スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋台はなくても、お花見へGO! 

昨日は、震災後はじめて埼玉の実家へ、両親に会いに行きました。
いまだに普段着のまま毎晩寝ているという父の庭で、色とりどりのチューリップが満開。

「初夏はユリを咲かせたい」というリクエストに応え、義妹まるたさんの運転でガーデンセンターへ。’カサブランカ’の芽出し苗(180円!!)を10ポットも買い込んで、ご機嫌な父でした。

大宮公園2011_04#4
夕方には大宮にお住まいの時代小説家・松井今朝子さんを訪ね、大宮公園へ夜桜見物に出かけました。
松井さんは昨年、東京から引越しされて、震災後はあらゆる方面から「ご実家のある京都へ避難を」と勧められたにもかかわらず、「東北の玄関である大宮を離れない」と宣言。ブログに「こんなときこそお花見を!」と書かれていたのです。

埼玉有数のお花見スポットである公園に、屋台は多数あるものの、節電のためか人が来ないからか、昨晩は営業していません。見晴らしのよい公園で、ここの特徴であるアカマツとソメイヨシノの競演を満喫しました。

大宮公園2011_04#2
夕闇の迫るなかで見上げれば、淡い色の花天井が広がっています。
震災後に、お互いが見聞きしたことや感じたことを話すうち、ついしんみりしたり憤ったりするたび、花を見上げて「きれいだね~」って・・・

大宮公園2011_04#3
なぜかすっかり水を抜かれたボート池まで歩き、2人でおにぎりを食べました。
中空に震災の日と同じ細い三日月があって、この間もやもやと抱えていたものが、少しずつ解き放たれたり整理されていくようです。

この日行ったガーデンセンターもずいぶん賑わっていて、少しずつ日常が戻ってきていると感じました。ところが、帰宅途中の埼京線の車内で、最大震度の余震を知らせる警報があちこちの携帯から鳴り響き、また凍りつきます。
簡単にはいかない復興への道を思い知らされるようですけれど、それでも桜前線はゆっくりと北上していきます。

スポンサーサイト

コメント

こちらこそありがとうございました。私も夜の地震があったとき、シンゲルお姉さんは帰宅道中ではなかろうか?と思ったりもしましたが・・。少しずつ日常にもどりつつも、まだ不安が続くのかと考え直すような地震でした。
でも、お花見よかったようですね!ここいらもすっかり満開で、新入学生が親御さんと一緒に歩いていた姿を見て、春だなぁ~とホッとしました。また5月頃にでもいらっしゃってくださいまし。

まるたさんへ

いつもお世話になって、ありがとうございます。
お陰さまで久しぶりに楽しいひとときが過ごせました。
帰りは、定刻より遅れていた埼京線が凄いスピードだったので
ちょっと怖かったです。
でも、無計画停電もやっと終わるそうで
少しずつ日常が、ホッとする景色が戻ってくるはず。
5月にはお宅の雑草対策に臨みたいと思っておりますよ~

 まだ余震が起きて 心配ですね。
早く落ち着いて欲しいモノです。
昨日 氏神様へお参りして、祈ってきました。日常に暮らせるありがたさ、つくづく・・・・
本もゲットしました~!正装も拝見いたしました!ゲットと言っても 道を渡るだけですが、店頭で見つけた時、とても嬉しかったです。

とよこさんへ

スマトラ島沖の大地震と同じで
余震は3カ月~半年も続くそうです。
ひとたび足元が揺らぐと、祈ることしかできませんよね。

自分で出した本を紹介する機会をすっかり失ってしまいまして(^^ゞ
なのに、smoketreeさんのご紹介のお陰で
早くもGETいただき、ありがとうございます。
力不足ではありますが、掲載されているお庭はきれいなので
楽しんでいただけると嬉しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/250-c27472b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。