スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉谷桂子さんのルーフガーデンから 

今週は英国園芸研究家の吉谷桂子さん邸で、寄せ植えの撮影をしました。
吉谷さんのお宅は英国調のステキなインテリアが、雑誌などでたびたび紹介されていますけど、植物を楽しむための仕掛けも多彩です。

ウィンドウボックスを飾れる窓、サンルームのように明るい階段室、その壁にはハンギングバスケットを自在に吊れるフック、2階の床面と同じ高さにあるベランダの植え枡(土を入れる部分が軒に隠されている!)・・・という具合。

なかでも昨年、完成したルーフガーデンは、吉谷さんが「実験室」と呼ぶお気に入りのスペースです。

吉谷さんの屋上ガーデン
なぜ実験室なのかというと、屋上の周囲を高さ50cmほどに立ち上げた植え枡には、水やりをしていません。保水性の高い用土を使っているものの、雨水だけに頼った過酷な環境です。

それでも、ご覧のようにカレンデュラ’まどか’が色鮮やかに、イブキジャコウソウ(タイム)が咲きこぼれています。
「昨夏の猛暑でも生き抜いた植物は意外に多くて、私を喜ばせてくれました。ここで育つ植物は健気で、愛おしさもひときわです。温暖化の進むなかで植物を育てるのに、希望がもてます」と、吉谷さんは言います。

吉谷さんの屋上ガーデン#2吉谷さんの屋上ガーデン#3
なかでも、キンギョソウは優等生!(画像左) ちょっとオコチャマチックな花だとバカにしていけません。花茎をぐんぐん伸ばし、ほぼ一年中咲いているとか。バラも新芽を繰り出します。

ピンクのダイアンサス’アリス’シリーズも絶好調で(画像右)、イキシアなどの球根も成績優秀。わい性のコニファー、たぶんフィリフェラ オーレア’ナナ’の黄金葉も美し~

これまで水もエネルギーも限りないと思っていたところがあるけれど、今夏は節電だけでなく、水やりに追われないガーデニングというのも挑戦してみる価値があるのではないかしら。

スポンサーサイト

コメント

わぁ、あのいつも雑誌等で拝見している
吉谷邸へ取材ですか!
うらやましいですねぇ~~
それに、水遣りから開放されるなんて
夢のようです。
私もベランダでたくさんの鉢植えを育てているので
夏場は留守にできません・・・・
毎年、水不足で今年は甕に雨水などためようかと
おもっています。
キンギョソウ、お薦めなのですね。
ストックやヒャクニチソウなども色を選ぶと使えそうです。

smoketreeさんへ

園芸G誌に掲載されている吉谷さんの寄せ植えは
ずっとご自宅で撮影しているんです。
お忙しい先生だし、今はアシスタントさんがいないので
お庭や寄せ植えの管理も全部ご自身でやってらして大変。
屋上は水やりなしで生き残るものを、プランツエコロジーとして
見守っていらっしゃいます。
キンギョソウはとてもおすすめですって!
ストックは水切れに弱いかもだけど、センニチコウやルドベキアはよいかもですよね。
私はよく水切れさせてしまうので、もっと勉強しなくては・・・


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/254-f0ef776e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。