スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男庭のダイナミズム@ファミリー・ローズガーデン 

ジャジャ~ン♪

ファミリー・ローズガーデン2011_06
この画像をどんなところから撮ったかというと・・・

ファミリー・ローズガーデン2011_06#2
息子さんを肩にかついだパパ(ガーデナーの松田真さんです)のいる位置から~

バラ’フランシス・E・レスター’に覆われたドームは・・・

ファミリー・ローズガーデン2011_06#3
巨大な壷がフォーカルポイントになり、スタンドの赤いミニバラが空間を飾ります。
手前と奥に植えられた銅葉のスモークツリーは、淡い花色を浮かび上がらせて効果的!

ファミリー・ローズガーデン2011_06#4 ドーム以外にも、オベリスクをロープでつないだ花綱や、高さ3mほどのバラのスクリーンなど、立体的な花飾りと花つきの良さに圧倒されます。

こちらは八王子にある『ファミリー・ローズガーデン』。レンタルリース会社を経営する社長さんの作り始めた庭に、お客さまを招いたら、日ごろの接待より好評で、ついに会社の庭になってしまったそう。

しっかりした構造物で庭に高さを演出したダイナミズムや、すっきりした空間構成は、男性の作った庭ならではと感じます。

庭のなかほどにお茶を楽しめるゲストハウスがあり、バラのスクリーンの前で記念写真も撮れて、家族で楽しめる庭です。
バラの植栽はコマツガーデン、草花の植栽はガーデナーの宇田川佳子さんが担当。
けれど、日ごろの管理は社長やご家族、社員のみなさんでなさっています。

ファミリー・ローズガーデン2011_06#7ファミリー・ローズガーデン2011_06#5
ピンクのバラや小輪クレマチスに、紫のデルフィニウム宿根リナリアはエレガント。
赤いバラや黄色い小花のブプレリウムの組み合わせは華やか。

ファミリー・ローズガーデン2011_06#6’ピエール・ドゥ・ロンサール’と銀葉のラムズイヤーのとりあわせは、ロマンティックでうっとりしてしまいます~

それにしても、無農薬で管理しているという庭で、この花つきの素晴らしさは、日当たりとすっきりした植栽と土の力と・・・肥料もバッチリなのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

ほぅ~~、すごいゴージャスな男庭ですね。
いろんな仕掛けがあって、楽しそうです。
世の中、変わりました。。。。会社の接待ですか!
コマツガーデンさんや有能なガーデーナーさんが
ついておられて、うらやましいです。
大きな壷や大型アーチなどまるで、英国のようですわぁ

smoketreeさんへ

いつもありがとうございまする。
費用も人手もかかったゴージャスなお庭です。
でも、それだけでなくコンセプトがホントはっきりしている
という点で、男らしい~っていうか。
女から見ると、やはり潔さが感じられました(ことに私は欲張りなので)。
接待の話も興味深かったのは、
夜より休日昼間にご家族で接待したほうが、よほど喜ばれたということ。
やはり時代は変わっているんでしょうね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/262-f2b88b21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。