スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中湖チャリティーオープンガーデン 

オイルショック以来37年ぶりに、電力使用制限令が発動された7月1日。
わが家はなんとかエアコンを使わずにすみました~
しかし、今からこの暑さで夏本番を乗り越えられるのでしょうか(汗

さて、今週は『園芸ガイド』夏号などの園芸誌で取り上げられ、バスツアーでも人気を集めている『山中湖チャリティーオープンガーデン』へ2度もお出かけ。
昨夏は取材で必死に回った3つの庭を、ゆっくりたっぷり味わってまいりました~

ベルース2011_06初日はあいにくの雨の中、佐藤順子さんの『ベルスーズ 馨る庭』では、クサソテツが伸びやかに葉を広げています。

後方に高さ3mほどのフェンスが見えるでしょうか。春先には、これを16頭の鹿が乗り越え、-18℃の寒波も襲い、ガーデンは大被害を受けたそう。
「去年ほどバラが咲いてなくて、雑誌を見て来てくださった方たちに申し訳ない」と、佐藤さんは言いますが、昨年の今ごろは今年のオープンもおぼつかない事態だったのを考えたら、見られるだけでありがたいと思いました。      昨年の記事は→コチラ

中村さんの庭2010_07#2中村さんの庭2010_07
見事なギボウシの小道や、クジャクシダのアプローチが見られるのは、中村さんの庭です。
ギボウシは大株に育つことを見越して、初めからこの株間で植えたというのが驚き!

中村さんの庭2010_07#4
富士山ろくの高原を思わせるトラノオショウマの景色に、ため息が出ます~

中村さんの庭2010_07#6中村さんの庭2010_07#7
そして、華やかなバラと宿根草の競演は、塚原さんの庭から。

塚原さんの庭2011_06
大輪のクレマチスの花つきの素晴らしさはどうでしょう!
後方の薄紫はゲラニウムです。赤紫色のメギの小葉も美しい~

塚原さんの庭2010_07塚原さんの庭2011_06#2
左は昨年、バラ’ポールズ・ヒマラヤン・ムスク’と’フランソワ・ジュランビル’に覆われた東屋。今年はその中に置かれたユーフォルビアの大鉢に、目を奪われました。

塚原さんの庭2011_06#3
レイズドベッド(高さのある花壇)で気になったのは、赤い花ではなくて左下に群れ咲く小輪の這い性バラ。こんなふうにグラウンドカバーになるバラもよいですね~

ふ~、長い記事を最後までご覧いただいて、ありがとうございます。
同じ庭でも昨年と今年、雨天と晴天、わずか2~3日の違いでも、見えてくるものが違う。
そのことを再認識したことでした。だから、庭巡りは楽しい~♪

スポンサーサイト

コメント

はや7月。。。。エアコンなしはこたえますね・・・・
電車のなかも節電のアナウンスです。

でも、こんな素敵なお庭を見せていただいて涼しい風が吹きぬけたような
気持ちがしました。
ここに佇んだらどんなに素敵でしょうね。
シンゲルさんは、何ども訪れることが出来てなんとうらやましい~
でも、鹿があらわれたのですね・・・
3mは、乗り越えないと聞きましたよ。
彼らも必死なんですよ!
冷涼な気候がこんなにも美しく植物を育ててくれるのですね。
私の過湿の庭もがんばっても限界があります。
関西では、滋賀の伊吹山がトラノオやショウマがきれいですよ。

smoketreeさんへ

いつもありがとうございます。
通勤社内の節電は大変ですね。
大阪は節電でモメてもいるようだし~

昨年の今ごろはブログも息絶え絶えで、
仕事以外は何もできなかった恨みを晴らすように(笑
今年の6月は庭を巡り続けました~
お蔭で自分のベランダはまだ植え替えられず
早くも暑さで傷むものも出てきています。
山中湖の鹿は「3~4mはへっちゃら~」とのことです。
お庭はいずこもそれなりの条件がありますね。
伊吹山のトラノオやショウマも見てみたい~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/266-46e9f676

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。