦の交流にも、ほんわりとします。
自分ももっと他者にやさしくなければと。。。
東北の方の我慢強さや礼儀よさにいつも感動します。
関西なら(大阪人)、もう暴動が起こってますね(笑

smoketreeさんへ

関西は雨がたくさん降ったので
さぞやお庭のことが気がかりだったと思います。
週末は忙しくなりそうですね。

なでしこの活躍はほんとに久々の明るいニュースでした。
男子サッカーに比べられないほどの環境で
頑張っている彼女たちが、この先は名ばかりのスター扱いで
苦しまなければよいな~と思います。

政府の復興支援の遅れ、すぐに顔出す上から目線&選挙の利害には
関東人の私も、よくぞ反政府デモが起きないものだと思います。
被災された方たちにはもうそんな気力も残されてないのかも~
と、案じられてなりません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/269-af43fb05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。