スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モッコウバラの人気の理由 

ゴールデンウィークは、モッコウバラの撮影に行きました。
1軒目のお宅は白いモッコウバラ

モッコウバラ白 駐車場の側壁を白いレースで覆うように、庭に通じるゲートやパーゴラの上から降り注ぐように咲いています。

白い花は、写メではたいがいハレーションを起して、ディテールがとんでしまうのが、悲しい(泣)

モッコウバラの下にチラチラ見える小花は、ユーフォルビア’ダイヤモンドフロスト’でしょうか。
白のモッコウバラに惚れこんだ庭主さんは、バラのシャワーの下にも多彩な白花をあしらっていました。

こちらは2月にクリスマスローズでも撮影させていただいたお庭で、ストイックな色使いは季節が移っても変わらずに、見る者を圧倒!
お話をうかがうと、もともと山野草などの地味めなお花が好きなので、白いモッコウバラなら庭の雰囲気に合うかもと植えられたそう。

モッコウバラはトゲがないので扱いやすく、病虫害にも強く、手間がかからないため、バラの初心者にはぴったり。花後につるが旺盛に伸びる点が困る場合もあるけど、パーゴラなどで早くボリュームを楽しみたいときには、むしろ最適らしい。
なるほど、人気になるわけです。

モッコウバラ黄
そして、2軒目のお宅は黄色のモッコウバラ。
パーゴラ風に作った自転車置き場から、家の側面へ流れるようなラインがステキでした。

今夜はアパートのポスト下に、大きなバケツいっぱいのクリサンセマム’ノースポール’が届けられていました。
ご近所ボランティア「花咲かせ隊」が植え替えを控えて、咲き残った春の一年草を刈り取ったおすそ分け!
来週の植えつけには参加したいと思います~

スポンサーサイト

コメント

こんにちは~。
モッコウバラ、この時期の主役ですよね。トゲがなく、扱いやすいのでお庭に
取り入れている方が多く、我が家の近くでもよく見ます。もれなく私もです^^
格子のフェンスに這わせているのですが、ウラのおばあちゃんはうちのモッコウを
よく鑑賞しているそうです。

ただ夏場になるとアリがたくさん枝についているんですよね。
枝自体が甘いのか?理由がよく分かりませんが伸びきったシュートを剪定していると
自分にアリがついていることがあって油断できません>< 

白モッコウは黄モッコウと比較すると花つきが悪いそうなんですが、撮影していて
そう感じましたか?ダイヤモンドフロスト、どこでもなじむ名脇役。
最後の写真は黄モッコウの優しい色と外壁の色がとても合っていて雰囲気の
ある画像ですね♪

fire-girlさんへ

早速のコメントありがとうございます。
格子のフェンスに添わせたら、両面から楽しめますよね!
アリが好むとは知りませんでしたよ~
やっぱり育ててみないと、ホントのことはわかりませんね。

白花と黄花は確かに花つきが全く異なりますね。
黄色は花柄が短くてモリモリ咲き、白色は花柄が長くて少し垂れ下がり気味にチラホラ咲きます。
2枚目の画像は珍しくちゃんとしたカメラで、マクロを使って撮りました。
やっぱり違いが明らか? エヘヘ。

白花も黄色花もどちらのお宅もすごくきれいですね(さすが、取材されるお宅はちがいます!)
どちらも植えていますが、白花にはかすかに香りがありますよ。
黄色のは、花がお行儀よく並んでつきますが、白は、固まって房咲きになります(うちのですが)
どちらが好きかいわれると悩みますね・・・・
でも、暴れるので花後に茎を根元から除くように切ろうと思っています。

ボランティア、私も今年はぼちぼちです~

スモークツリーさんへ

撮影させていただいたお庭は、どちらも東京の住宅街にあるので
壁などを背景にして、焦点を当てたい植物だけを撮影できるメリットがあります。
自然を背景にしたスモークツリーさんの山庭では
広々したスペースを生かして、存分に大きく植物を育てられるのがメリットですね。
でも、モッコウは深く切っちゃうのですか? 
残念だけど、いっぱい咲かせたら数年に一度は、株を休めるためにも小さく切り戻すと、
また花つきがよくなるそうですよ~
今年はボランティアに一度も行けてない私です。
だからといって、稼ぎがよいわけでもない。なんでぇ~(泣)


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouenjiwriter.blog91.fc2.com/tb.php/226-c8afbe09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。