スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスローズの寄せ植えは虐待ですか? 

クリスマスローズの季節がやってきました。
18~20日に池袋のサンシャインシティで開かれた『第9回クリスマスローズの世界展』へ。
今年のテーマは、原種シクラメン・雪割草とともに。 どちらも可憐な花ですね。

クリロ-展
クリスマスローズの自生地、落葉樹の林床に見られる景色です。

クリロ-展2011#2
雪割草は小さな花ですけど、こんなに愛らしくてバリエーション豊富!
日本では暑さに弱い山野草扱いで、小鉢仕立てなんかにしますけど、
東京でも落葉樹の下にクリローと一緒に植えて、夏越ししているのを見たことがあります。
山野草と呼ばれるものも、意外に丈夫なんです。

クリロ-展2011#3クリロ-展2011#4
毎年、クリスマスローズ協会の会員さんが出展する寄せ植えも見どころ。
左はシックな同系色のクリローに、雲南サクラソウと呼ばれるプリムラやバージニアストック?の淡色の花々を添えて。
右はゴージャスな八重咲きのホワイト&ブラックに、ラビットタイプの小さなビオラで甘辛コーディネート。
画像をクリックして大きくご覧くださいな~

クリスマスローズはとても根張りがよい植物なので、ほかの植物と寄せ植えにするのは「かわいそう」とか、「虐待だ」とまで言われることがあります。
だけど、買ったばかりの小さな苗や見ごろになった株の花どきを寄せ植えにすると、地植えでは地面に這いつくばらないと見えない下向きの花が、とくと眺められるのが嬉しい!

クリロ-展2011#5 園芸ってやっぱり、自然そのものを楽しむのではなくて、人間の都合がよいように、見たい景色をつくりだすものなのではないかしら。

左はオマケの「八重咲きパンジー」!!
パンジーとして製品化される初の八重咲き。来春には種苗会社のミヨシから発売されるそう。
またまた愛好家をワクワクさせそうですね。

スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
毎年、この展覧会はこちらで見せていただくのを
楽しみにしています。
クリローの寄せ植え、育てているものからしたら結構難しいけど
小さな花つきの苗だったらかわいいでしょうね。
わたしのクリローは、地植えの大株になったものが
ほとんど枯れたり調子が悪いです。
植え替えや消毒などお世話をしなかったバツでしょうね・・・・
こんなことなら、寄せ植えにして遊んでおくんでしたよ。
バラは、あんまり枯れないけどクリローはこんな風に枯れるんだぁ。。。。
ショックでした。
雪割り草は、かわいくてラブリー!

おまけ

最後の八重咲きのパンジー。。。。びっくりでした。
クリローでへこみすぎて、うっかり書くの忘れました。
こんなものも作れるんですね。
というか、今までなかったのが不思議なような~~

smoketreeさんへ

クリローが枯れてしまったのですか?
せっかく大株になったのに残念ですね~
育てている植物が枯れると、確かに凹みます。
私は最近、2年ぶりにベランダの片づけをして
昨夏枯れた多年草のいくつかは、根の具合を見て
諦めきれずに植え替えました。
復活なるでしょうか。

八重咲きパンジーは、ほんと今までなかったのが不思議ですよね。
早くもあちこちのブログで話題になっているようです。

こんにちは!
今年も「やっぱり素敵・・」と思いながらクリスマスローズの寄せ植えを拝見しています。
確かにせっかく咲いている時期にもっと楽しみたいです!
色んな花々を組み合わせて、そこから又主役の花に限らず魅力の発見が生まれますものね♪
雪割草は本当に様々な種類があって、しかしどれもラブリーで‘愛らしい’って言葉がぴったりに思います(*^ ^*)
ん?そういえば、うちの店で取り扱った記憶がないです・・・ 何故かしらと今不思議に思ってしまった私。

!!八重咲きパンジー。  あれこれ咲いた姿を想像しながら来春を待とう・・。

Hayaちゃんへ

いつもありがとうございます。
おお! 確かにキョウカノコなどの山野草的植物を、ガーデンプランツとして
積極的に販売・生産してらっしゃるお店ですものね
雪割草の扱いがないのは・・・不思議。
雪国という立地的にも・・・不可解(笑)
意を決してGPK氏に尋ねてみる?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/244-32f99a52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。