スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステキな庭の近くに、名ナーセリーあり@岩手 

岩手2009_20
まるで薄暗い林の縁から、明るいほうを眺めたみたい・・・
幻想的で、とても窓からの景色とは思えないかもしれません。

このお宅は水田に面した小高い丘の上にあって、家の西側にオニユリなどが自生する「森」をそのまま残してあります。
家の南面をボーダー花壇で埋め尽くし、窓からこんな景色が望めるようになりました。

岩手2009_20#22
花壇は窓から見渡せる位置に作るという常識を覆し、窓さえ覆いかねない草丈の植物をあえて植栽しています。
「自然に包まれるように暮らしたい」という願いが、コンセプトになった庭。
こういう庭に出合うと、庭は作る人の哲学そのものだと思います。

家とボーダー花壇の間にはわずかなすき間があり、「ここから作業したほうが表から植物をいじるより、植物を傷めないの。なぜかしら? 不思議でしょう?」と、庭主さんは言います。

ボーダー花壇の手前、ブルーのキャットミントが茂る奥には、広い庭にとっては小ぶりなバラのコーナーも加わりました。白と黄色と緑だけなのに、なんて豊かな彩りでしょう!

岩手2009_20#23
この庭を紹介してくださったのは、カメラマンのIさんです。
彼によると「ステキな庭の近くには、必ず素晴らしいナーセリーがある」とのこと。

そして、連れていってもらったのが、滝沢村にある『ガーデンプランツ工藤』でした。

岩手2009_20#24
大株に育った斑入りのギボウシ’寒河江’でしょうか、黄金色の葉をもつトラディスカンティア(ツユクサ)’ブルー&ゴールド’、葉裏の紫がシックなリグラリア・デンタータ。

いずれも日陰で素晴らしいパフォーマンスを発揮する植物たち。それにしても見事です。
『ガーデンプランツ工藤』には、こうしたシェードガーデンのほかに、ペレニアル(多年草)やボーダーなど、5つのゾーンに分かれたサンプルガーデンがあります。広いですよ~

岩手2009_20#25
こちらはクライマー&オーナメンタルグラス・ガーデン。
存在感のある銅葉はキミキフガでしょうか。グラスの動きや軽やかさ、可愛らしい葉の樹木(カツラかな?)・・・花がなくても、葉の色と形でじゅうぶんに楽しめます。
何より売り場に並ぶ小さな苗が生長した姿を見られるのが、嬉しいところ!

昨年6月に取材で訪れた「岩手の庭とナーセリー」(昨年の記事は →コチラ
ただいま発売中の『園芸ガイド 夏特大号』に掲載されています。
上記のサンプルガーデンに植えられた珍しい植物については、オーナーの工藤清二さんによる解説つき! 育てている方ならではの愛情溢れる&特徴のわかりやすい解説です。

そして、ナセリーの「今日」をネットで楽しく伝えてくれるのは、『Hayaちゃんのナーセリー日記』。当ブログのリンクやコメントでもお馴染みのHayaちゃんによる、ステキな画像をぜひご覧くださいな~♪

スポンサーサイト

コメント

こんばんは★
見ました、見ました園芸ガイド。
今月は苗代に相当のお金をつぎ込んでしまったので、本屋さんでじっくり
読み込んでしまいました。ゴメンナサイ。
この時期は苗屋に行けば手ぶらでは帰ってこられず、目に毒です。

すごいお庭だな~と思っていました、こちらのお家。
どの植物も元気だし、大株に育っているし。私の家ぐらいの気候では
こういった風景を作るのは環境的に難しいのかな?とも思った画像でした。

工藤さんの苗、お世話になっていますよ~。
工藤さんの苗の「タグ」シンゲルさんの八尋さんについての記事で、
私の混乱していた頭脳はスッキリ。その事は今でも忘れません。
あれからお店に開花状態の画像と管理詳細を記したタグをつけて
欲しいと頼んだのは紛れもなくワタシです。
Hayaちゃんのお仕事を増やしちゃったかもしれません(汗)

ブログでもいくつか開花をアップしました。
嫁ぎ先でも元気に育ってますよ~という報告ができるといいなと思い…。
行きつけの店では、春苗の扱いが少ないようで、残念なのです。
「どこでもドア」があったらHayaちゃんの下へ行きたい気分。
お仕事ですが、そちらへ行けるシンゲルさんが羨ましいです。
サンプルガーデンも実際に見てみたいーっ。

fire-girlさんへ

遅い時刻にコメント、ありがとうございます。
園芸ガイドももうご覧いただいたそうで・・・
このお宅は水田に面しながらも高台にあるので、水はけ&風通しがとてもよいそうです。
「だから密植できるのよ」と、庭主さんはおっしゃいましたが、
土作りから植物選びまで、知識と工夫と体力を総動員されていると、感じました。

北関東にお住まいのfire-girlさんが、工藤さんの苗をゲットしていると知って
ほんとうに驚いたものです。
fire-girlさんとは、以前から不思議なご縁がありますよね~
遠く嫁いできた苗が、お庭で素晴らしく育つのも
楽しみに拝見しますよ(^^♪

いいですねぇ~
商店街の中に家がある私には 夢のまた夢・・・
ファームは田ですから。でも 好きなようにいじくって、ありがたいです。
それにしても 素晴らしい!!
誇張してないのが ね!

とよこさんへ

とよこさんのファームの画像の奥に一般の建物が見えるので
にわか読者の私は、どんなところにあるのだろう?と
不思議に思っていたのです。
童話のようなお話やカントリーテイストのクラフト、本格的な農具や工具に、
「とよこ山」のエピソードからは
とても商店街にお住まいとは思えませんでした。ビックリ!!!
そんなところもネットの面白さかもしれませんね。

このお宅のホワイトボーダーには、ニンジンの花まで咲いていて
やはりとても驚いたものです。
とよこさんの「誇張がない」という感想は、
ボーダーの凄さに圧倒されてしまうこのお庭の
本質を突いていると感じました。

こんばんは♪

素敵なお庭ですね!
庭の奥に自然の残る森があるなんか、うらやましい限りです。
広い土地だからできるダイナミックな植栽とコンセプトですね。
心地よい風が吹き抜けていくんだろうなぁ~贅沢です・・・・
ボーダーを裏からメンテする~わかるような気がします。
植物を傷めない方法ですね~やってみます!

最近ばたばたと忙しく、本屋にも行けなくてG誌も手にもとっていませんよ・・・・(ごめん)
Hayaちゃんのナーサリーの記事も読みたいし~

smoketreeさんへ

最初の画像に見える山並みまで借景にした
ホントにダイナミックなお庭です。
けれども土壌は、乾くとスコップの刃が立たないほど硬いそうで
長年、堆肥をまいて(すきこめないほど硬い)、改良した結果の庭でもあるのですって。
みなさん、それぞれ庭の条件に即して工夫されているんですね~

お忙しいsmoketreeさんにお願い事までしているのは・・・私<(_ _)>
ご無理ないようになさってくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/228-e897da94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。