スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地で福寿草が咲いたそうです 

震災から16日が経ちました。

みなさんの気持ちを慰め、落ち着いた気分になれるように、ブルーやホワイトの花の画像をアップしているブロガーさんがいます。  →コチラ

英国園芸研究家の吉谷桂子さんは、無計画停電を乗り切るキャンドルホルダー作りを提案しています。  →コチラ

高円寺の駅前では、”安全な”福島の野菜を売っている八百屋さんがあるというので、明日は買い物に行くつもりです。

岩手09_06バラの庭私がこのブログや仕事で書いているのは、きれいな植物やステキな庭の紹介です。

日本中が恐怖や悲しみに打ちひしがれているときに、そういうものにどんな意味があるのかわかりません。

操業できなくなった製紙工場も多く、印刷会社は紙を確保できなくて、書籍や雑誌も予定通りに出せるかどうか危ぶまれているそうです。

それでも、余震のたびに身構えながら、自分のできることをやっていこう!と、思います。
一昨年、取材でお世話になった岩手県盛岡市や雫石町のお庭です。
夢見るように咲くバラや、植物の色と形(高さ)を考え抜いて組み合わされたボーダー花壇を見ていると、凹んだ気分が和らぎます。

岩手09_06ボーダー
前の記事で安否を案じた看護師長の上野さんから、今夜メールがありました。
病院に泊り込んで、各地から応援に集まった方々と、救急外来をしているそうです。
ガソリンが入れられて、今日やっと宮古の自宅へ帰ってみたら
「こんな大変な時に庭に福寿草が咲いていたのでびっくりしました。確実に春が近付いていると思いました。」

被災された方たちに、小さな花が少しでも慰めになるのだと知って、励まされたのは私です。

スポンサーサイト

コメント

出版業界にもそんな影響がではじめているんですね。。。。
でも、花には人を癒すことができるとおもいますよ!
被災地に咲く福寿草。。。。悲しいけどきっと勇気づけられた
のではないでしょうか?
東京の生活もいろいろ大変でしょう。。。
納豆がないと困っているというので、昨日送りましたよ(笑
シンゲルさんは、大丈夫?

smoketreeさんへ

ご心配いただきまして、ありがとうございます。
私のところは停電もなく、かえって心苦しい状態です。
もう物資もだいぶ平常に戻りました。
納豆やヨーグルトやミネラルウォーターはやはり入手できませんが、
それくらいはガマンできますから大丈夫ですよ~
息子さんご一家は小さなお子さんもいらっしゃるから、心配ですね。

日常って、ホントにもろいものです。
上野さんの妹さんのお宅には、船が突っ込んでしまったそうです。
とんでもない光景を見たあとに、庭の花をみつけられて、どんなにか良かったと思いました。
私もsmoketreeさんのブログで、春の息吹を感じられるとホッとします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/248-8dc189e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。